ルートルオマップ川支六ノ沢

ルートルオマップ川支六ノ沢は、中ノ岳を源流とするルートルオマップ川の支流。

当サイトではこのの名称に本来中ノ川全体を指す「ルートルオマップ」を使用してきましたが、これは「北海道の山と谷」で、「中ノ岳・中ノ川北東面直登沢」の項にのみ括弧書きで「ルートルオマップ川」と並記されていた事による誤解によるものと判明しました。

ルートルオマップ川支六ノ沢のルート図
ルート名
ルートルオマップ川支六ノ沢
距離(km)
3.80
標高差(+m)
356
標高差(-m)
208
行動時間(h)
4.0
グレード
函滝淵淵淵(10.00)
ルートルオマップ川遡行図[image/jpeg:508kB]
ルートルオマップ川支六ノ沢遡行図

Co430 三股(十字峡)まではルートルオマップ川を参照。

十字峡はとなっており、泳がなくてはならないが、少し手前から左岸高巻くことも出来る。はすぐにゴルジュ状となるがはじめは困難なものではない。 Co455 の留取岳南面直登沢出合付近は広い河原となって、最後の快適な天場である(ただし増水時の安全を保証するものではない)。 Co460 を過ぎると本格的なゴルジュとなる。 Co470 付近には非常に長い淵があり、泳ぐと相当消耗する。 Co510 付近にも深いゴルジュがある。 Co550 の大きなを持った滑滝(上二股から400mほど下流)の斜めのテラスが安全に点張れる最後の場所だと思われる。上二股付近では、下流 100m の小さな砂浜かテラスに天張るしかないが、安全はまったく確保出来ない。中途に安全な所を見つけたら迷わず天張った方が良いだろう。

ルートルオマップ川/支六ノ下降尾根及び支六ノ沢下降

この支六ノ沢は、遡行よりもむしろペテガリ岳からの下降用に多く使われている。ペテガリ岳主稜線南東の P1469 から南東に延び、支六ノ上二股に至る尾根は通称下降尾根と呼ばれている。

この尾根にははっきりした踏み跡もなく、尾根筋もわかりにくいために左右の斜面に入り込みがちになる。特に Co1200 付近は迷いやすい。

支六ノ下降は、長い泳ぎが連続するが、そのつもりで準備していれば難しいことはない。ただし50年ほど前には溺水事故も起きているので注意は必要だ。ライフジャケットなどの装備を推奨する。

参照

関連イベント

山行一覧 01~03(03件中)
山行名 開始日時 終了日時 山域
[沢・岩] 中ノ岳ノ沢遡行 2008年08月13日(水) 16日(土) 南日高
[沢・岩] ペテガリ沢C沢・中ノ岳北東面直登沢遡行 2004年08月01日(日) 03日(火) 中日高
[沢・岩] 夏合宿 ペテガリ沢A沢・神威岳北東面直登沢遡行 1994年07月28日(木) 08月02日(火) 南日高

関連ルート

ルート一覧 01~01(1件中)
ルート名 グレード 行動時間(h) 距離(km) 標高差(+m) 標高差(-m)
[沢・岩] 中ノ岳北東面直登沢 函函函滝滝滝淵滑滑藪 5.0 2.64 973 33
Usertime : 0.12 / Systemtime : 0.02