薄氷の三峰山沢とアバレ川

ふ~ちゃん

のシーズンも終わりにさしかかり、十勝連峰の比較的簡単な沢に行ってきた。日高の沢とはまったく趣の違う渓相もたまには良いだろう。もう何本か簡単な沢に行こうと思っていたが、結局これが今シーズン最後の沢となった。

2013年09月28日(土) 三峰山

目的
三峰山沢遡行
日程
2013年09月28日(土)
山域
十勝連峰
2013-09-28 三峰山沢
タイムレコード
時刻天候場所行動
05:00快晴起床
06:50バーデンかみふらの出発
07:40九重ノの下
08:50華雲ノの上
10:40富良野岳
11:55三峰山左股入渓
12:15雄鹿ノの上
13:45バーデンかみふらの下山

前日は国道237号線沿いにあるかみふらの見晴台の駐車場で車中泊をした。ここはワンセグの電波も入る。

P9285141.JPG
吹上温泉のトイレ

翌日は一端吹上温泉まで行って出発の準備をする。トイレ前の看板には、車中泊は一泊500円との掲示が。なんだそのシステム。


P9285157.JPG
九重のが見えてきた

バーデン前に駐車して出発。砂防ダムよりに降りてしばらくは左岸の作業道跡を行く。巨大な砂防ダムを越えると二股となって、右股の奥に大きなが落ちてくるのが見える。


P9285165.JPG
九重の1段目
P9285185.JPG
九重の
P9285187.JPG
凍り付いた岩肌

赤い岩肌の九重ノ直登。数段の滑滝で、特に難しくはない。下から見えていた部分を過ぎても更に連瀑が続く。上部では一部岩肌が凍っていた。


P9285211.JPG
月と華雲ノ

更に赤い岩肌の小滝群を越えていくと、二つ目の大滝華雲ノとなる。こちらも直登しようかととりつくが、岩肌はほぼ凍り付いていてツルツル。とてもじゃないので登れないので左岸から高巻く。

この先は十勝連峰らしい荒涼とした景色になる。多くのパーティは Co1550 二股から左股に入って登山道に上がっているらしいが、右股に入ってピークを直接目指す。


P9285229.JPG
Co1630

Co1630 を左に行くと草や木が氷に覆われていた。の傾斜はぐんぐんきつくなり、稜線直下はほぼ垂直の崖。何とかよじ登り、ピークより若干北側の稜線に出た。


P9285260.JPG
十勝連峰

天気が良いのでピークはたくさんの人で賑わっていた。靴を履き替えて登山道を下る。左股に出てふたたび靴を履き替えてに下る。


P9285280.JPG
雌鹿ノ

すぐに雌鹿ノ左岸から高巻く。


P9285291.JPG
雄鹿ノ

更に進んで雄鹿ノ左岸に捨て縄がかかっているが、岩が脆そうで体重を掛けたら崩れてくるんじゃないかという気がする。右岸にも捨て縄がかかっていたが、30mロープでは届かない。右岸をしばらく高巻いて降りると更に捨て縄があったのでそこからラッペルする。

そこから先は特に何もなく二股の砂防ダムに出た。

吹上温泉で汗を流し、美瑛の町まで一端降りて翌日の準備をして白金温泉に戻る。車中泊に良さそうな場所を探したが、観光案内所前の駐車場ぐらいしかなかった。

2013年09月29日(日) アバレ川

目的
アバレ川遡行
日程
2013年09月29日(日)
山域
十勝連峰
2013-09-29 アバレ川
タイムレコード
時刻天候場所行動
05:00起床
06:20出発
09:25勝瑛ノの下
12:00美瑛岳
13:35大滝の上
17:20下山

アバレ川左岸沿いの遊歩道入口の駐車場に駐車。しばらく遊歩道を進んでからに降りる。しばらく砂防ダムが続いているので、右岸の作業道を利用しながら進む。

P9295313.JPG
インゼルの陰から現れた
P9295321.JPG
ひょんぐり
P9295344.JPG

Co830 で岩陰に隠れたが出てくる。はおおむね平坦で、時々ひょんぐりする滑滝が出てくる。難しい物は一切無く、完全に初心者向けの沢。分岐も少なく、正確な読図は無理。


P9295401.JPG
勝瑛ノ

Co1250 二股付近から砂礫の埋めるとなる。先には勝瑛ノが見えてくる。右岸から高巻いてハイマツを少し漕いで沢に戻る。小滝をいくつか過ぎて登山道と交差する。


P9295435.JPG
ポンピ本谷

大概はここから登山道に抜けるが、今回はこのままを詰めることにする。沢はひたすら砂礫の埋める平坦な沢。周囲は美瑛岳火口壁の急が崖で囲まれ始める。


P9295454.JPG
ポンピ本谷大火口原

Co1690 から右のを詰めて Co1890 のコルに出た。 Co1850 までは水があった。靴を履き替えてピークへ。


P9295473.JPG

下りは涸川へ下る。谷に入るとすぐにお椀状の涸が出てくる。クライムダウンしたり小さく高巻いたりして下る。


P9295485.JPG
大滝

地形図上の記号の涸大滝は数段になっていて下が見えない。左岸から高巻いてラッペルポイントを探すが、あまり良い場所はない。無理矢理2ピッチで下った場所は何もない急なザレ地で、転がるように滑り降りて何とか沢底に降りた。この沢を下るには30mロープ1本では足りなかった。


P9295490.JPG
が続く

この後はたいした物は無いのだろうと高をくくっていたが、いちいち処理の面倒ながばんばん出てくる。下るではなかった。

ようやく砂防ダムに出たところで右岸の作業道に上がり、すぐに林道に出た。

作業道はアバレ川方向にも続いていたが、アバレ川の付近は廃道化となっているようなので、少し遠回りだが登山口方向へ進んで駐車場へ戻った。

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.08