コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳

ふ~ちゃん
目的
沢訓練 楽古岳北面直登沢遡行
日程
2002年06月15日(土) - 16日(日)
山域
南日高

裏沢の時期だが、サブリー候補のうっちーが行けないので、入門編ということで楽古岳へ行くことになった。

行程

2002-06-15
室蘭~楽古山荘 C0
2002-06-16
C0~コイボクシュメナシュンベツ川楽古岳北面直登沢楽古岳~上杵臼コース~楽古山荘

メンバー

C.L
ふ~ちゃん
M
あらた
かなざわ

2002年06月15日(土)

本当は明るいうちに到着する予定であったが、家の都合で車が夕方まで使えず、深夜の到着となった。

楽古山荘には先客がいて、既に就寝していた。つけっぱなしのガスランタンのため、異様に暑い。我々は2階に陣取り、窓を開け空気を入れ換えてから寝込む。

2002年06月16日(日)

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:30曇/雨起床
06:35出発
07:25Co530二股
08:20Co630二股
10:45楽古岳
14:15楽古山荘下山

朝起きて、着替えていると山用のズボンを忘れてきたことに気づく。防水スプレーをしてベランダに干してきたままだ。仕方なく雨具を履いていくことにする。かなざわは雨具の下を忘れたそうだ。

コイボクシュメナシュンベツ川

外に出て昨晩の先客に挨拶をする。静内高校山岳部であった。わらじを使って、上杵臼コースをつめるらしい。我らはコイボクシュメナシュンベツ川沿いの林道を行く。 Co530 二股までゴーロだ。やはりかなざわは慣れていないせいか、少々歩くのが遅い。

へつるかなざわ[image/jpeg:164kB]
Co550 へつるかなざわ
泳ぐあらた[image/jpeg:152kB]
Co550 泳ぐあらた
Co570[image/jpeg:139kB]
Co560 直瀑
Co600[image/jpeg:161kB]
Co600 大滝

Co550 二股に立派な釜滝が現われる。かなざわとわたしは左岸から落ちてくるから側面をへつって越える。あらたは勝手に泳ぐ。よっぽど泳ぐのが好きらしい。気温はそれほど低くないので、まあ良いだろう。いくつか小滝を越えるとガレが多くなってくる。 Co600 付近で状になり、右に屈曲し大滝が落ちてくる。2人のリクエストに応えて、水流を直登しようと試みるが、水圧が強く、天気も悪いので止める。左岸を小さく巻く。直登するなら、ザイルがいるかな。

楽古岳北面直登沢

連瀑を登る[image/jpeg:104kB]
連瀑を登る

しばらく単調なが続き、右にガレ沢を見て左に回り込むと雪渓が出てきて Co770 二股となる。この二股から小滝群、いわゆる”全部”が始まる。初段のはやや登りごたえがあるが、あとは特に問題もなく快適に直登していく。この滝を登っている最中、今まで見たことのない謎の生物に遭遇する。長さ 10cm ほどで、ミミズのような軟体で節がある。吸盤状の口の周りにギザギザの歯がある。先端が細く、末端が太く扁平。青黒~橙色のグラデーション。ヒルの仲間のようだが、吸血性はあるのだろうか?謎である。この後もたくさん現われた。

その後、途中何カ所か雪渓が現われるが、それほど大規模ではない。 Co1040 二股の上部で、私が位置確認のため尾根に上がっているすきに、あらたが雪渓を踏み抜く。落下距離が少なく助かった。が開けてきて2カ所ほど新鮮なクマのウンチを見る。徐々にも少なくなり、水が涸れ、ヤブ漕ぎ皆無で登山道に直接出る。

上杵臼コース

十勝方面からの登山客が多く、何人もとすれ違う。ピークにも家族連れなど大勢いる。ピークはさすがにちょっと寒いので、ツェルトをかぶりお茶を沸かす。

下山直前に、クマよけのつもりでいつものように奇声を上げると、「ピョー」というこえをあげ、ハイタカが飛び出して、目前 2m ほどを横切っていった。

長い登山道を降り、に出てからはわらじに履き替え、ずっと沢を行くが、何も出てこなかった。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.14