中広尾川~広尾岳

ふ~ちゃん
目的
広尾岳東面直登沢遡行
日程
2009年07月05日(日)
山域
極南日高

少し出遅れたが、今年ようやくはじめてのへ行って来た。が、予想通り足慣らしにしてもちょっと物足りないルートだった。予定通り1ヶ月前なら雪渓も残ってちょうど良かっただろう。

行程

2009-07-05
広尾川広尾岳東面直登沢広尾岳広尾岳南東面沢中広尾川

2009年07月05日(日)

2009-07-05 広尾岳
タイムレコード
時刻天候場所行動
06:50出発
07:45Co580
08:50Co935
10:10広尾岳
13:55下山

前日は大樹の道の駅で車中泊をした。広尾には落ち着いて車中泊を出来る所がないからだ。しかし、大樹の道の駅の待合室は以前は解放されて自転車やバイクの旅行者が寝泊まりしていたが、今は夜間施錠されていた。世知辛い世の中だ。

セイコーマートはまだやっていないので、広尾のセブンイレブンでカップ麺を食べて林道へ。中広尾川林道は地形図よりも更に延びて Co330 付近まで続いていた。ブル道は更に延びているが、藪に覆われているのでここで入渓する。

広尾岳東面直登沢

滑床となった本流に左岸から大きな滑滝が合流してくる。よく見ると右岸にはブル道の跡らしき物がある。
直登沢出合滑滝だった

何の変哲もない河原が続く。所々に小さな滑もあるがこれといったものではない。 Co400 の直登沢滑滝となって合流している。これはなかなかイケるかなと期待をふくらませて直登するが、なんとの横にはブル道が平行し、更に上流まで延びていた。すごいがっかりだ。

このブル道は少なくとも Co600 付近までは延びていると思われる。 Co550 の三股付近には雪渓の残骸が残っていた。 Co620 は変則的な二股となって、正面にガレを見て右の小滝を登ると、左から苔むしたの沢が合流している。

沢筋は笹藪の中に消えている。
は藪の中

本流に進むといくつか小滝が出てくるが、ほぼ記憶にない。水は Co750 付近で早々に涸れる。 Co780 では藪に覆い隠されているが、地形図通りに右へ進む。谷筋はダケカンバとシダの薄い藪になっている。ひたすらシダの斜面をよじ登りピークに出た。

広尾岳南東面沢

コルに向けて稜線を下る。所々藪が濃いが、北側を歩けばシカ道が発達している。コルまで下るのがかったるいので、適当な所から斜面に入る。こちらもダケカンバとシダの薄い藪だ。特に濃い藪漕ぎもなく Co900 付近でに出た。

落ち口はハングし、垂直に落ちる滝。左岸を巻いて降りた。
ハング左岸巻き

こちらも単調な渓相が続くだろうと思っていたが、意外とちゃんとしたが出てきた。 Co670 にはハングしたがあってなかなか立派。左岸から巻いて降りる。この下には雪渓が残っており、左岸から通過。Co620 にはまた大きめの滝があって右岸から高巻いた。

ここから先は一気に単調なとなる。途中で適当に釣り竿などを垂らしてみるが、小さなエゾイワナしかかからないので皆リリースして下山した。

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.08