小田西川も茂津多コースも無駄に長い

ふ~ちゃん
目的
小田西川遡行
日程
2013年08月07日(水) - 08日(木)
山域
狩場山塊

道南ツアー第2弾。久しぶりの!!だが、実際には技術的には南東面直登沢の方が上だった。核心は下部の砂防ダム群と茂津多コース。

行程

2013-08-07
小田西川~Co590 C1
2013-08-08
C1~狩場山北面直登沢~茂津多コース~小田西川河口 下山

2013年08月07日(水)

2013-08-07 小田西川
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:30起床
06:45小田西川河口出発
07:45最終砂防ダムの上
12:00Co590C1

前日は千走川河口付近にある道の駅で車中泊した。日高や十勝方面の道の駅とは違い、夜間は非常に閑散としていた。

P8073647.JPG
右岸林道

小田西川河口に移動して、右岸林道入り口を確認する。入り口からイタドリが覆って車で進める状況ではない。左岸に移動してこちらの林道も確かめてみるが、荒れていて車で進むには躊躇する。下調べしていないので、に降りられるかどうか分からないので右岸の林道を歩いて入渓することにした。


P8073659.JPG
もううんざり

大きな砂防ダムを一つ越えてに降りる。先には巨大な砂防ダムが立ち並んでるのが見えて絶望する。

砂防ダムは途中までは数えていたが、イヤになって忘れてしまった。何でこんな小さなにこんなに大量の砂防ダムが必要なんだろうか。こんなに砂防ダムだらけにもかかわらず、時々魚影が見える。


P8073664.JPG
鉄骨の砂防ダム

コンクリートの砂防ダムが終わると、鉄骨に岩を詰めたダムが出てきたが、中身が飛び出して崩れ始めている。鉄骨をはしご登りで越える。

最後の砂防ダムの左岸には林道らしき物が繋がっていた。どうやら左岸林道を詰めるとここまで来られるらしい。ここまでワンピッチ、悪名高いパンケメクンナイの砂防ダム群など目じゃないくらいの砂防ダムの嵐だったが、林道を使えばショートカットできるらしい。


P8073667.JPG
砂防ダムの先は巨岩

砂防ダム群が終わると今度は巨岩帯となる。巨岩帯が終わると時々小滝が出てくる程度でこれと言った見所もなく河原が続く。


P8073678.JPG
こんなのが普通にいる

少し早いが、これ以上行くと魚が居なくなりそうなので Co590 で今日の行動は終わりにする。尺イワナがばんばん釣れる。身は刺身にして、骨はカリカリに焼いていただいた。

2013年08月08日(木)

2013-08-08 狩場山北東面直登沢
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:30起床
05:55出発
06:45Co790
07:55大滝
10:15狩場山
14:10茂津多登山口
17:15小田西川河口下山

天場を出て Co620 二股を右に入ると魚影を見なくなった。時々小さな小滝は見るが、しばらくはブタの様相だ。

P8083689.JPG
左岸シャワークライム

Co820 二股を右に入ってようやく1つ目のが出てくる。右岸から高巻けそうだが、左岸からシャワークライムで越えた。


P8083692.JPG
全て直登

ここから徐々に小滝が増えてくる。全て直登していく。


P8083696.JPG
奥に雪渓が見える

Co980 付近でが右に曲がると、奥の方に雪渓が架かっているのが見える。一見ツルツルに見えるも、細かいホールドが多く、快適に直登していく。


P8083706.JPG
イヤな雪渓だ・・・

Co1050 付近でルンゼ状の中に今にも崩れそうな雪渓が埋める様になる。左岸トラバースして通過する。


P8083709.JPG
涸れた大滝

大滝の下のスノーブリッヂが越えられず、一端に降りる。巨大なスノーブリッヂは今にも崩れそうで恐ろしい。水が涸れそうなので水を補給して右岸からスノーブリッヂを越える。そのまま大右岸のルンゼを詰めて高巻く。


P8083712.JPG
これは直登

の上は完全に涸れて水が流れていなかった。次の涸右岸直登する。階段状スタンスだが、プッシュホールドなどで攀じったりしてちょっとだけ恐い。


P8083714.JPG
最後はチムニー

さらに涸を一つチムニー状から直登して最後の詰めとなる。20分ほど軽くヤブをこいでピーク東の旧登山道に出た。


P8083719.JPG
長い登山道を下る

今日は本当は小田西川に下ってもう一泊する予定だったが、どの沢形を下っても雪渓の状態が悪そうだし、天気がイマイチなので茂津多コースを下る事にした。

「山谷」では廃道寸前と書かれている茂津多コースだが、きれいに苅り分けられて整備されている。それにしても、さすが道南、50mおきにクマ君の糞が落ちている。

さほど起伏のない茂津多コースだがさすがに10kmの道のりは長い。気温はどんどん上がり、水が乏しくなってきた。途中に一カ所水場が有ったが、とても飲めそうな代物ではなかった。

暑さもさることながら、キンイロアブが極めてウザい。払っても払ってもまとわりつくキンイロアブのしつこさはいろいろ居る吸血昆虫の中でもチャンピオン級だ。


P8083731.JPG
茂津多登山口

10kmの道のりを歩き終え、3時間半かけてようやく登山口にたどり着きへたり込む。しかし、登山道に出ても終わりではない。車がある小田西川まではまだ10kmあるのだ・・・

ザックをその場に残置し、水と貴重品だけを持って遠い小田西川を目指す。無心でトンネルをとぼとぼと歩く。トンネル内は涼しいかと思ったが、意外とそうでもなく蒸し暑い。


P8083732.JPG
小田西川河口

登山口から2時間半、休憩も入れて山頂からは実に6時間半かけてようやく小田西川河口に到着した。

翌日は遊楽部方面へ行く予定だったが、その晩からまさにその遊楽部山塊周辺には集中豪雨が降り、記録的短時間大雨情報やら洪水警報やらが出てどころではなくなった。あきらめて帰路についたが、その道すがらも国道が通行止めで迂回したりしつつようやく帰ってきたのだった。

雑感

小田西川は山谷では!!とされているが、途中にロープを必要とするところもなく、高巻きもさほど難しくない。下部の河原歩きが無駄に長いが、グレード!*として良いのではないだろうか。

Usertime : 0.19 / Systemtime : 0.35