コイカクシュサツナイ川~コイカクシュサツナイ岳~ヤオロマップ右沢

ふ~ちゃん
目的
コイカクシュサツナイ岳北東面右股直登沢遡行
日程
2008年08月22日(金) - 24日(日)
山域
中日高

中ノ岳ノ沢の後、脱力状態になって次のへ向かう意欲がなかなかわいてこないが、早めに気持ちを切り替えて無理矢理にでも沢に行かないとこのまま沢の季節が終わってしまうような気がする。本当は今シーズン中にキムクシュベツ川シュンベツ岳西面直登沢などを片づけてしまいたかったが、これらのゴルジュを一人で突破する精神力は今の私にはない。今回はアプローチが容易なコイカクシュサツナイ川遡行し、コイカクシュサツナイ岳に登り、ここ数年の課題だったヤオロマップ右沢を下降した。ヤオロマップ右沢ルートルオマップ川ほどではないが泳ぐゴルジュの沢で、一人で下降するには十分に過酷な沢だった。

行程

2008-08-22
コイカクシュサツナイ川~上二股 C1
2008-08-23
C1~コイカクシュサツナイ岳北東面右股直登沢コイカクシュサツナイ岳コイカクシュサツナイ岳南東面直登沢ヤオロマップ右沢ヤオロマップ川上二股 C2
2008-08-24
C2~札内川二ノ沢乗越札内ヒュッテ 下山

装備

2008年08月22日(金)

タイムレコード
時刻天候場所行動
15:05出発
16:10上二股C1

いつものように天馬街道からコスモール大樹を経由してコイカクシュサツナイ川に向かった。出合の駐車スペースには2台の車が停まっていた。出発の準備をしていて、途中で酒を買い忘れたことに気づく。これはちょっとショックだ。

コイカクらしく水量は少ない。は中を通過した。1つ目の函は毎年埋まり方が変化しており、今回は出口部分が少しえぐれて腰まで水に浸かった。2つ目の函はいつも通り問題なく中をへつって通過した。

1時間ちょっとの行動で上二股に到着した。天場には誰もいないが、靴がいくつも木にぶら下がっていた。利用者の多い天場のため、薪はあまり豊富ではないが、周辺から集めて焚き火をたく。残された焚き火跡には、空き缶やアルミ箔、解けて固まったプラスティックなどがあった。今一度声を大にして言いたい、焚き火でアルミ缶もアルミ箔もビニールも燃え尽きることはないそこの登山者よ、焚き火でゴミを燃やすことは止めなさい。

天場からは明日遡行予定の北東面右股直登沢の悪そうなが見える。ここから見る限りは、とても登れそうにはなく、弱気になって逃げ出したい気持ちになる。こんな時は酒を飲んで心を落ち着かせたいが、今回はそれすら出来ない。

2008年08月23日(土)

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
05:30出発
06:45Co820
08:45Co1400
09:50コイカクシュサツナイ岳
11:20Co1230
12:45Co840 二股
15:00Co600 天場C2

コイカクシュサツナイ岳北東面右股直登沢

Co680 出合の滝[image/jpeg:303kB]
Co680 出合の滝は問題なく通過

昨日よりは気持ちが落ち着いた。覚悟を決めて出発する。右股直登沢は二段のとなって合流している。さほど難しくはなく、適当に直登して通過した(Co680-690)。と、朝のお勤めはちゃんとしてきたのに、お腹が痛くなったのでここで小休止。気を取り直して滑を進むと、ガレと流木の転がる河原に出た。右岸を少し開削して整地すれば快適に天張れそうである。


Co730[image/jpeg:298kB]
Co730 ガレの先に滝が出てくる
Co750[image/jpeg:293kB]
Co750 樋状の滝が続く
Co770 大滝[image/jpeg:298kB]
Co770 ハングした大滝

は右に曲がって深いの中にしばらくガレが続いている。函の奥にはがかかっており、ここからゴルジュとなる。は長いを持っており、濡れるのはいやなので右岸へつって通過した(Co730)。続く滝は左岸をへつって通過した(Co735)。小滝を通過して次の滝は左岸水際を直登した(Co750)。続く滝は釜をへつって右岸を直登した。滑滝をひとつ通過すると、函の突き当たりに大きな滝がハングして落ちてくるのが見える。

水量は多くないが、ここまで見事にハングしているはあまり見たことがない。周辺の壁もかぶり気味で立ち上がっており、さすがに取り付くことは出来ない。上部植生バンドを目指して、右岸側壁を攀じろうとしたが、垂直の壁にズルズルの泥つき、浮き石たっぷりで悪い。いったん下って、少しを戻って手前の滑滝上右岸カンテからよじ登ってようやく植生バンドに上がった。ハングした岩の下のバンドをトラバースし、更に草付きのバンドを慎重にトラバースしての上に出た(Co770-800)。


Co810[image/jpeg:323kB]
Co810 滝が続く

clip:(152176061,"Co815 左岸へつっていく")][clip:(152176062,"Co820 奥に長いが落ちているのが見える")

Co865 樋滝[image/jpeg:308kB]
Co865 ずっと岩の溝

この大滝の上は岩盤を削ったツルツルのの連続となっている。続く滑滝をペタペタと通過し、次の右岸側壁を直登、下部がハングした滝は左岸へつって直登した(Co800-815)。先の方にもの凄そうな滝が落ちてきているのが見える。おそらく昨日天場から見えた滝だろう。 1305 天場に突き上げるルンゼが左岸から合流する。

ずっとが続く、というか、連続した岩盤が削られた岩溝の中を突き進む。それほど難しい物はない。ツルツルに磨かれた樋状を左岸テラスから通過すると、左岸からこれも岩盤をくり抜いたルンゼが合流する(Co820-870)。


Co880 雪渓[image/jpeg:302kB]
Co880 雪渓の残骸が沢を埋めている
Co900-930[image/jpeg:301kB]
Co900 この右岸を一気に直登する
Co950[image/jpeg:287kB]
Co950 大きな滑滝がどんどん続く
Co1020[image/jpeg:284kB]
Co1020 左岸を直登

雪渓の残骸を通過すると、の規模は大きくなって突き上げ、いよいよ核心部かと思われた。手始めに右岸直登、更に右岸を直登する。スラブ上だが、順層ホールドは豊富、岩もきれいでフリクションが良く利き、思ったより簡単快適に直登していく(Co890-930)。

大きなはまだまだ続くが、思ったよりも傾斜がある滑滝状で、どんどん直登して高度を上げる。 Co1000 の右岸を直登したが、最後はちょっと難しかった。このエリア最後の滝は左岸を直登したが、上部がツルツルで、左岸植生へちょっと逃げてトラバースして滝の上に出た(Co1020-1040)。


Co1050 連瀑[image/jpeg:332kB]
Co1050 滝はまだまだ続く
Co1120[image/jpeg:332kB]
Co1120 函の先に滝が見える
Co1140 樋滝[image/jpeg:325kB]
Co1140 樋滝の先に雪渓が見える

は高い壁に囲まれ、はなおも続いているが、やや小振りとなる。地形図上では深い記号に囲まれ、下方からはまったく様子がまったくわからなく、逆に何かあるかと心配したが、直登したりテラスを通過した(Co1050-1120)。

は岩溝状となって更に深いとなる。再び核心の雰囲気である。小滝を通過し、左に曲がると、を持った樋状のが出てくる。泳ぎたくないので右岸テラストラバースして通過した(Co1140)。その先には深く大きな函に大量の雪渓が残っていた。


Co1180 雪渓[image/jpeg:327kB]
Co1180 大きな雪渓が残っていた
Co1200[image/jpeg:292kB]
Co1200 雪渓の先は絶壁に囲まれている
カク沢[image/jpeg:357kB]
カク沢は 100m からの断崖となっている

左岸を攀じって雪渓の上に上がった。かなり分厚く大きく残っている。この時期にこれだけ残っているとなると、10月になっても消えるとは考えられない。雪渓はカク沢が合流する所まで続いていた。

カク沢は落差 100m ほどの断崖となって合流している。本流は巨大な岩盤上を二手に分かれて、右岸側はルンゼ状に、左岸側はフェイス状を流れ雪渓の下に吸い込まれていた。雪渓から左岸側壁に飛び移ったかと思ったが、そこは右岸の流れと左岸の流れの中間のカンテであった。左岸のルンゼ状をシャワークライムで登り切った(Co1200-1280)。


Co1310[image/jpeg:359kB]
Co1310 コイ沢が手頃な滝となって突き上げている
Co1400[image/jpeg:357kB]
Co1400 ルンゼ状が続く

岩盤は更に続く、長い滑滝を通過すると、正面がルンゼ状になって突き上げ、コイ沢右岸から手頃なとなって落ちてくる(Co1310)。ここまで来ると谷も浅くなり、の規模も小さく核心は抜けたという雰囲気だ。足下には夏道から転がってきたと思われるゴミもいくつか落ちていた。

連続する小滝をどんどん通過し、右岸から合流するルンゼをやり過ごし、ルンゼ状のを通過すると、最後の分岐はやや大きめの岩盤となって落ちてくる。左岸のルンゼからトラバースして通過した。水の涸れた筋を詰めて、やがて藪の中に突入する。20分ほどわずかな藪を漕ぐと、夏尾根頂のやや南側に出た。

稜線

一八三九峰[image/jpeg:84kB]
一八三九峰が雲間に浮かぶ

夏尾根頂には青いテントがあった。稜線はガスに囲まれて周囲の展望はない。

本峰では、ハイマツが新たに苅られていた。おそらく他の天場が埋まっていてやむを得ず開削したのだろうが、他に方法がなかったのだろうか。こうやって登山者が増えるたびにハイマツが苅られていけば、日高の山はいつかハゲ山になるのではないだろうか。

雲間に一八三九峰が浮かび上がった。

ヤオロマップ右沢

Co1310[image/jpeg:352kB]
Co1310 左岸を高巻いた

稜線を南に少し下り、 Co1600 位からヤオロマップ右沢に下る。藪は意外と長く、 Co1450 付近でようやく明瞭な筋に出た。ルンゼ状の谷を下っていくと、ハングしたチムニー状のに出た。ラッペルしようにもいい植生が無く、はてどうしようかと一瞬途方に暮れるが、右岸によじ登り、植生を伝っていくとラッペルなしで下に下りられた(Co1310)。

は深い状となって急激に落ち、先が見えないので緊張するが、近づくとガレに埋められており、問題になる物はなかった。 Co1250 付近で沢が開けて、下方に広いガレの沢が見えてきた。


Co1250[image/jpeg:318kB]
Co1250 こんななんて事無い滝で滑った
コイカクシュサツナイ岳南東面直登沢直登沢出合[image/jpeg:315kB]
Co1120 直登沢が左岸から落ちてくる

ガレまでの最後のなんて事のないスラブ状のテラスを遠くの方を見ながら歩いていたら足がずるりと滑った。やべっと思った時は既に遅かった。体は止まらずそのままの下にジャンプ、勢い余って前のめりに一回転して受け身を取ってようやく止まった。距離にして 5m ほどだが、左手の平を強打、流血となった。気のゆるみは怪我の元。大きな怪我はないが、テンション下げ下げ。気が重いが先に進むしかない。


Co965[image/jpeg:287kB]
Co965 ゴルジュとなる

は深い状であるが、ガレが埋めている。左岸からは直登沢などのルンゼがいずれもとなって合流してくる。Co1070 を過ぎると、大きなチョックストンが出てきて左岸から高巻いた。ここから沢は一気にゴルジュとなる。 Co965 からを持った連瀑となっている。左岸から高巻くと、先行者の明瞭な踏み跡があった(Co965-940)。


謎のゴミ[image/jpeg:227kB]
なんだこのゴミは

これはどうでもいいネタであるが、途中で変なゴミを見つけた。はじめは稜線で使ったデポ旗などが転がってきたものかと思ったが、それは中国語のみが書かれたドラえもんの風船であった。誰かがシャレで稜線で使ったのかも知れないが、大陸から飛んできたのかも知れない。


Co880[image/jpeg:309kB]
Co880 ゴルジュが続く

ゴルジュの中の面倒な所はいずれも左岸踏み跡があった。曲がりくねるゴルジュを通過し、ヤオロの窓のとの二股に出た。二股には丹念に整地された立派な幕営跡があった。

ここから先は泳ぐ覚悟を決めて、ライフジャケットを着用して出発する。とはいえ、へつれる所は極力へつっていく。気温は低く、天気もさほど良くないので積極的に飛び込んでいくような雰囲気ではない。


Co805[image/jpeg:282kB]
Co805 泳ぐ
Co795[image/jpeg:293kB]
Co795 泳ぐ
Co790 函滝[image/jpeg:249kB]
Co790 雰囲気は!!!

ゴルジュはだんだん深くなっていき、上の方には巻いた様な跡も見えるが、泳いだ方が早そうな所は覚悟を決めてついに飛び込んでいく。寒い。もうちょっと太陽パワーがほしい所だ。部分的には!!!にも匹敵するような雰囲気もあって、この先ずっとこんな感じなのかと、だんだん怖くなってくる。一番悪そうな雰囲気の釜滝には左岸に残置シュリンゲがかかっていた。

何度かに浸かって、寒さと披露でいい加減、遡行図を取るのも嫌になってしまった。上部 1/3 から下流は記録を取らずにどんどん下ることにした。しかし、そこから下はさほどの悪さもなくなり、泳ぎもなくなった。 Co630 付近には良さそうな天場もあった。

上二股付近は長いプールが続くが、左岸テラスを通って難なく二股に出た。予定通り Co600 の天場幕営した。薪を集めて火をたく。相変わらず気持ちのいい天場だが、曇り空で気温も低く、酒もないのが残念でならない。空模様が怪しいので、もったいないけどツェルトに潜り込む。

2008年08月24日(日)

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:00起床
06:00出発
08:40コル
11:00道路
11:50コイカクシュサツナイ岳出合下山

案の定、夜中に断続的に雨が降り出した。もう一日早く出ていればもっと快適に山行を終えることが出来ただろうが、どうも今年は天気と気持ちと諸事情のタイミングが合わない。停滞が有れば停滞してしまいたいような気分だが、今回は停滞も持ってこなかったし、薪も残り少ないので渋々出発する。

歴舟川乗越

出発の頃にやんでいた雨も、断続的に降り続ける。乗越のは相変わらずデブリに埋められて汚い。はじめの左岸草付きバンドへつって登った。次のはヌルヌルが激しく、悪い。以前に下った時よりもヌルヌル度が増しているような気がする。普通なら、難なくフリクションを利かせて登れるであろうこの滝であるが、全然登れない。左岸にぶら下がっていた流木をよじ登って無理矢理越えた。三つ目の滝も良くない。滑の部分を避けて、誤魔化しながら登った。

いずれもとしてはそれほど難しいものではないが、何しろヌルヌルが酷くて困難な遡行であった。高巻くとしたら、左岸を大きく巻いてラッペルで降りなくてはならないだろうが、これだけ苦労して直登するよりも高巻いた方がいいかも知れない。

雨が強くなる中、いくつかの岩盤状を過ぎて、ガレガレの崩壊地に突入する。ガラガラと崩れて歩きにくい。出来るだけ藪を避けて、ガレを行ける所まで行ったが、尾根への取り付きがもの凄い急斜面で失敗だった。あきらめて早めに藪を漕ぐか、バイルを使ってダブルアックスで登った方が良さそうだ。

崩壊地沿いに笹藪を漕いでいく。大崩壊地の上部に出て、少し右寄りに行くと岩場とそれに沿うシカ道があったので利用させてもらい、コルへ出た。

札内川二ノ

札内川二ノへの下りの斜面はシカ道が縦横に走っている。これを利用して下っていくが、沢筋はいっこうに現れない。シカの蹄で耕された地面はズルズルと滑り、時々尻餅をついてキレそうになる。 Co850 付近でようやく隣の沢筋に出た。あとはサクッと道に出るかと思ったが、前回登った時には何ともないと思ったが、やはりヌルヌルが付いていて非常に苦労してクライムダウンした。この乗越を利用するなら、タワシを持って歩いた方がいいかも知れない。

んで

暗いトンネルをてくてくと歩き、コイカク出合に到着した。出発時に残置されていた車のうち一台はまだ残っていた。この人はヤオロベースで一八三九にアタックしたのだろうか。ヤオロからの下山なら、あと三時間後くらいの下山だろうか。

札内ヒュッテでノートを読んでいく。ここ数日、カムエク周辺で遭難騒ぎがあったようだ。山行の記録は、帯広労山の O さんのヤオロマップ右沢コイカクシュサツナイ岳南面直登沢(下降)~一八三九峰北面直登沢の単独行というのが目を引いた。ヤオロマップ右沢に残された踏み跡はこの人物だろうか。でも、もっと大人数のように感じたが。それにしても、先日のトヨニ岳北面直登沢の下降といい、帯広労山の人たちはピンを打ちまくっての下降を苦としないのだろうか。

Usertime : 0.12 / Systemtime : 0.08