メナシュンベツ川右股~楽古岳

ふ~ちゃん
目的
楽古岳南西面直登沢遡行
日程
2002年07月30日(火)
山域
南日高

楽古岳に南面から登ってみた。大部分がガレだったが、出てきたはそれなりに手強かった。

行程

2002-07-30
楽古山荘メナシュンベツ川楽古岳南西面直登沢楽古岳~上杵臼コース~楽古山荘

2002年07月30日(火)

タイムレコード
時刻場所行動
08:10出発
08:40入渓
09:10Co600二股
10:00Co860 F1
11:00Co1030
12:15楽古岳
14:00楽古山荘下山

いつものセイコーマートで買いだしを済まし、登山口へ向かった。楽古山荘に駐車して出発だ。今日は暑い。

伏流が続く[image/jpeg:190kB]
伏流が続く河原

登山道の踏み跡を利用して、登山道尾根の取り付きまで行く。ここで渓流靴に履き替える。 Co530 の二股の左股は伏流していて、右に行きそうになる。何度か水流が現われるが、 Co850 くらいまでずっと伏流が続いていた。なのに水がなく、南向きで日差しが強く、汗だくの遡行になった。


Co860[image/jpeg:185kB]
Co680 垂直の滝

Co860 でようやくはじめのが出てきた。 20m 位の割と大きなだが、直登を試みる。右岸の壁にへばりついてみたが、意外とペラリとしていて思い切りがつかない。しばし上を眺めて考えるが、突破口が見えない。仕方がないので、あきらめて、左岸岩場を使って高巻いた。


Co930-1030[image/jpeg:203kB]
Co930 直登する

Co930 付近の直登すると、ガレの埋める状となって稜線に突き上げているが、ピークへ向かう直登沢左岸の側壁となって落ちてきている。水量は少なく、の表面をぬらしているだけだ。あまりの水量の少なさに本流とは思えないが、地形図通りこちらに進む。

直登は難しくないが、垂直に落ちており、高度感がある。このを越えると、すぐに水はすっかり涸れてしまった。地形図上の崖マークは三股になっていた。左に進むと、すぐに沢形は消え、薄いヤブに突入した。点在するロックガーデンを使うと、さほど苦労せずピークについた。

Usertime : 0.18 / Systemtime : 0.04