近況

最近の日記

日陰ノ淵はヒヨッコどもには早かった

ふ~ちゃん
P8160758.JPG
右岸にジャンプ

今回の一連の山行は、現役を狩場周辺のゴルジュ帯へ連れて行こうという物である。第二弾は須築への試金石とされる事が多い、ヒヤミズ日陰ノである。私自身は21年前に遡行しているが、その時はゴルジュ帯だけを通って湯ノ沢に乗っ越しているため、上流部は遡行していない。今回は日陰ノ淵から山頂までともくろんだが、折からの天候不順で水量も多く、経験不足の現役を引き連れての遡行は厳しい物があった。

~続きがあります~

千走川本流~狩場山

ふ~ちゃん
P8150657.JPG
泳いでとりつく

現役二人を連れて千走川本流に行ってきた。このは以前、タノオカとササオを連れて連れて賀老のの上から一つ目の函滝まで、昨年は下降に利用しているが、遡行で詰めたことが無かった。難しい沢ではないが、とりあえず一年ボウズの技量を見るには良いだろう。

~続きがあります~

台風が遅いので春別岳へ

ふ~ちゃん
P8100524.JPG
四段の

芦別岳の後、天気予報を確認すると、翌日も天気が持ちそうだったのでそのまま春別岳に行くことにした。

~続きがあります~

雨後の熊ノ沼沢

ふ~ちゃん
P8090448.JPG
登れそう

台風12号と台風11号の合間を縫って芦別岳の熊ノ沼に行ってきた。熊ノ沼沢は思った以上に枝沢感のある沢で、大雨の後にもかかわらず水量の乏しい沢だった。それでも核心部では普段よりも多いシャワーに翻弄された。

~続きがあります~

だから士萬山って何処だよ!

ふ~ちゃん
P7300096.JPG
右岸カンテ状からとりつき中央へ寄ってチョック下へ

士萬山とは、野塚岳西稜にあり、日高幌別川の支流シマン川の源頭に位置する山である。地形図などへの山名の記載はないが、三等三角点が設置されてる。この界隈のおおかたの遡行し尽くしたための、いわば重箱の隅をつつく様な計画だったが、6月に訪れた歳には増水もあって登れないがあったための再訪となった。

~続きがあります~

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.04