近況

最近の日記

登れない滝の謎

ふ~ちゃん
RIMG8032.JPG
(879)

このに行くのは二度目である。昨年も同時期に遡行を試みたが、核心のを越えられずに引き返している。心身の充実と天候の問題もあったろうと二度目の試みとなったが、今回も同じで引き返すこととなった。上まで遡行した人によれば!!クラスの沢という話もあるこの沢で何も出来なかった事に落ち込んでいたが、実はそこには裏があるのだった。

~続きがあります~

マイナー峰だけど侮れない直登沢

ふ~ちゃん
RIMG7921.JPG
大滝上部(718)

ニシュオマナイ岳は、中ノ岳神威岳の間に挟まれた無名峰の事であるが、日高に無数にある無名峰の中でも標高差が大きく、神威山荘からも正面に聳えて見える割と目立つ存在である。山頂部はなだらかでハイマツに覆われているが、周囲は深く切れ込んだルンゼに囲まれている。中でも南西面直登沢は Google Earth で見ても深い谷の中に岩盤の渓相が確認出来る気になる存在だった。

~続きがあります~

雪渓に阻まれてヌビナイ川右股往復

ふ~ちゃん
RIMG7862.JPG
七ツ(624)

今年の北海道内、ことに南日高雪渓が多くていくつものパーティが翻弄されているらしい。今回の山行はクマノ沢からトヨニ岳、日高幌別に下ってピリカヌプリへと巡る予定だったが、早々に雪渓に阻まれてルート変更を余儀なくされた。

~続きがあります~

オコツナイ川で濁流に追われ

ふ~ちゃん
RIMG7406.JPG
(285)

夏合宿の予備山行という名目でオコツナイ川に行ってきた。現役二人にはまだ少し早いかと思ったが、やはり少し実力不足が否めず、本山行に向けてやや不安が残る内容となった。

~続きがあります~

恵岱別川は高巻きの沢だった

ふ~ちゃん
RIMG7188.JPG
三段のに虹が架かる(406)

増毛山塊でもマイナーな恵岱別川に行ってきた。!!なのでもっとゴルゴルな沢かと思ったが、大滝高巻きが主の沢だった。技術的には!*と言われても納得するレベルの沢だ。それはさておき、久しぶりにスッキリと晴れ渡った山行だった。

~続きがあります~

Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.03