やっぱり雨の十勝岳で心折れ

ふ~ちゃん
目的
十勝岳北西面左股直登沢遡行
日程
2009年08月22日(土) - 23日(日)
山域
南日高

このは3度目の遡行である。本当は楽古川へ周遊するつもりだったが、季節はずれの寒さに心折れ、北西面往復にとどまった。今回は週末のため、珍しく他パーティと一緒になった。

行程

2009-08-22
翠明橋公園 C0
2009-08-23
翠明橋公園~上二股ノ沢十勝岳北西面左股直登沢十勝岳十勝岳北西面右股直登沢

2009年08月23日(日)

2009-08-23 十勝岳南西面直登沢
タイムレコード
時刻天候場所行動
05:00起床
06:15出発
07:15Co750
09:05Co1170二股
10:10十勝岳
12:30Co750
13:40下山

前日は翠明橋公園で車中泊をした。本当は楽古山荘をベースにしたかったが、林道崩壊で通行出来ないので仕方がない。

公園には他に3パーティほど宿泊しており、うち2パーティは同じルートだった。4人パーティ2人パーティが順に出発した後に私も出発した。

途中で両パーティを追い越し、 Co750 二股で休憩していると、ぽつりぽつりと雨粒が落ちてきたので、雨具を着込む。そろそろ出かけようとしていたら、ちょうど他パーティも追いついてきて、3パーティが合流してしまった。

P8235409.JPG
F1を登る先行者

Co780 二股の F1 でまずはどのパーティも写真撮影タイム。その後、4人パーティがまず取り付き始めた。2人パーティの方は渋滞を避けて左岸高巻いていった。私は順番を待って最後に直登する(Co790)。


P8235415.JPG
F2

小滝を2~3個通過すると、周囲は霧に包まれてきた。 F2 では濃密なガスに包まれ、の全貌が見えない。直登ルートをチェックするが、やはりこのは登れそうで登れなさそうだ。

他の2パーティは休憩しつつ、リーダー格の人が高巻きルートを探しているようだ。しかし、左岸ルンゼ方向を探している。この右岸巻きがセオリーだと言うことを告げて、さっさと先に行かせてもらい、の上で小休止。

他2パーティもすぐに追いついてきた。まだはあるのかと尋ねられたので、この次のが核心で、シャワーを浴びるので、雨具を着た方が良いとアドバイスする。


P8235421.JPG
F3

腰を上げ、進むと目の前に F3 があった。既に4人パーティは取り付いていたが、時間がかかりそうなので中央をサクサクと直登し、追い越させてもらう。もちろん上部でシャワーを浴びる。水が強烈に冷たい(Co970)。

後ろはもう見えない。状の三連瀑 F4 に突入する。一段目は滑滝で特に問題なし。二段目のチョックストン左岸を巻く。三段目は直登した(Co1050-1070)。

小滝群を適当に直登していき、ピークのやや北側の稜線に出た。風が強く、肌寒い。ピークに着くと、二人パーティの方がすぐ居追いついてきた。

今回は楽古川に降りて北東面直登沢を登り返す予定だったが、明日以降の天気も怪しいし、この寒さで心が折れてしまった。悩んだあげく、今日はこのまま下山することにした。

4人パーティも到着し、下山を開始する。ピーク直下からすぐにおり始めると、右股のつもりが方向がおかしい。どうやら左股の右側らしい。他のパーティも着いてきてしまっていたので、すいませんすいませんといってのぼり返す。

少し西に移動して下降地点を再度確認する。ガスで方向がさっぱり分からないが、今度は間違いないだろう。

トレーニング不足のせいか、足が痛い。2人パーティの方はすぐ後を着いてくるが、4人パーティの方は途中で見えなくなってしまった。


P8235444.JPG
右股インゼルの

Co1040 のインゼンルのラッペルが必要かと思ったが、クライムダウン出来た。2人パーティはどうしようかと悩んでいるようだったので、下から見て右岸を巻いた方が早そうだと教えてあげる。

少し行くと、スラブ状のがびしばし出てくる。この連瀑帯は登るにはさほど難しくはないが、下るのはちょっと気を遣う。

Co750 二股からは河原をぶらぶらしながらのんびりと下山した。

Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.07