日記の検索 [タグ:神威岳] 01~09(09件中)

神威岳南東面直登沢探検

ふ~ちゃん
目的
神威岳南東面直登沢遡行
日程
2018年09月08日(土) - 10日(月)
山域
南日高

行程

2018-09-08
ソエマツ林道ソエマツ林道終点 C1
2018-09-09
C1~神威岳南東面直登沢神威岳ニシュオマナイコース神威山荘 下山
2018-09-10
予備日

メンバー

  • ふ~ちゃん

装備

  • 8.5mm30mx2
  • カム類
  • ナッツ類
  • その他装備

南日高三山で北大山岳部と遭遇

ふ~ちゃん
RIMG3417.JPG
ソエマツ岳(1574)

前回のピリカ~神威の山行では途中撤退の時点からすぐに逆回りで再訪することを決めていたが、気がつけば前回の山行から1ヶ月が過ぎ、冬が終わろうとしている。このままズルズル引き延ばせば今シーズンは終わってしまいそうなので重い腰を上げて3月中の入山に至った。相変わらずの出不精で運動不足に陥りなまり始めた体で最後まで歩き通せるか不安が残る。

~続きがあります~

春別山から冬の南日高三山へ

ふ~ちゃん
RIMG3159.JPG
ピリカヌプリへの稜線

北日高中日高の中期縦走に続き、2月の上旬に南日高三山の縦走を計画したが、色々とタイミングが合わず(主にやる気の問題)、このタイミングの入山となった。計画ではピリカヌプリから神威岳までの予定であったが、暖冬と雨でバリズボとなったモナカ雪に思うように進めず、ピリカヌプリからの引き返しとなった。

~続きがあります~

神威岳の未知の沢2本を探検

ふ~ちゃん
Co1300[image/jpeg:241kB]
神威岳北西面直登沢
Co840[image/jpeg:311kB]
神威岳南東面直登沢

今まで未遡行だった神威岳のルートを巡ってきた。北西面直登沢は予想通りほぼガレで埋められただったが、それなりに楽しめた。南東面直登沢は地形図の様子や、ピオレ山の会の下降時の報告から、『北海道の山と谷』にあるような簡単な沢なのかどうかという疑念があったが、地形図通りの強烈なの中に足を踏み入れることさえ出来なかった。

~続きがあります~

ソエマツ沢~ソエマツ岳~ルートルオマップ川~神威岳

ふ~ちゃん
『山谷』グラビアの滝[image/jpeg:143kB]
『山谷』グラビアの滝
Co640-645函滝[image/jpeg:75kB]
Co640-645函滝

今回、おやぶんとに行くのは2年ぶり、日高の沢を遡行するのは一八二三峰南面直登沢溯行時以来実に12年ぶりだ。今回は短い日程ながらもソエマツ岳南西面直登沢中ノ岳ノ沢と超難渓を2本という実に贅沢な、いや無謀な計画だ。まぁ、どこまで行けるか分からないが、と戯れてこよう。

~続きがあります~

神威岳ニシュオマナイコース

ふ~ちゃん
目的
神威岳ニシュオマナイコース往復
日程
2005年06月15日(水)
山域
南日高

神威岳に偵察に行って来た。思ったほどは雪は多くなかった。けどやっぱ例年より2週間くらいは遅れてるのかな。

日高山脈全山縦走 芽室岳~楽古岳

ふ~ちゃん
朝焼けに染まる幌尻岳[image/jpeg:42kB]
朝焼けに染まる幌尻岳
楽古岳[image/jpeg:67kB]
楽古岳

日高の全山縦走をするなら、前からこの季節だと思っていた。この季節なら硬く締まった雪稜の日高を駆け抜ける事が出来る。支稜にはいっさい目もくれず、夜明け前から行動を開始し、できる限り距離を稼ぎ、とにかく進める所まで進もうというマラソン山行であった。

~続きがあります~

ソエマツ沢~神威岳

ふ~ちゃん
Co450-460 二段[image/jpeg:183kB]
Co450-460 二段

長い林道を歩いて、ソエマツ沢から神威岳南面直登沢を溯った。マイナーなこのであるが、手応えのあるがあると言うことで期待していたが、実際には上部の藪漕ぎが主体の沢だった。

~続きがあります~

ペテガリ沢~ペテガリ岳~ルートルオマップ川~神威岳

ふ~ちゃん
Co910 大滝[image/jpeg:116kB]
ペテガリ沢A沢
Co720 函[image/jpeg:94kB]
中ノ岳北東面直登沢

夏合宿の予備山行と、おやぶんとの無名沢遡行の予備山行をかねてのA沢と、昨年行けなかった神威岳北東面直登沢である。わかとたくにはかなりハードな山行であったが、楽しくて充実した山行だった。

~続きがあります~

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.11 / Systemtime : 0.01