中ノ岳北西面直登沢はまだ雪渓が多かった

ふ~ちゃん
目的
夏合宿 中ノ岳北西面直登沢遡行
日程
1994年08月07日(日) - 08日(月)
山域
南日高

わかとたくは、前回のペテガリ岳神威岳で十分満足したようだったが、既に決まっていた山行でもあり、私はなんとしても行きたかったので、半ば無理矢理に連れて行った。山谷のグレードに従い、こちらを本山行にしたが、雪渓ガレの多い印象の薄いだった。

行程

1994-08-07
部室~ペテガリ山荘 C0
1994-08-08
C0~ペテガリ沢 C1
1994-08-09
C1~中ノ岳北西面直登沢中ノ岳ニシュオマナイ川神威山荘

メンバー

C.L
ふ~ちゃん
S.L
わか
M
たく

装備

1994年08月07日(日) 室蘭~ペテガリ山荘

タイムレコード
時刻天候場所行動
10:00部室出発
15:30ペテガリ山荘C0

今回は珍しくしみずの車で送ってもらう。ほこりっぽい林道を爆走し、無事に我々を山荘に捨てて、帰っていった。

1994年08月08日(月) ペテガリ山荘中ノ岳北西面直登沢出合

タイムレコード
時刻天候場所行動
06:00起床
07:10出発
07:30入渓
08:15Co470 函滝
09:20Co530
10:30中ノ岳北西面直登沢出合C1
11:15偵察出発
12:00Co850 二股リターン
12:35天場

いつも通り、ペテガリ沢を遡っていく。変わったところは特にない。先日、高巻きでおやぶんがハチに刺されたので、そこだけは注意していく。午前中に予定天場についたので、たくに留守番をさせて、私とわかで偵察に行くことにする。

出合から Co700 二股までは滑が続くが、そこから急に激しいガレとなる。 Co780 右曲点より、ガレの中に小さなが出始める。 Co850 二股で大きめのが出てきたので、ここで引き返すことにする。

1994年08月09日(火) 中ノ岳北西面直登沢遡行ニシュオマナイ川下降

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
04:55出発
05:55Co960二股
06:50Co1050二股
07:20Co1100雪渓
08:05Co1300
08:55中ノ岳
16:50神威山荘C2
Co860[image/jpeg:120kB]
Co860 二段の大滝を登る
Co900[image/jpeg:131kB]
Co900

Co860二股までは昨日の通り。二股の大きな直登する(Co860-990 二段)。その後、を2つ右岸より越えて(Co900-950 二段)、Co960二股でようやく1ピッチ目の休憩となる。

ここから Co1050 二股までは五段のとなっており、このの核心である。一段目の小滝直登し、二段目は右岸を巻く。三段目のツルツルのは右岸カンテを直登する。四段目の簾状の幅の広い滝は、左岸の岩壁の狭いテラスの上を右から、滝の落ち口までトラバースしていく。高度感があり、恐いが、スタンスはしっかりしている。五段目の大滝を直登すると、Co1050二股である(Co960-1050 五段)。


Co1050[image/jpeg:112kB]
Co1080

Co1050 より、を2つほど越えると、雪渓が現われる。中も行けそうだが、ガスってよく中がよく見えないので、軽アイゼンをつけて上を行く。雪渓はすぐに終わり、また2つほどを越えると Co1200 を過ぎたあたりですぐにガレになる。ガレが終わると、ほとんどヤブ漕ぎなしで稜線に出た。稜線には踏み跡があり、5分ほどでピークに到着する。

ピークでは、少しずつ天気が良くなりつつあったので、ペテガリ岳が見えるまでは、とねばってみたが、メンバーが今日中に山荘まで降りたいというので、下山することにする。

西の肩には天場があり、風もよけられる。ニシュオマナイへは、広い平らな笹原を降りていくが、途中で急に傾斜がきつくなる。ヤブも濃くなってきたので、をさがして降りる。ちょろい小滝を全てクライムダウンしていく。 Co900 付近の大きな滑滝で、わかが降りられなくてうろちょろしていたので、ハーケンを一枚残置してアプザイレンをする。そのを降りるとすぐに Co850 二股となる。ここから下はほとんどガレ河原であった。

神威山荘に着き、車で帰っていく人にタクシーを呼んでもらう(っていうか、乗っけてくれよ)。静内駅で一晩野宿してから帰路についた。

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.04