札内川十一ノ沢~ポンベツ沢~ナメワッカ岳~シュンベツ川本流

ふ~ちゃん
目的
札内川十一ノ沢・ナメワッカ岳北東面直登沢・シュンベツ川本流遡行
日程
2004年09月02日(木) - 04日(土)
山域
中日高

行程

2004-09-02
札内ヒュッテ札内川七ノ沢出合札内川十一ノ沢出合 C1
2004-09-03
C1~札内川十一ノ沢~札内分岐~ポンベツ沢ナメワッカ岳北東面直登沢ナメワッカ岳ナメワッカ岳南面直登沢シュンベツ川本流 C2
2004-09-04
C1~シュンベツ川本流~ナメワッカ分岐~札内川十ノ沢札内ヒュッテ 下山

2004年09月02日(木) 札内川下流域遡行

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:30苫小牧出発
09:30札内ヒュッテ天気待ち
10:05曇りゲート出発
11:30札内川七ノ沢出合靴替え
12:30Co660
13:30Co760
14:35Co890
15:20Co960C1

札内林道

天馬街道まわりで札内ヒュッテを目指す。大樹町から中札内に入ってからなにやら雨模様である。今日は晴れる予報なのだが、大気の状態は不安定なようだ。札内ヒュッテに到着しても雨はやまず、しばし天気待ちをする。20分もすると小降りになったので 1.2km 先のゲートの駐車場へ移動して出発の準備をする。

ゲートから約1時間半の林道歩きとなる。林道歩きがあることは分かっていたので、自転車を持ってくるべきだったが、そんなことはすっかり忘れていた。それにしても、この林道は冬期の雪の影響で危険箇所が多くて通行止めにしてあるそうだが、他の通行可能な日高の林道に比べたらよっぽどきれいだ。確かに奥の方で2ヶ所ほど崩壊していたが、こんなに手前から通行止めにする必要があるのだろうか。日高横断道に反対している登山者への嫌がらせのような気がしてならない。そんなことはないのだろうけど。

札内川

七ノ出合で靴を替えて入渓する。今年おろしたばかりのフェルト靴が酷使したために既にペラペラになってしまったが、モンベルクラブに行ったところ、サイズがなくて新品を買えなかったため、今回はペラペラのままで少々心許ない。沢は先日の台風の影響で増水気味だ。バイパスを利用して距離を稼ぐ。しかし、クマノ沢での疲労がとれていないのか、足の裏が異常に痛い。このまま予定通りに行けるか少々不安が残る。

八ノの手前でおじさんを一人追い越す。八ノ沢出合は相変わらず荒れている。それにしても、ここの天場はだんだん内側に移動しているような木がするが、気のせいだろうか。八ノ沢から先はバイパスがなくなるので、徐々に歩きにくくなる。記念別沢出合を過ぎて、九ノ沢手前で丸太橋を渡る。水流は白く沸き立っており、この丸太橋がなければどこを渡って良いか分からない。

十一ノ出合天場

徐々には小さくなって十ノ沢出合に到着する。天場を探すが、周辺はブッシュが覆って適地が見つからない。平らなところはあるが、水道だったりして天張る気になれない。天場を探してもう少し上がっていくと、十一ノ沢出合との中間右岸に広めの砂場がある。増水時には安心できないが、快適そうなのでここに天張ることにする。

流木が豊富なので大きな焚き火にし、釣りを始める。すぐ上にオショロコマが群れているある。いつものようにヤゴを捕って垂らすと数秒でかかる。サイズは小さく、 15cm を切る程度だ。ヤゴがなかなか見つからないので、適当に小さな甲虫をつけてみると、ヤゴに比べて多少食いつきは悪いが、これでもかかる。本当にオショロコマってヤツは何でも食う。針を垂らせばいくらでもつれるが、4匹で止めておく。

2004年09月03日(金) 札内川ポンベツ沢シュンベツ川

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:15起床
05:55快晴出発
06:55札内川十一ノ沢 Co1360
08:05Co1700靴替え
08:35札内分岐
08:50ポンベツ沢札内分岐西面直登沢 Co1700靴替え
10:00曇りCo1100
11:10Co856
12:00ナメワッカ岳北東面直登沢 Co1120
13:00ナメワッカカール靴替え
14:25曇りナメワッカ岳
15:15シュンベツ川ナメワッカ岳南面直登沢 Co1400靴替え
16:20Co1000
17:00シュンベツ川本流 Co820C2

札内川十一ノ沢

Co1070-1080滑滝[image/jpeg:119kB]
Co1070-1080滑滝

快晴の中、ゴーロの本流を進むと、明るく開けた十一ノが合流する。しばらくガレの多い開けた渓相を進むと、右岸から地滑り沢が合流し、滑が出てくる。正面に見える滑滝直登する(Co1070-1080滑)。次の赤い左岸の側壁をトラバースして落ち口へぬける(Co1100-1110)。三段の滝も直登し(Co1120-1140)、左に曲がると開けたガレだまりとなる。


Co1200 連瀑[image/jpeg:151kB]
Co1200 連瀑
Co1370 二股[image/jpeg:176kB]
Co1370 二股

はこの程度かなと思っていると、右に曲がったところで、大きな滑滝が出てきて、連瀑帯となる。快適なが途切れることなく続き、 Co1370 二股の滝まで一気に直登する(Co1200-1370八段+小滝群)。 Co1370 二股は両股が滝になっており、本流の滝は下部がやや被っている。左股の滝の右岸を直登し、トラバースして本流の滝の中間に移る。滝の上は岩盤状の狭いとなって滑と小滝が連続する。

Co1550-1570溝状[image/jpeg:145kB]
Co1550-1570溝状

小滝群を過ぎると、四角い溝状のが出てきて直登を試みるが、中に入ってからホールドが見あたらず、諦めて左岸テラスを小さく巻く(Co1550-1570溝状)。続くを登っていると、右岸ハーケンシュリンゲがあった(Co1580-1600溝状)。これを越えて二股を左に入るとやがて水は涸れ、広い急斜面のお花畑となる。

札内分岐

靴を替え、沢形に沿った藪に突入すると突然、右腕にチクリと激痛が走る。何事かと思って見てみると、右腕に丸くて黒い虫が止まっている。マルハナバチだ。マルハナバチは針は持っていても、まず刺すことはないと思っていたので、目を疑ったが、この高所でこの愛らしい姿の虫はマルハナバチの仲間に他ならない。

あいにくクスリを持っていなかったので、どうしようかと迷ったが、スズメバチとかではないし、刺されたところが腫れてくるような気配もないので、そのまま山行を継続する。しかし、思えばこれはここで引き返せと言う山の神様からの警告だったのかもしれない。

正面はピークに突き上げているが、急斜面で疲れそうなので左にトラバースして主稜線に出て踏み跡をたどり、札内分岐へ至る。天気はよいが、風が強く寒いので休憩はせずに早々に下山を開始する。

札内分岐西面直登沢ポンベツ沢本流

Co1230スラブ[image/jpeg:182kB]
Co1230スラブ

浅い花畑を下り、ハイマツをやや漕ぐと、周囲が木に覆われたツルツルスラブの岩盤に出る。枝をつかんで降りて、そこからは滑の連続となる。 Co1480 二股のまでひたすら滑の連続。 Co1430 で左岸滑滝の支流を合わせてさらに滑の連続となり、 Co1290 屈曲点の大滝まで続く。屈曲する状の岩盤を進み、 Co1230 のスラブ状の大きなを降りると、滑の中にガレが多くなってくる。出合付近は流木が堆積している。

当然の事ながら、南西面直登沢雪渓は綺麗さっぱり無くなっている。 Co950 のまでゴーロを下降。この函を過ぎるとナメワッカ岳北東面直登沢出合まで滑が連続してくる。前回来たときよりもすっきりしている印象だ。水量のせいもあるかもしれないが、台風で多少ゴーロが流されたのだろうか。

ナメワッカ岳北東面直登沢

Co890[image/jpeg:177kB]
Co890
Co930[image/jpeg:162kB]
Co930

本来はここらで1泊の予定であったが、うまくいけば明日の早い時間に下山したい事情があったので、そのままナメワッカ岳北東面直登沢に突入する。直登沢は蒼いガレで埋められている。よくある赤茶けたガレとは違い、あまり汚く感じないが、所詮ガレはガレだ。直線的な渓相の中で、左に曲がる毎にを快適に直登していく。 Co950 から大きなのデブリ溜まりの地形となって、突き当たりの右岸から大きなが落ちてくる。


Co1020-1050側壁型[image/jpeg:179kB]
Co1020-1050側壁型
Co1050 大滝[image/jpeg:156kB]
Co1050 大滝

大きなだが、それほどの迫力は感じない。右岸壁に取り付き、直登していく。順層の素直なホールドで、それほど困難ではない(Co1020-1050側壁型)。登り切ると、さらに大きなが続いている。この大滝は中間で二段になっていて、ルートをうまく選べば直登できそうだ。下段は右岸を登り、中間テラストラバースして2段目からは左岸を行けば簡単そうだ。右岸に取り付き、中間まで行きトラバースしようとするが、水流がもろに頭の上に落ちてきて躊躇する。正面の壁を眺めると、何となく直登できそうな気がしてきてしまう。そのまま垂直な壁に取り付くと、はじめは順層のホールドだが、徐々にホールド間の距離が開き、微妙になってくる。やがてつかめるホールが無くなり、行き詰まる。微妙なムーブで一端左にトラバースし、一段上がり、更に微妙なムーブで右に戻る。ここからは階段状となる(Co1050-1080)。


Co1150二股[image/jpeg:176kB]
Co1150二股
Co1240[image/jpeg:123kB]
Co1240

その後もいくつかのが出てくるが、は全体にガレの多い地形となり、美しくも面白くもなくこれといった見所がない。狭い函状の地形を経由して突然開けたカールへと至る。

ナメワッカカールナメワッカ岳

カールに到着すると同時に雨がポツリポツリと降り始める。仕方なくポールを探して幕営の準備をするが、本降りにはならず、すぐにやみそうだったので迷ったあげくやっぱり行くことにする。

最高点に至る直登沢を登る予定だったが、どうやら途中の左岸から入るのいずれかがそれだったようだ。ガレの埋める涸れを詰めて、そのうち崩壊地となってお花畑になる。お花畑の薄い藪を漕いでいくと、ジグに切られた踏み跡が出て来たのでそれを利用して主稜にでてピークへと至る。最高点へも踏み跡は続いているようだが、時間も遅いし、天気も優れず面倒くさいのでアタックはしない。

ナメワッカ岳南面直登沢

ピークから稜線の踏み跡を少し西に移動し、急傾斜の草付きを下りに出るとガレが埋めており、延々と続く。 Co1400 二股でようやくらしいが出てきたので靴を替えるが、その滝の下もまたガレ相となる。 Co1250 あたりから岩盤状となって、慎重にクライムダウンを繰り返し、 Co1100 三股までつづくが、そこからまたガレ沢となってしまう。下部で徐々に岩盤となって滑が断続してくるが、やはりガレが多くて美しくない。だんだんうんざりしてくる。出合間近でで滑の連瀑となるが、もう今さらという感じである。

出合状で険悪な雰囲気。本流に進み、をひとつ過ぎると、右岸からが落ちてくる。側壁を登ると、広いテラス状で、どうやらここが既定の天場のようだ。しばらく利用された様子はなく、ブッシュに覆われている。苅り分けるのが面倒なので、の上のすぐ脇の小さな浜に張る。魚はいない。薪も少なく、あまり快適な天場ではない。これならばナメワッカ直登沢の適当なところで天張った方が快適だったかもしれない。

2004年09月04日(土) シュンベツ川本流札内川十ノ沢

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:30起床
05:50晴れ出発
06:50Co980
07:55Co1250
09:00Co1600
10:00ナメワッカ分岐
11:00快晴十ノカール昼寝
12:00
18:40ゲート下山

シュンベツ川本流

天場のすぐ上[image/jpeg:126kB]
天場のすぐ上
Co820 屈曲点[image/jpeg:133kB]
Co820 屈曲点

ナメワッカ岳南面直登沢と同様、出合からしばらくは小滝滑滝が連続するが、問題になる物は何もない。 Co820 屈曲点のは堰壁をトラバースして落ち口に出る。は暗いとなっているシュンベツ岳西面直登沢出合まで続く。その後は河原状になってガレや流木が多くなり、時々滝も現れるが、まるで面白味がない。

今朝はよく晴れているが、日高山脈の主稜が太陽をさえぎり、床には全く日があたらず晴天による放射冷却も重なって猛烈に寒い。沢は全体にぬめりが多く非常に歩きにくい。そのうえ、この辺は雪崩によるデブリ帯なのだろうか、沢床には累々と倒木が積み重なっている。ため息が出るような渓相を歩き続け、Co980ナメワッカ分岐直登沢出合へと至る。

ナメワッカ分岐南西面直登沢

直登沢状になっても出てきてようやくそれらしい雰囲気となるが、ガレが多く相変わらず面白味がない。はじめのゴルジュを抜けると、両岸が高い壁に囲われ、床には流木やらガレの溜まったデブリ地帯となっている。この突き当たりからようやくすっきりしたが現れはじめる。

Co1060-1080滑滝[image/jpeg:183kB]
Co1060-1080滑滝
Co1090-1110二段[image/jpeg:118kB]
Co1090-1110二段
Co1120-1150[image/jpeg:137kB]
Co1120-1150
Co1150-1170滑滝[image/jpeg:165kB]
Co1150-1170滑滝

はじめのを快適に直登(Co1060-1080滑滝)。次の二段のは頭から水を被って豪快にシャワークライムする(Co1090-1110二段)。左岸スラブ状岩壁で、中央の下部がかぶり気味の滝は右岸を直登する(Co1120-1150)。次の斜瀑は簡単そうにみえ、中央を直登するが、上部がツルツルのスラブでちょっとだけ微妙だ(Co1150-1170滑滝)。


Co1250[image/jpeg:172kB]
Co1250
Co1280-1290[image/jpeg:156kB]
Co1280-1290

樋状のをひとつ越えると、両方がになった状の二股になる。左に行くとガレ河原の二股になって右に入るとすぐに開けた崩壊地に突きあたる。左岸から岩塊が突き出て、その左右に滝が刻まれている。右側の水流を直登しようとしたが、案外ホールドが貧相で中央の岩壁へと逃げる(Co1250-1270側壁型)。滝の上の正面は更に絶壁の滝となって支流が注ぎ、本流は岩塊に刻まれたルンゼとなって直角に曲がり、暗い函の中に向かっている。チョックストンを越えて、函の突き当たりで右から水しぶきが激しく飛ぶ滝が出てくる(Co1280-1290)。

滑落

Co1300 滑落した滝[image/jpeg:129kB]
Co1300 滑落した滝

は三方が壁に囲まれ、全く日があたらず、のしぶきが激しく舞い上がり全体に漂い猛烈に寒い。流心より左岸に取り付くがかなりの水が降り注いでくる。急いで駆け上がるが、上に行くほど傾斜がきつくなり、ホールドが少なくなってくる。その上ぬめりがかなり多くイヤらしい。そして、右足を上げて少し微妙なムーブで体を引き上げようとした次の瞬間、滝を滑り落ちていた。頭部にガンガンガンと何度も強い衝撃を受けながら約10mの距離を頭を下にした滑っていった。

足が滑ったのか、ホールドが抜けたのか、単純にバランスを崩したのかよく分からない。とにかく、呆然としつつも立ち上がるが、ひとまず骨などには異常は感じられない。寒いので直登はあきらめて巻いてしまおうと、右岸ルンゼに向かおうとすると、ぽたりと血の滴がこぼれる。口を触ってみると、両唇がぱっくりと割れている。いずれにしてもこんな所では治療も出来ないので、急いで巻いてしまって歩き続けて落ち着けるところを探す。


Co1460-1470[image/jpeg:113kB]
Co1460-1470
Co1490-1530[image/jpeg:135kB]
Co1490-1530

続くと滑を過ぎると、再びデブリ帯となり、奥にしぶとく雪渓が残り、突き当たりは障壁で左に曲がる。をひとつ右岸カンテから超える(Co1460-1470)と、またガレの奥に滝がかかる。この滝は岩質が脆く、崩れやすい(Co1490-1530)。右岸を直登、続く滑を一気に駆け上がると、ようやく日が当たる。

落ち着いて体の様子を見てみると、唇の他には両手に多少の擦り傷と、右膝に痛みを感じるが、幸い大きな怪我は負わなかったようだ。は急傾斜のガレとなってナメワッカ分岐に突き上げる。

ナメワッカ分岐~十ノカール

シュンベツ岳は省略して最低コルルンゼから十ノカールに降りる。急傾斜でとっかかりの少ないルンゼで、エサオマン北東カールのような残置ハーケンも見あたらない。あまり良くないルートだが、他はほとんどが断崖で、利用できそうなのは、シュンベツ岳北西の肩に突き上げる沢しかなさそうだ。十ノ沢カールは基本的に巨岩の石積だが、なんとか一張り分の天場はある。カールに着くと風もなく暖かで気持ちがいい。寒さと滑落で力つきた私はそれ以上行動する気力を完全に失い、そのまま横になって眠りにつく。

札内川十ノ沢

気が付くと1時間ほどが経過。起きあがって右膝を曲げると激痛が走る。から落ちたときに、膝に何かしらのダメージを負ったようだ。重たい体を引き起こして出発。石積をつないでシュンベツ岳の西の肩に上がるに出る。この沢は地形図ではカールの下段付近で不明瞭になっているが、その通りに藪の中に消える。再び石積に出て下る沢形を捜すが、足下から伏流する水の音は聞こえてくるが、明瞭な沢形は見あたらない。仕方なくそのまま藪に突入してしばらく漕ぐ。

かすかな沢形を見つけ、繋いでいくといくつもが合流し徐々に大きくなっていく。シュンベツ川とはうってかわり日がよく入り暖かい。地形図で見るよりも沢の傾斜がきつく感じるのは膝のダメージのせいだろうか。沢に出てからこのまま出合までゴーロ帯が続くのかと思いきや、途中からダイナミックな滑滝帯となる。快適にクライムダウンしていくと再びゴーロとなってやがて出合へと到着する。

札内川~林道

本流を遡行してから既に2日経過しているが、水量はあまり変化しているようには見えない。これでも少しは減っているのだろうか。下りは多少早く降りられるかと思っていたが、登りとほぼ同じペースで進む。週末だけあって八ノ出合には既に3張りのテントが設営されていた。それにしてもこんなに天気が良くて気持ちいいのに皆テントの中にこもって焚き火もしていない。それともまだカムエクアタックに行って帰っていないのだろうか?もう16時なのに?カムエクアタックってそげなもの?

出合を過ぎるとまたすぐに人とすれ違う。そこからはバイパスを使って快調に進む。途中で落とし物のタオルを拾う。なんとか暗くなる前に七ノ出合に到着。タオルはそこで夕食を食べていた単独行の青年のものであった。更に1時間半をかけて林道を歩く。車につく頃にはすっかり暗くなってしまった。

結局、用事には間に合わなかった。やっぱりもう1泊してのんびり歩けば良かった。そうすればから落ちることもなかったかもしれないのに・・・

Usertime : 0.12 / Systemtime : 0.02