ソエマツ沢~神威岳

ふ~ちゃん
目的
神威岳南面直登沢遡行
日程
2002年08月26日(月) - 27日(火)
山域
南日高

長い林道を歩いて、ソエマツ沢から神威岳南面直登沢を溯った。マイナーなこのであるが、手応えのあるがあると言うことで期待していたが、実際には上部の藪漕ぎが主体の沢だった。

行程

2002-08-25
神威山荘 C0
2002-08-26
C0~ソエマツ林道ソエマツ沢神威岳南面直登沢神威岳 C1
2002-08-07
C1~神威岳東面直登沢ソエマツ沢ソエマツ林道 下山

装備

2002年08月26日(月) 神威岳南面直登沢

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:45起床
06:10神威山荘出発(車)
07:00ソエマツ林道崩壊地駐車
08:20Co330入渓
09:55Co460 F1の上
10:50Co680
11:50Co1000
14:35神威岳

ソエマツ林道ソエマツ沢神威岳南面直登沢出合

神威山荘を出発し、荒れた林道を戻る。ソエマツ林道に入ってからはしばらく整備されているが、工事区間を越えると、落石が多くなり、何度か車から降りて岩をどけて道をあける。途中の崖崩れで完全に道がふさがれていたため、そこに車を停めて入渓地点まで約 6km ほど歩くことになる。

入渓地点からは「山谷」の通り、約10分で南面直登沢出合に到着した。このは天気がよいにもかかわらず、日が全く入らず、陰鬱な雰囲気を漂わせている。沢の規模のわりには水流が多いのは、前日までの雨のせいだろうか。

神威岳南面直登沢

Co450-460 二段[image/jpeg:183kB]
Co450-460 二段
Co450-460 二段目[image/jpeg:127kB]
Co450-460 二段目

しばらく河原をジグザグに進んでいくと、二段 20m の出合う。下段はツルツルの斜瀑で、意外ととっかかりがなく微妙だ。左岸バンドを上がる。上段は落ち口で圧縮された水が勢いよく落ちている。「山谷」の通り、右岸に取り付いてみるものの、スタンスホールドもろくな物がない。とうてい突破出来そうには見えない。!!!*クラスのよりも難しそうだ。周りを見渡すと、むしろ左岸の方が行けそうだ。

いったん懸垂で降り、水流の真下を通過しようとするが、あまりにも水圧が強く呼吸が出来ない。やむを得ず、水流を避け左岸ルンゼからテラスに上がり、そのまま巻く。簡単に落ち口に出られた。これだけ簡単に巻けるのに、「山谷」でなぜ直登を指示しているのかちょっとわからない(Co450-460 二段)。


Co480[image/jpeg:140kB]
Co480
Co520[image/jpeg:146kB]
Co520
Co640[image/jpeg:180kB]
Co640
小滝群[image/jpeg:179kB]
小滝群
噴流する滝[image/jpeg:185kB]
噴流する滝

その後は変化に富んだを快適に直登していく。 Co640 右曲点のも全く問題なく直登出来る。ゴミのつまったの先、 Co770 二股を右に入ると噴流する滝が現われる。この見所を最後に、岩盤から徐々にガレ気味となり、水は涸れ、日高の直登沢にしては緩い傾斜の詰めはやがてヤブ様相となり、きっちり2ピッチのヤブ漕ぎとなる。大部分は低い笹藪で、上部はハイマツとなる。わずかな沢形を繋いでいけば、それほど苦労せずに西の肩に立てる。

神威岳

ソエマツ岳・ピリカヌプリ[image/jpeg:62kB]
ソエマツ岳・ピリカヌプリ

濃いガスの中、神威岳ピークに到達する。ツェルトを張ってうだうだしていると、徐々に雲が下がり、雲海となる。南は楽古、アポイ、北はカムエク、札内まで見渡せる。日高の夏は、やはりピーク泊まりに限る。ただ、少しずつ強まる風がちょっと気になる。

2002年08月27日(火) 神威岳東面直登沢

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:00起床
06:00出発
07:25Co940 三股
08:15ソエマツ岳南西面直登沢出合
10:00Co330 林道終点
11:35下山

神威岳東面直登沢

夜半から朝にかけて、ますます風が強くなる。一度、ツェルトが倒される。のんびりして帰るつもりだったが、鬱陶しいので起きて出発することにする。

Co940 三股[image/jpeg:107kB]
Co940 三股

東面直登沢源頭は、お花畑で、掘り返しが多い。どうやらクマの巣になっているようだ。しばらくして、は岩盤上になり、いくつか大きめのも現われるが、なんとか全てクライムダウンで降りていく。 Co940 三股の右股は 100m からの大滝になって落ちてきて迫力がある。


Co700[image/jpeg:114kB]
Co700

はそこからガレとなり、水はやがて伏流する。 Co700 にチムニー状のがあるが、これも涸れている。その後はずっと広い河原が続く。 Co480 二股の右岸に巻き道が、 Co450 の函は右岸のテラスを通過することが出来る。


トリカブト[image/jpeg:150kB]
トリカブト

林道を歩いていると、白い花のトリカブトを見る。アルビノのトリカブトは意外と多いらしい。車を回収して林道を下がっていくと、重機が道をふさいでいた。たまたまそこに関係者の方が現われてどけてもらえたが、これが休日だったりしたら・・・?

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.08