気になる支流シリーズ上アブカサンベ沢

ふ~ちゃん
目的
上アブカサンベ沢遡行
日程
2014年06月21日(土) - 23日(月)
山域
中日高

以前から気になっていた上アブカサンベからパンベツ山と、流域最高点である P1432 に行ってきた。 P1432 は、三角点すら存在しない無名峰であるが、流域最高点である事に敬意を表して仮にペンケアブカサンベ山と呼ぶこととする。

行程

2014-06-21
春別農屋線入口 C0
2014-06-22
春別農屋線~ペンケアブカサンベ林道~上アブカサンベ~パンベツ山~ Co640 C1
2014-06-23
C1~ペンケアブカサンベ山南東面直登沢~ペンケアブカサンベ山(仮)(P1432)~ペンケアブカサンベ山南西面直登沢~上アブカサンベ~ペンケアブカサンベ林道 下山

装備

  • ライフジャケット

2014年06月21日(土)

とりあえず、春別ダムへと続く林道の入口を確認する。幸いゲートは開いており、上アブカサンベの入口までは行けそうである。さて、この界隈でいつも困るのは、宿泊する場所である。道の駅や、公共トイレのたぐいが存在しないのである。

以前、シュンベツ川遡行した時は、御園館と言う施設の駐車場を利用させてもらったが、そのトイレは閉鎖されてしまっていた。隣にあるキャンプ場もどうやら整備されていないようだ。仕方なく、双川橋近くの河原に降りて車中泊をする。

2014年06月22日(日)

2014-06-22 パンベツ山
タイムレコード
時刻天候場所行動
03:30起床
05:35出発
06:50砂防ダム土場
10:45Co675 三股マダニ除去
12:45パンベツ山
14:40Co630C1
P6220207.JPG
橋を渡るとすぐに廃道状態だった

春別ダムへと向かう春別農屋線を進む。通行に支障はないが、若干わだちが多い。ペンケアブカサンベ林道入口前の広場に車を駐める。

自転車で一気に下りおり、橋を渡って少し登ると上アブカサンベ方面への分岐であるが、どうやら廃道の雰囲気である。自転車は役に立ちそうにないので、やむなくここに残置することとする。

道はやはり廃道となっているようで、上アブカサンベに出る手前の崖マークのところは、完全に崩落しており、崖のトラバースとなった。


P6220210.JPG
水路橋

上アブカサンベに架かる橋を渡ると、道は良くなり、車が通った形跡もある。どうやら、橋の架かっていない上流側の道からアプローチした方が良かったようである。

道が右岸から左岸へ遷るところには、春別ダムから高見ダムへ水を通す水路橋が架かっていた。道は一端すぐ近くで崩壊しており、いずれにしても自転車はあまり役には立たなかったようだ。


P6220213.JPG
ここから入渓する

地形図上の砂防ダム付近は土場になっていて、この先の道は荒れていそうなので靴を履き替えて残置する。案の定、カーブを曲がると道は崩壊していたのでここから入渓することにした。


P6220220.JPG
ゴルジュ

河原ゴルジュ状を繰り返すが、難しい部分は無い。ただ、水量はそれなりにある。それにしてもこの沢は以上にシカが多い。シカが引き起こす落石にも注意が必要そうである。


P6220223.JPG
ゴルジュ

里半出合の少し手前に大きなを持ったゴルジュが出てくる。右岸にとりつくと、まるで人が開削したかのような明瞭なシカ道がある。里半沢も状となって合流している。その先の屈曲部分もゴルジュ状である。


P6220231.JPG
それなりの変化

その後もまあそれなりに変化する相を通過していく。ブタ沢とは言えないが、特段に面白い部分も無い。下流は砂防ダムが有ったこともあってかほとんど魚影を見なかったが、上流に行くについれて魚影が濃密になる。ただし、見えるのは雑魚ばかりだ。


P6220232.JPG
直登沢出合

Co620 二股で合流する最高峰南西面直登沢ガレとデブリのだ。思っていたよりもあっさりと、パンベツ山直登出合に到着する。

時間が早いので、今日の内にパンベツ山にアタックしてしまうことにする。ここでちょっと首筋にかゆみを感じたので触ると、どうやらマダニに喰われてしまったようである。医薬セットを取り出し、手鏡を見ながらマダニを除去する。シュラフなどを残置し、パンベツ山に向かう。


P6220235.JPG
パンベツ山直登沢

パンベツ山北西面直登沢出合からブタの様相。徐々にガレが多くなり、 Co880 二股であっさりと伏流する。


P6220238.JPG
若干の雪渓

ここからはひたすら涸の詰めとなる。一部若干の雪渓も残っていたが、問題なく通過する。


P6220243.JPG
こちらは正しくない

Co1100 付近で、水流が復活し、上の方に函滝も見える。とりあえず腰を下ろし、一休みして周りを見渡すと、右の方にも谷筋が見える。

・・・ん?これは何かトラップの香りがするぞ。地形図をよくよくにらみつけると、ピークの北西方向に見える小尾根の途中から小さな沢形が出ているのが分かる。どうやら今居るのはこちらののようである。このままこちらを詰めると、ピークまで標高差100mほどの藪漕ぎになりそうだ。

尾根をトラバースし、右の谷に遷る。こちらは水流は無く、すり鉢状の草原が広がっている。草地を詰め、若干の笹藪を漕ぐと広い台地上ピークに出た。


P6220248.JPG
カムエク一八二三峰

三角点を探し、台地の端から端まで歩いてみたが、見つけることは出来なかった。ピークからは、一八二三峰カムエクなど、中日高の山々が一望できる。残念ながら一八三九峰は雲の中だった。

復路も同じルートを下る。 Co1110 の分岐は、やはり本谷は草原に隠されて、見落としやすい。


P6220255.JPG
イワナ

シュラフを回収し、少し標高を下げて Co630 付近に天張る。雑魚の魚影ばかり見えていたので、あまり期待していなかったがそこそこのサイズのイワナが釣れる。大きめの2尾を刺身に、小さめの2尾を塩焼きにしていただく。刺身にしたイワナのアラを煮込んでアラ汁にすると、出汁はあまり出なかったが皮がプリプリになって意外なうまさがあることを知った。

2014年06月23日(月)

2014-06-23 ペンケアブカサンベ山
タイムレコード
時刻天候場所行動
03:00起床
04:35出発
07:05ペンケアブカサンベ山(仮)
08:55天場撤収
14:20下山
P6230281.JPG
ずっとガレ

今日は流域最高峰を南東面からアタックする。三角点すら存在しない無名の山なので、仮にペンケアブカサンベ山と呼ぶことにする。

ライフジャケットとシュラフは残置して出発。パンベツ山直登沢出合を過ぎるとやはりこちらもブタの雰囲気。荒涼としたガレが続く。


P6230286.JPG
ルンゼになってきた

Co950 二股を左に進むと、狭いルンゼ状となるがやはり涸れている。この先もひたすらルンゼ状が続くが、難しい部分は一切無い。


P6230301.JPG
急な草付き

最後はバイケイソウしか生えていない急な草付きを何とか攀じり稜線に出る。頂稜部は意外に広く、シカ道が縦横に走っている。雲は昨日よりも多く、国境稜線の山々は見えない。


P6230307.JPG
ひたすらブッシュ

下りは南西面を利用する。読み通り頂上直下は笹と灌木のブッシュ帯が広がっており、筋は見いだせない。ひたすら滑る笹藪を駆け下りる。


P6230313.JPG

Co1180 でようやく水流のある左股と合流する。 Co940 二股はとなっており、慎重にクライムダウンする。

意外にもここから先は小滝の連続するとなっていた。下の方にはそれなりに大きめの滑滝も出てきて慎重にクライムダウンしていく。


P6230328.JPG
崩壊地

Co800 付近から下は右岸が大きな崩壊地となって、出合までガレとなる。装備を回収し、一息に下山する。自転車を回収するために、帰りも崩壊した崖のトラバースをしなければならないのが面倒だった。

雑感

上アブカサンベは、静内川水系の比較的大きな支流として、数年前から気になっていたが林道アプローチの問題などから計画が延び延びになっていた。実はもっとゴルジュな沢ではないかと思っていたが、それなりのゴルジュではあったが、思っていたほどワクワク感のある沢ではなかった。パンケベツやコイボクのアプローチが通行止めで難しいことから、パンベツ山へのアプローチとしてはそれなりの価値があるだろう。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.19