トヨニ岳8の字周遊

ふ~ちゃん
目的
トヨニ岳北峰東面直登沢・南西面直登沢遡行
日程
2008年08月06日(水) - 08日(金)
山域
南日高

日高山脈核心部は未だ増水で遡行は困難であるため、全て経験済みのばかりだが、トヨニ岳周辺を周遊することにした。いずれも非デジタル時代に遡行した沢のため、新鮮な気持ちで遡行出来た。そして、以前の自分との実力差を思い知らされる山行にもなった。

行程

2008-08-06
豊似川二股~豊似川右股トヨニ岳北峰東面直登沢トヨニ岳 C1
2008-08-07
C1~トヨニ岳南峰西面直登沢トヨニ岳北峰南西面直登沢トヨニ岳トヨニ岳南峰トヨニ岳南峰南東面直登沢 C2
2008-08-08
C2~豊似川左股 下山

装備

  • クリマプレンパドリングロングスリーブ
  • クリマプレンパドリングタイツ

2008年08月06日(水)

タイムレコード
時刻天候場所行動
03:00起床
05:50二股駐車場出発
08:55Co660
13:50トヨニ岳C1

夜中、ブンブンとうるさい蚊と格闘していたら、車内の出っ張りに肘をぶつけて激痛が走った。糞ッ蚊め。

結局、増水のことと今後の予定を考えてキムクシュベツ川はあきらめることにした。今回はトヨニ岳をぐるりと廻ってくることにして、豊似川へ向かった。野塚トンネル北口に自転車を残置し、二股駐車場に車を駐車して出発した。

豊似川右股

やはり、はまだ水量が多いようだ。二股駐車場から一端沢に降りるが、対岸の林道に上がって林道を進む。林道は藪に覆われていて、徐々に廃道状態となった。

Co545 二段釜滝[image/jpeg:235kB]
Co545 前年より遙かに水量が多い

Co500 付近でに降りると、の中を大きな魚が泳いでいくのが見えた。 Co525 のはじめのは水量が多く、奔流して壺で爆裂している。瀑心に近づけず、右岸を小さく高巻く。 Co545 の二段の釜滝も昨年の水量とは全然違い、大量の水が流れている。一段目までは登ってみたが、奔流に吹っ飛ばされそうな感じで左岸に移れないので戻って高巻く。右岸側壁の微妙なバンドの草付きを高巻いた。

クリマプレンパドリングタイツは太股が少々キツい感じだ。確かに外からの水ぬれには強いが、保温性・防風性はイマイチな感じがする。

Co560 のゴルジュは難なく通過した。 Co585 の右岸へつって通過した。次の函滝は右岸バンドをへつって残置ロープをちょっと掴んだ。続く二股の左岸中間尾根に逃げて巻いた(Co590)。


Co640[image/jpeg:239kB]
Co640 右岸カンテを登る

Co600 付近の大きなを持った右岸テラスから高巻いた。去年雪渓があったあたりにも今年はかけらすら残っていなかった。 Co640 のは右岸カンテを登った。前年同様いくつもの滝を問題なく通過した。

Co800 三股手前のは、左岸バンドを斜めトラバースしてにおり、上段は水際左岸を直登した。

トヨニ岳北峰東面直登沢

Co800-850[image/jpeg:293kB]
Co800-850 大きなスラブ状の滝が待ちかまえている
Co870[image/jpeg:275kB]
Co870 中を行く

去年登ったカールへ向かう奔流して合流している。北峰直登沢の右股に進み、1つ目の滑滝右岸バンドから取り付いて水際を直上する。二段目の樋状を右岸のテラスから乗っ越し、三段目の大きな左岸直登したが、下から見るほどホールドは豊富ではなかった(Co800-840)。

続くも全て中を通過する。三段の函滝は、下段の樋滝はあえて中を行ってシャワークライムで通過。中段は左岸バンドへつって通過。上段は左岸直登するが、これは簡単だった(Co870 三段釜滝)。

日が昇って暑くなってきたので、クリマプレンの服を脱いでいつもの装に変える。なんだか足首が痛い。

しばらくガレが続き、幕営跡も見られる。ガレの中に時々が現れるが、特に問題はない。


Co1090-1140 大滝[image/jpeg:350kB]
Co1090-1140 大きな断崖の滝

Co1090 からの大滝は近くから見るとそれほど難しくなさそうだ。だが、実際に取り付いてみると逆層気味で微妙な部分もある。おおむね右岸直登した。一部右岸の植生に逃げたが、石が浮いていて怖かった(Co1090-1140 大)。

後は特に問題になる物もなく、ルンゼ状の小滝を通過していく。 Co1320 二股は、右の方が水量が多いが、コンパスは左を指している。とりあえず右に行くと、 Co1400 付近から藪に突入した。右岸の尾根に取り付き、靴を履き替えて左寄りに進んでいくと、ピークのやや南に出た。

稜線

ピークに付くと、帯広労山の二人パーティがいた。北面直登沢遡行し、そして同じ北面直登を下っていった。私は少し時間が早いがそのままピークで泊とした。しかし、この日は天気はいいが風が強く不快な夜だった。

2008年08月07日(木)

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
05:05出発
05:55トヨニ岳南峰
08:00トヨニ岳北峰南西面直登沢出合
09:45Co790
12:50トヨニ岳
14:05トヨニ岳南峰
15:00トヨニ岳南峰南東面直登沢 Co1000C2

ツェルトは何とか持ちこたえたが、一晩風に叩かれた。トレッキングシューズを履いて、南峰をめざす。下りは直登沢の一本北のルンゼを下ろうかとも考えていたが、悪そうな雰囲気が漂っている。普通に西面直登を下ることにした。

トヨニ岳南峰西面直登沢

Co1380 インゼル[image/jpeg:242kB]
Co1380 特徴的なインゼル
Co1300 ルンゼ[image/jpeg:286kB]
Co1300 ルンゼ状の滝もある
Co950 左ルンゼ[image/jpeg:257kB]
一本北のルンゼは滝となって合流

急傾斜の草付きを滑り降りると、すぐにガレとなる。不安定なガレが超鬱陶しい。インゼルの所は岩が出て水が出ているので、左岸から乗っ越す。その先はも出始めるようなので、ここで靴を履き替えた。

ルンゼ状のなども出てくるが、特に問題はない。不安定なガレが続く。 Co1190 付近のはちょっとクライムダウンが面倒だった。

後はひたすらガレを下って北峰直登沢出合に出た。ちなみに、一本北のルンゼは垂直のとなって合流していた。

トヨニ岳北峰南西面直登沢

S字ゴルジュ

Co630[image/jpeg:250kB]
Co630 手始めにS時の滝
Co650[image/jpeg:275kB]
Co650 左岸をへつる
Co660 樋滝[image/jpeg:235kB]
Co660 樋滝

この出合から険悪なゴルジュとなって、手応えのあるが詰まっている。はじめはS字に屈曲する小さな。これは問題ない。続くチョックストン右岸からはい上がる。一度失敗してドボンした。更にチョックを通過し、次の滝は左岸バンドを斜上し、へつって落ち口に出た(Co650)。

左に屈曲して樋状のが出てくる。左岸を行こうとしたが、水圧強く取り付けなかった。右岸の流木を使ってへつり、レイバックで斜上へつり。上部はフリクションで突破した(Co660 樋滝)。


Co675[image/jpeg:248kB]
Co675 6年前は直登してるが・・・
Co685[image/jpeg:267kB]
Co685 左岸カンテを登る
Co695 斜瀑[image/jpeg:247kB]
Co695 フリクションを利かせて登る

右へ曲がって垂直のが出てきた。6年前の記録では右岸直登している。確かに微妙クラックに沿ってホールドがありそうだが、とてもフリーで登れそうには見えない。本当にこれを直登したのだろうか。6年前のオレ、スゲーな。左岸カンテ高巻きに取り付いてみるが、の上部に下降する部分がツルツルで、に戻れそうにない。戻って右岸側壁に取り付く。こちらもあまり良くないが、岩間の草付きバンドを縫ってトラバースし、滝上の右岸のカンテからクライムダウンして沢に戻った(Co675)。

次の右岸直登を試みたが、行けそうにない。左岸カンテを巻き気味に登って通過した(Co685)。左に曲がって、斜瀑。右岸から取り付いて上部は微妙なフリクションで直登した。こののことは良く覚えている(Co695)。


Co715 函滝[image/jpeg:269kB]
Co715 ゴルジュの最後

小滝をいくつか越えて、次のチョックストン左岸側壁をトラバースした(Co710)。このゴルジュ最後の三段のは、三段目の左岸バンドをちょっと巻いてに下りた。前の記録では悪い巻きだったように書いているが、そんな感じの滝ではない。 Co690 付近の滝と記録の交錯が発生しているかも知れない。


Co745[image/jpeg:230kB]
Co745 ガッツリシャワー

険悪なゴルジュを抜けて、が右にくるりと向いて出てくる苔むしたは、右岸をガッツリシャワーで直登した(Co745)。

大滝

Co850-900 三段[image/jpeg:295kB]
Co850-900 シャワーを浴びながら登る
Co880[image/jpeg:241kB]
Co880 上部は快適に直登する

その先は高い状にガレが詰まっている。地形図では表現出来ていないの合流になっているようだ。 Co850 の三段のは水量が多く、しぶきがはじけて落ちている。これを直登の選択なのか?躊躇するが、覚悟を決めて右岸水際につっこむ。ばっちり水を浴びながらのシャワークライムだ。確かにホールドはあるが、誰だこんなの登るヤツ。って、オレか。最後は奔流で水流には入れないので外のホールドを求めて水流をまたいで一段目の上に出た。まったく、6年前のオレは狂ってる。二段目はツルツルで取り付けないので、左岸テラスに登って側壁トラバースして小さく巻く。三段目は右岸シャワーで快適に直登した。さらに四,五と小滝が続いているが、問題ない(Co850-900 三段)。

小滝

Co1000[image/jpeg:310kB]
Co1000 右岸から二本の滝が落ちてくる
Co1020[image/jpeg:401kB]
Co1020 連瀑となっている

Co1000 の大滝はシャワーを浴びつつ右へ左へルートをとって適当に直登した。 Co1100 付近で右岸から水量が豊富なが合流している。地形図には枝沢らしき物は見あたらないので、伏流した水が噴き出しているのかも知れない。

次のを登ると水は涸れる。そのうちまた出てくるだろうと思ったが、最後まで水は復活せず、水を補給し損ねてしまった。薄い灌木を漕いでピークに出た。

トヨニ岳南峰南東面直登沢

今日も稜線泊まりのつもりだったが、水を補給し損ねたので、に下るしかない。テントを回収して南へ向かう。今日二度目の稜線歩きだ。荷物は重いが二度目の方が何故か速かった。

とにかく水が出るまで下って適当な所でビバークしよう南東面直登沢へ下る。水はそのうち出てくるが、ビバーク適地はなかなか無い。 Co1000 付近で力つきて無理矢理天張ったが、ガレに埋められて、いつ落石につぶされても不思議でない所だった。

2008年08月08日(金)

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
06:15出発
08:35野塚トンネル北口駐車場下山

今日は下山するだけなので、のんびり寝ていようと思ったが、早々に目が覚めてしまう。寝ていても寒いので、起きて焚き火に火をつけ、日が昇るのを待ちながら出発の準備をする。脇の水流は一晩で目に見えて減水した。

に日が当たり始めてから出発した。5分も歩くともっと良さそうなビバークポイントがあった。は慎重にクライムダウンで下っていく。 F3 を下りた所で、単独のおじさんとすれ違った。 F1 の手前の壺ではあえて泳いでクリマプレンの実力を試してみる。うーん。役に立っているのかどうかよくわからん。

F1 を過ぎてしばらくすると、足下に魚影が走った。予想通り3ピッチで野塚トンネルに到着した。トンネルからは自転車に乗って、一気に下って二股駐車場に到着した。

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.04