コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳 2011年07月12日(火)

ふ~ちゃん
イベント名
楽古岳北西面直登沢遡行
日時
2011年07月12日(火)
場所
南日高

一日空いたので、予定にはなかった楽古岳北西面直登沢に行くことにした。

行程

2011-07-12
楽古山荘コイボクシュメナシュンベツ川楽古岳北西面直登沢楽古岳~上杵臼コース~楽古山荘 下山
タイムレコード
時刻天候場所行動
06:30楽古山荘出発
07:30十勝岳南面直登沢出合
08:20楽古岳北西面直登沢出合
11:30楽古岳
14:00楽古山荘下山

出発の準備をしていたら、一台車が上がってきた。「登られるんですか」と言われたので「はい」と答えたら、「心強いです」とか言われたが、残念ながらから行くんだよね。聞かれなかったので言わなかったが、うそは言っていない。ちなみにこの人の車のナンバーは石川ナンバーだった。昨日から止まっていたもう一台は熊本。わざわざ遠いところからご苦労さんな事です。

出発時は曇っていたが、二股に着く頃には晴れてきた。ゴルジュはいつも通りにへつって直登して通過。大滝左岸を登って通過。北西面直登沢出合に到着。

出合左岸草付きを使って高巻き、落ち口に出る。続く2段目は右岸直登。次のカンテは前回は右岸を直登したが、今回は左岸を登ってみる。中間部が少しいやらしかった。高巻くには左岸から巻くと良いだろう。続く数条数段の滝から適当に小滝をこなしていく。

Co840 からの四段のは今回は全て直登。 Co890 のはやっぱり右岸を登れそうな気がするが、やっぱり止めておく。左岸ルンゼから高巻く。しばらくは小滝滑滝を通過していく。

Co1000 付近のを過ぎると水量が一気に減り、ガレ小滝ルンゼになる。ルンゼ出口のチョックストンハング下からシャワーでチョックストンを越える。ホールドはばっちり。続く滑滝を越えると、小がいくつか出てきてやがて伏流する。

沢形をしつこく進み、灌木のトンネルを進み、ハイマツの藪が見えたら右手にロックガーデンが見えるので、少し藪を漕いでそちらに逃げる。

ピークには誰もおらず、虫が異常に多い。そして暑い。靴と服装を登山道仕様に変更して下山を開始。必死こいて降りてちょうど2ピッチで山荘到着。今夜も貸し切りと思いきや、夕方になってなにやらクソやかましいオッサンがリーダーとおぼしきジジババ4人パーティがやってきた。オッサンの意味不明の自慢話を聞いてられないので、就寝時間まで車でナイター中継を聞いて過ごした。

Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.06