日記の検索 [タグ:日高山脈 楽古岳] 01~10(11件中)

小楽古の沢でポケットモンスター?異常発生

ふ~ちゃん
RIMG2526.JPG
F4 ヌルヌルボロボロで直登できず右岸高巻き(835)

日帰りで周回できる南日高へ行ってきた。小楽古西面、楽古南東面共に三度目だが、前者はまだ雪渓の多い時期の遡行で、二度目はすぐに撤退していて雪のない状態を見るのは初めてだ。

~続きがあります~

コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん

一日空いたので、予定にはなかった楽古岳北西面直登沢に行くことにした。

~続きがあります~

なまりきった体にペンケ札楽古川で喝

ふ~ちゃん
Co810 核心の滝[image/jpeg:292kB]
角滝

ペンケ札楽古川を訪れるのは2回目だ。今回は楽古岳の他にピロロ岳小楽古などを巡る予定だったが、どうにもこうにも体が重く、結局楽古岳南東面直登沢の再訪にとどまった。

~続きがあります~

コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん
Co600[image/jpeg:249kB]
Co600 左岸を高巻く

北の方では雪の便りも聞こえてきた。千呂露川周辺の遡行を予定していたが、北日高はあきらめて南へと向かった。日高のもいい加減ネタ切れで、今年は再訪ルートが多いが、今回も再訪の沢となった。

~続きがあります~

コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん
Co680出合[image/jpeg:170kB]
Co685 出合の滝

今回はコイボクシュメナシュンベツ川の Co685 で右に分岐する枝沢から楽古岳をめざしてみた。ほとんど記録を見ないマイナーなであるが、それなりに面白かった。

~続きがあります~

ペンケ札楽古川~楽古岳

ふ~ちゃん
Co700[image/jpeg:138kB]
Co700

ペンケ札楽古川という、あまり聞き慣れないルートから楽古岳に登った。天馬街道周辺のとしては、バリエーション豊かで手応えのある遡行を楽しめた。長いアプローチさえなければ何度でも訪れたい沢だった。

~続きがあります~

日高山脈全山縦走 芽室岳~楽古岳

ふ~ちゃん
朝焼けに染まる幌尻岳[image/jpeg:42kB]
朝焼けに染まる幌尻岳
楽古岳[image/jpeg:67kB]
楽古岳

日高の全山縦走をするなら、前からこの季節だと思っていた。この季節なら硬く締まった雪稜の日高を駆け抜ける事が出来る。支稜にはいっさい目もくれず、夜明け前から行動を開始し、できる限り距離を稼ぎ、とにかく進める所まで進もうというマラソン山行であった。

~続きがあります~

メナシュンベツ川右股~楽古岳

ふ~ちゃん
Co930-1030[image/jpeg:203kB]
Co930 直登する

楽古岳に南面から登ってみた。大部分がガレだったが、出てきたはそれなりに手強かった。

~続きがあります~

コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん
連瀑を登る[image/jpeg:104kB]
連瀑を登る

裏沢の時期だが、サブリー候補のうっちーが行けないので、入門編ということで楽古岳へ行くことになった。

~続きがあります~

楽古岳上杵臼コース

ふ~ちゃん
目的
リーダー養成 楽古岳上杵臼コース往復
日程
1994年10月21日(金) - 22日(土)
山域
南日高

行程

1994-10-21
室蘭~楽古岳上杵臼コース登山口 C0
1994-10-22
C0~上杵臼コース~楽古岳~上杵臼コース~登山口 下山

メンバー

C.L
とーの
S.L
アンドレ
M
ふ~ちゃん
たく
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
05:30出発
06:30Co700
07:40Co1120
08:25楽古岳
10:45下山
  • 日記:709
  • 2013年04月08日(月) 16:13 更新
  • 1056 閲覧
  • 公開レベル 1
日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.06