プリマモンテ北西面直登沢

プリマモンテ北西面直登沢のルート図
ルート名
プリマモンテ北西面直登沢
距離(km)
2.16
標高差(+m)
1070
標高差(-m)
2
行動時間(h)
5.0
グレード
函滝滑滑藪(10.00)
等級
3級
山谷
!!*
印象
( ̄ー ̄)

Co850 二股まではシュンベツ川を参照。

直登沢となる右股は両岸が高く切り立ったとなって合流している。奥にはチョックストンが懸かっている。このを越えるとしばらくは荒れた渓相で、ガレの中にいくつかの小滝が続く。滝を一つ高巻くと、シュンベツ岳西面直登沢との分岐となる。ここは河原が広がり、流木も多く良い天場となる。右股に進むとガレの先に滝が落ちてくるのが見える。ここからしばらくは滝が続き、このの核心となる。直登・高巻き共に極端に難しい物はない。 Co1200 二股の左股は 50m の大滝となって落ちてくる。地形図上で崖記号で囲まれた本流は、巨岩のガレで埋められている。早い時期には雪渓で埋められている事だろう。突き当たりで垂直の滝が落ちてくるが、これは正面のルンゼから越えられる。 Co1450 二股は巨大なスラブの滝となっている。これを慎重に越えると、しばらくはスラブの滝が続く。 Co1670 二股は主稜線に上がる左股の方が水量が多い。ピークに上がる右股は Co1800 付近からハイマツの藪に突入する。

それなりに楽しめるだが、長いアプローチでマイナーなピークに出るこの沢に価値を見いだせる人はそう多くないだろう( ̄ー ̄)

関連イベント

山行一覧 01~01(01件中)
山行名 開始日時 終了日時 山域
[沢・岩] プリマモンテ北西面直登沢遡行 このメッセージが表示されたコンテンツをご覧になりたい方は Twitter にて管理人にお知らせください。
Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.12