コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん
目的
楽古岳北西面直登沢遡行
日程
2005年07月23日(土)
山域
南日高

今回はコイボクシュメナシュンベツ川の Co685 で右に分岐する枝沢から楽古岳をめざしてみた。ほとんど記録を見ないマイナーなであるが、それなりに面白かった。

行程

2005-07-23
楽古山荘コイボクシュメナシュンベツ川楽古岳北西面直登沢楽古岳~上杵臼コース~楽古山荘 下山

2008年07月23日(水)

タイムレコード
時刻天候場所行動
09:40楽古山荘出発
10:30コイボクシュメナシュンベツ川 Co530 二股
11:20Co680 楽古岳北西面直登沢出合
13:25楽古岳北西面直登沢 Co1335
14:00楽古岳
15:40楽古山荘

北西面直登沢出合まではセオリー通りに進む。特に変わったところはない。今回は雪渓は全く見あたらない。

Co680出合[image/jpeg:170kB]
Co685 出合の滝
Co730-740[image/jpeg:205kB]
Co730-740 シャワーで登る
Co750-760[image/jpeg:196kB]
Co750-760 左岸を登る

直登沢出合は少しハング気味だ。直登できるかな・・・と思ったが、やっぱり無理っぽい。左岸の壁から小さく巻く(Co680-710)。しばらく密集してが現れる。3つ目は中央がカンテ状に突き出し、その左右に水流が落ちる。右岸の水流をシャワーで登る(Co730-740)。次の左右に大きく別れた滝は左側の水流に沿って登る(Co750-760)。 Co840 の四段の滝は2段目を左岸から巻く。


Co890-900[image/jpeg:209kB]
Co890-900 左岸ルンゼから巻く
Co900-910[image/jpeg:140kB]
Co900-910
Co960-1000連瀑[image/jpeg:172kB]
Co960-100 連瀑帯

Co890 の右岸から落ちる側壁型の。右岸を直登できそうだが、岩が大変脆くボロボロ崩れてくる。こりゃいくらなんでもあかんわ。っちゅうことで、正面のルンゼを滝の高さまで登って巻く(Co890-900)。 Co960 の二股の左股はガレて目立たない。右股の滝を登ると、ガレたとなる。いくつか小さな滝を登ると Co1300 付近で伏流する。

靴に替えて灌木のブッシュに入るが、頭を出すと右に石垣の斜面が見える。低いハイマツを漕いで石垣に移る。この石垣はかなり不安定だ。ツツジ類と低いハイマツを漕いでガスのピークに到着した。

上杵臼コースを下る。相変わらず長い・・・。今日は楽古山荘で宿泊する。他に3組ほどが来る。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.04