二岐沢三ノ沢~北戸蔦別岳

ふ~ちゃん
目的
二岐沢三ノ沢~北戸蔦別岳遡行
日程
2007年09月18日(火) - 19日(水)
山域
北日高

いつでも行けるからと、先延ばしになっていた二岐沢三ノ沢に行って来た。核心の大滝はどうにかならないものかと思っていたが、どうにもならなかった。それ以外は難しい物は何もないだった。

行程

2007-09-18
沙流川キャンプ場 C0
2007-09-19
チロロ林道~二岐沢三ノ沢北戸蔦別岳~二ノ~チロロ林道 下山 

装備

2007年09月19日(水)

2007-09-19 二岐沢三ノ沢
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
05:55チロロ林道終点出発
06:25取水ダム
07:25三ノ出合
08:45快晴大滝の上の三股
09:45Co1430
10:55北戸蔦別岳
14:25チロロ林道終点下山

昨夜は例によって沙流川キャンプ場で車中泊。いつも夜中に行って早朝に出てくるのでお金を払ったことがないが、良いのだろうか。良いよね。

今日の天候は下降気味らしいが、朝の天気は思いのほか良い。ゲートを開けてチロロ林道を進む。道は前回来た時より少し荒れている。林道終点からは自転車に乗り換える。川の水量は明らかに多く、また風は冷たく、これなら前回多少雨の中遡行した方が良かったかなと少々後悔する。

取水ダムで自転車を乗り捨て、とりあえず踏み跡を進む。適当なところで靴を履き替えて入渓する。取水ダムから三ノ出合までは一九六七峰の時と同様約1時間で到着。

二岐沢三ノ沢

Co1020 大滝の下[image/jpeg:150kB]
Co1020 奥に大滝が見える
Co1030 二段下部[image/jpeg:149kB]
Co1030 水流脇の左岸を上る

三ノ出合からしばらくは荒れた沢である。ガレと倒木が転がって汚い印象の沢だ。15分も歩くと、周囲は高い壁となって、沢は左に曲がって小滝が現れ、その先に大滝が落ちてくるのが見えた。もっとものすごいの奥にがあるのかと思っていたが、少し思っていたものとは違った。確かに周囲の壁は高いが、大の下にはすぐにたどり着けそうだ。とりあえず基部まで行ってみることにする。小滝を越えて、次の二段の滝はシャワーを浴びながら適当に直登。次の樋状の滝は左岸トラバースする。

大滝

Co1040-1100 大滝[image/jpeg:150kB]
Co1040 大滝の下には樋状の滝があった

すると、は左に曲がって、奔流する樋状のとなって、その上に大滝が見える。手前の樋状のは水量が多すぎて、とても直登出来そうではない。左岸トラバースしていくと、直接大滝の下に出るが、大滝に近づくほどツルツルで、とてもやばそうだ。右岸は少々かぶり気味のカンテが邪魔をしている。大滝の右岸は弱そうだけど、もしもダメだった時に戻ってくるのが面倒くさそうだな。そんなわけで、今回はセオリー通りに小滝のあたりまで戻って高巻く事にする。

二段のの下から、尾根筋に取り付く。急傾斜の木登りである。いつものように適当なところからトラバースしたいが、壁が立っていてなかなかトラバースに移れない。どんどんと高いところまで追いやられて、高度計を見ると、取り付きから 100m ほども高く登っていた。大滝が下の方に見えてようやくトラバースに移るが、それでも右岸ルンゼに出てしまった。ついでだから、このルンゼをクライムダウンして滝の基部まで見に行こうかと思ったが、やっぱり登り返すのが面倒くさいから止めた。更にこのルンゼを傾斜が緩くなるまで詰めて、滝の上の尾根筋にでる。この尾根筋を 50m ほど下って行くと、滝の真上に出た。

とりあえずの下をのぞきに行く。は思ったよりも立っていて、何とかなりそうではなかった。いずれにしても、滝の基部に立てれば、右岸ルンゼを詰めて高巻くのが一番楽そうである。

ゴルジュ

Co1100-1110 二段[image/jpeg:149kB]
Co1100 大滝の上には二段の滝があった

の上には二段ほどが続いていた。まずは寄りかかっていた流木を使って登る。次のは左岸バンドを登った。すると、左岸から二本のが合流してくる。二本目のは滝となっていて、これも面白そうだが、左の本流に向かう。


Co1150 釜滝[image/jpeg:149kB]
Co1150 泳ぎたくないので右岸巻き
Co1160[image/jpeg:150kB]
Co1160 こんな滝は巻いていく

本流は小滝が続く小ゴルジュとなっていた。ここは特に問題なく中を行く。次にチョックストンが出てくる。これは水量が多くて中を行く気になれないので、右岸側壁のクラックを登った。次のを持ったは泳ぎたくないので、右岸を高巻いた。は右に曲がって、更にもう一つ左岸を高巻く。右岸から枝沢が合流して、二つ目の滝記号の所にある滝も適当に越えた。

滑滑滑からカール

Co1180 滑滝開始[image/jpeg:151kB]
Co1180 この滝からはひたすら滑滝
Co11280[image/jpeg:149kB]
Co1280 登ってきた滑滝を見下ろす

ここからは明るく開けた滑滝の沢となる。快適な滑が続く。もろに正面から太陽があたってまぶしい。とにかく、ひたすら小規模な滑が延々と続いている。 Co1400 付近で少しガレ様相になるまではとにかく滑滝だらけだった。

Co1470 の左岸直登してから水流に入って抜けた。すると、小さな巨岩帯となって、これを過ぎると一気に傾斜が緩まり、カールの様相となる。しばし小滝をいくつか越えて行き、水量の多い方へ進んで行く。地形図に忠実に、ピーク方向のへ向かって行くと、詰めはハイマツの藪が濃そうなので、一本戻って右の沢へ入る。


北戸蔦別カール[image/jpeg:149kB]
紅葉が始まったカール

空はいつの間にやら雲模様である。ふと後を振り返ると、彼方の芦別岳がくっきりと見える。距離は遠いが、輪郭がもの凄くシャープに見えている。空気が澄んでいるのだろう。最後はガレルンゼを詰めて、ピーク西のコルに出た。

帰り道

幌尻や一九六七峰のピークは雲に覆われ始めていた。ピークで靴を履き替え二ノコースを下る。道すがら適当にキノコを採取していく。ダケカンバの枯れ木にツバナラタケが多い。二ノ沢の途中では、ヌメリスギタケらしきものを発見した。でもあまりにも少量だったので採取せず。本流の道の脇ではタモギタケを見つけた。多少虫食いをしていたが採取する。自転車を回収して一気に下山した。

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.06