近況

最近の日記

小楽古の沢でポケットモンスター?異常発生

ふ~ちゃん
RIMG2526.JPG
F4 ヌルヌルボロボロで直登できず右岸高巻き(835)

日帰りで周回できる南日高へ行ってきた。小楽古西面、楽古南東面共に三度目だが、前者はまだ雪渓の多い時期の遡行で、二度目はすぐに撤退していて雪のない状態を見るのは初めてだ。

~続きがあります~

誰も目を付けないだろう沢に巻き道を見て困惑するなど

ふ~ちゃん
RIMG2369.JPG
(1288)

静内川水系メナシベツ川にベニカルという支流がある。一八三九峰の南西の無名の衛峰 P1742 に突き上げる沢である。この山、一八三九峰南西稜上の小さな衛峰という扱いでほとんど誰にも見向きもされないが、実は同じ日高山脈中部のペテガリ岳ルベツネ山、それにコイカクシュサツナイ岳よりも標高は高い。たしかにすぐそばの一八三九峰の威厳には見劣りするが、単独で見た場合には悪くない山容である。そこに突き上げるベニカル沢も急峻で山頂まで一気に突き上げていて何かありそうである。お盆の一八三九峰の計画の偵察も兼ねて、この、おそらく他には誰も気にも留めないだろう沢に行ってきた。なお、一七四二峰と言われてもピンとこないので、当サイトではベニカル山と呼ぶことにしている。

~続きがあります~

番屋ノ沢だか沖村川だか知らんがブタ沢やんか

ふ~ちゃん
RIMG1870.JPG
カワガラスの巣(124)

昨年、北大山岳部の現役生が報告していた。「北海道の山と谷」の取材を兼ねて行ってみることにした。確かに、左股には顕著なゲジゲジがあって興味が引かれるが…。北大生は「番屋の沢」と称していたが、その根拠は不明。ここでは地形図通り「沖村川」の名称を使用する。

~続きがあります~

黄金ノ滝での出来事は幸運か不運か

ふ~ちゃん
RIMG1209.JPG
この小滝右岸から左岸にジャンプしようとしてに飲み込まれた(198)

石崎川は初版の北海道の山と谷には掲載されていたが、再刊版では記録が入手できなかったとのことで削除されてしまった。たしかに北海道の南の果てに位置し、アプローチする事も難しい上に、も長くて日帰りは難しく、ヒグマの巣窟である道南エリアで一泊せざるを得なくハードルは高い。その上、近年はアプローチに使う道道が通行止めとなってますます遠い沢となっていた。

~続きがあります~

精進川はとにかく中だるみが酷い

ふ~ちゃん
RIMG0596.JPG
(127)

何年か前から記録を目にした精進川に行ってきた。長いとは聞いていたが…

~続きがあります~

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.01