中ノ岳北東面直登沢

中ノ岳北東面直登沢のルート図
ルート名
中ノ岳北東面直登沢
距離(km)
2.64
標高差(+m)
973
標高差(-m)
33
行動時間(h)
5.0
グレード
函滝滑滑藪(10.00)
等級
3級上(4級)
山谷
!!*!!!
印象
( ̄ー ̄;
備考
()内は支六ノ下部ゴルジュを含む。
中ノ岳北東面直登沢遡行図[image/jpeg:411kB]
中ノ岳北東面直登沢遡行図

Co565 上二股まではルートルオマップ川支六ノ沢を参照。

出合から岩盤状のだが、しばらくは容易な滑滝が続いている。 Co600 の直瀑左岸から高巻く。 Co700 でスラブ状の大きなが出てくる。右岸を慎重に登るが、スタンスは外傾して乏しい。このの上は細いゴルジュとなっている。そのまま続けて右岸から高巻く。更に Co770 に中段で奔流するツルツルの滝が出てくる。この滝を如何に通過するかがこの沢の核心である。この先は滑床小滝の続く易しい渓相が続いている。 Co950 から深いの中に滝が連続しているが、早い時期には周囲は雪渓に埋められている。突き当たりは右岸から巨大な滝となって落ちてきているが、快適に直登出来る。なおも岩盤状の沢を詰めて、藪が出てきても辛抱強く沢筋を辿ると、ほぼ直接ピークに飛び出す( ̄ー ̄;

参照

関連イベント

山行一覧 01~02(02件中)
山行名 開始日時 終了日時 山域
[沢・岩] 中ノ岳ノ沢遡行 2008年08月13日(水) 16日(土) 南日高
[沢・岩] ペテガリ沢C沢・中ノ岳北東面直登沢遡行 2004年08月01日(日) 03日(火) 中日高
Usertime : 0.14 / Systemtime : 0