念願の一八三九峰南面直登沢

ふ~ちゃん
目的
夏合宿 一八三九峰南面右股直登沢遡行
日程
1992年08月21日(金) - 24日(月)
山域
中日高

行程

1992-08-21
室蘭~静内~ペテガリ山荘 C0
1992-08-22
C0~サッシビチャリ川一八三九峰南面直登沢出合 C1
1992-08-23
C1~一八三九峰南面右股直登沢一八三九峰南東面直登沢)~一八三九峰 C2
1992-08-24
C2~コイカクシュサツナイ岳コイカクシュサツナイ川~ピョウタンの 下山

メンバー

C.L
ごとー
S.L
ふ~ちゃん
M
いわした
M
いぐち

台風による一時撤退により、おやぶんの都合がつかなくなり、いわしたさん、いぐちさんが編入された。

1992年08月21日(金) 室蘭~ペテガリ山荘

タイムレコード
時刻場所行動
室蘭出発
ペテガリ山荘C0

台風の通過により、林道が荒れ、入山が遅れてしまった。今回はかじP号で山荘まで送ってもらう。林道は台風の影響でかなり荒れている。それでもなんとか山荘まで無事にたどり着く。梶原さんはいつもいつも、良くこんな荒れた道をちゃんと最後まで送り届けてくれると感心する。

本日は梶原さんも一緒に山荘でC0。山荘ノートには「さて、これから林道を歩こう」と、北大WVのつぶやきが記されていた。

1992年08月22日(土) ペテガリ山荘直登沢出合

タイムレコード
時刻場所行動
07:20サッシビチャリ川出合
08:05Co400入渓
10:20一八三九峰南面直登沢出合C1

梶原さんにサッシビチャリ川出合まで送ってもらい、別れを告げる。左岸にブル道が延々と続く。Co400のが東に屈曲するあたりで入渓。かつてはこのあたりまでも、険悪なが続いていたらしいが、今では東の沢ダムに呑み込まれてしまった。第3の函を右岸ルンゼから登り、大巻きする。程なく直登沢出合に到着する。

予想以上に早い到着。いわしたさんが入るだけで、パーティのペースが自然に上がる。ツェルトを建て、私が火を焚く間に、いわしたさんがルアーでイワナを7匹釣り上げる。

午後から私とごとーさんで直登沢の偵察に出発する。名物逆噴射のに感嘆し、左岸を通過。を持ったをひとつ左岸から巻いて下二股まで行く。帰りはこの滝をアプザイレンするために、ハーケンシュリンゲを残置した。

1992年08月23日(日) 一八三九峰南面直登沢遡行

タイムレコード
時刻場所行動
05:45出発
06:25下二股
07:30上二股
08:35Co1100
11:05Co1290 二股
12:15Co1470 二股
13:35コル
14:00一八三九峰C2

観光気分の遡行から核心へ

朝、出発しようとすると雨が降り始める。ツェルトをかぶって天気待ちをするが、晴れる気配はない。下二股までは昨日の偵察通り通過する。ハーケンシュリンゲを回収。左股は10mほどのだ。右股に入り、すぐに10mほどの滑滝が出てくる。右岸直登する。5mほどのを泳ぎ、10m滑左岸を直登、を持った滑滝は釜を泳いで左岸に取り付き直登。この滝で、泳ぐのを嫌って右岸を高巻いたいわしたさんが降り口を見つけられず、岩盤を滑り降りる。井口さんは釜に落ちて眼鏡を紛失してしまう。

Co820 の奔流となって吹き出る10mの右岸ガレを使って高巻く。雪渓の残る Co870 上二股からは長大な地形で、中にはいくつもが架かる。時期が遅いため、幸いにも中に雪渓はなく、それほど困難な場所はない。右岸のバンドを使って比較的快適に超えていく。

Co1030 で、左岸側壁からすだれ状に落ちるにでる。日高では、断層の関係か、本流が側壁から流れ落ちるような地形は比較的良くあるが、ここほど顕著で大規模な物は珍しい。50mの大岩壁を一気に直登する。このの不思議な地形は、上に上がってみることで更によく分かる。普通は、側壁状になって落ちる滝は、地層の層に交差して、元の水流と垂直落ちていくものだが、この滝は、断層と層に沿って流れ、元の流れと平行に走り、流れが曲がるのではなく、そのまま横に突然現れた断崖に落ちるような感じだ。この滝の更に奥にでも元の流れに滝が落ちている。音楽記号のナチュラル♮のような地形と言ったら分かり良いだろうか。とにかく変っている。

核心部

「北海道の山と谷」にある写真の滝[image/jpeg:87kB]
「北海道の山と谷」にある写真の滝

Co1140 で正面にどん詰まりの岩壁を見て、右岸から水量の多いが落ちる。30m2段となっており、下段はとっかかりの少ない滑滝で、上で緩やかになり、狭いチムニーに続く。滑を登ったところでメンバーを待たせ、わたしがザックのまま取り付く。チムニー内はもろに水流を受け、ヘルメットに水圧をもろに受け、呼吸すらままならない。手探りだけでホールドを探り、気合いで登り切る。チムニー自体はさほどの高さではないが、ここを落ちると、つるつるの滑を約20mほど落下することになる。さすがにちょっと危機感を抱いたので、ザックを降ろし、ザイルの用意をしていると、ごとーさんが登ってくる。「ザイル出します」と声をかけたものの、すでに水流に突入し、声が届かないようだ。必至に登り切ったごとーさんは、目を丸くしていた。よほど怖かったのだろう(苦笑)。もちろん、他の2名はザイルで確保して引き上げる。今考えれば、当然、ザイルでランニングをとるべき場所だが、当時私は全く落ちる気などせず、イケイケだったので、まるでそんな発想が出てこなかった。若いってすばらしい(瀑)。

つづく状の中に架かるつるつるの滑滝(おそらく、「新版山谷」にある写真の)は、右岸の側壁を斜上し、バンドに沿ってトラバースしての上に出る。ここで、ザイルを出そうとしたら、ハンマーハーケンがない。先ほどの滝の上に忘れてきたのだ。すぐにごとーさんが取りに戻ってくれ、ザイルで引き上げる。3人をザイルで確保して通過。 Co1250 二股の滝(現在は3股になってるらしい)は、右股のを登り、岩壁をへつって左股へうつる。ここを過ぎると、後は小さな小滝の連続である。B沢に負けず劣らずの量だが、不思議に飽きてこない。快適に直登していくと藪漕ぎもほとんどなく、東のコルに突き出た。

一八三九峰ピークはガスの中だったが、周りから枯れ木をかき集め、こぢんまりとながら焚火をしながら濡れた衣服を乾かす。

1992年08月24日(月) 一八三九峰コイカクシュサツナイ岳

タイムレコード
時刻場所行動
05:30出発
08:05ヤオロマップ岳
10:05コイカクシュサツナイ岳
12:25上二股入渓
14:25札内林道
17:20ピョウタンの下山

朝起きると、稜線にかかっていた雲が見る見るうちに下がっていき、日高山脈がその全貌を表す。太陽が一八三九峰に差し、我々の眼下に、巨大なピラミッド型の影ができあがる。

さわやかな秋の風を受けながらコイカクを目指す。ヤオロまでの稜線は意外と明瞭な踏み跡があり、思ったよりも楽に通過する。コイカクの夏尾根は既に満身創痍の我々にはキツい。膝をがくがくさせながら、黙々と歩き続ける。コイカクシュサツナイ川もノンストップで通過し、林道に出る。

あわよくばヒッチハイクともくろんだが、車通りが少なく、結局ピョウタンのまでひたすら歩き続けた。アスファルト路面になってからは膝にもキツく、太陽の照り返しも厳しい物があるが、当然のように既に水は捨てられている。やっとの思いでピョウタンのに到着し、タクシーを呼ぶ。帯広で帯広湯に浸かり、下山ビールでようやくのどを潤す。

Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.06