戸蔦別川六ノ沢~伏美岳

ふ~ちゃん
目的
戸蔦別川六ノ沢~伏美岳遡行
日程
2007年07月09日(月) - 10日(火)
山域
北日高

行程

2007-07-09
戸蔦別ヒュッテ C0
2007-07-10
戸蔦別林道~戸蔦別川六ノ沢伏美岳南面左股直登沢伏美岳伏美岳南面右股直登沢~戸蔦別林道 下山

2007年07月10日(火)

2007-0710 伏美岳
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00カタルップ沢出合起床
06:15出発
07:55Co1020 二股
10:15伏美岳
14:30カタルップ沢出合下山

昨日はポロシリ自然公園で車中泊だった。今朝、管理棟の前で朝飯を食べていたら、窓ガラスに小鳥(コルリ幼鳥?)が激突して死んでしまった。朝から縁起が悪い。今日は天気が回復する予定だが、空は雲に覆われている。

クマの足跡[image/jpeg:149kB]
私の足とあまり変わらないクマの足跡
砂防ダム[image/jpeg:149kB]
ダムから泥水が流れ出している

車はカタルップ沢出合まで入れる。本流を見ると、なにやらやけに水が濁っている。そんなに雨は降っていないはずなのに、なぜだろう。カタルップ沢に架かる橋の上には、真新しいヒグマの足跡が残されていた。大きさから行って小熊だろう。川の水が濁っている理由は、砂防ダムまで行って判明した。砂防ダムはここしばらくの少雨のせいか、干上がりかけて湖底の泥が渦を巻きながら、排出されているためだった。

いつものように藪と化した林道跡を進む。六ノ出合を過ぎて適当なところ沢に下る。出合付近の川岸は立っていて、直接降りることが出来ないため、少し上流方向へ向かってから降りた。

戸蔦別川六ノ沢

六ノ沢[image/jpeg:149kB]
ゴミゴミした川
伏流[image/jpeg:146kB]
伏流した河原

六ノ出合はゴミゴミして、水流は幾筋かの小さな流れに分かれて本流に注いでいる。広い河畔ゴーロが続く。流れの中には魚影が豊富だ。水量は少なく、やがて伏流となるが、水流が復活すると、流れの中には再び陸封されたオショロコマが泳いでいた。妙敷山西面に向かう沢の出合は、広い河畔と藪と少ない水量でわかりにくく迷いにくい。荒れた渓相はこのまま Co1020 二股まで続く。

周囲はすっかりガスに覆われてしまった。 Co1020 二股は左股がとなって合流し、右股は状になっている。右股には今にも崩れ落ちそうなスノーブリッヂがかかっている。こいつの処理がめんどくさそうなので、とりあえず左股に進むことにする。

伏美岳南面左股直登沢

Co1020-1040 滝[image/jpeg:146kB]
まずは出合の滝を直登
Co1090 二股[image/jpeg:142kB]
崩れたての雪渓
Co1090-1140 滑滝[image/jpeg:148kB]
長い滑滝

まずは出合の 20m を直登する。小さなをひとつ越えて、 Co1090 二股には今さっき崩れたような雪渓の残骸がある。この二股は両方となっている。右股の水流の中を直登していく。多少ヌメってはいるが、なかなか快適である。この滝は濃い霧の先で二~三段に分かれつつ、左にカーブしながら延々と続き、結局高度差 50-60m ほどの長い滝となっていた。


Co1160-1200 滑滝[image/jpeg:149kB]
また長い滑滝
Co1210-1250[image/jpeg:147kB]
長い滑滝が連続する
Co1260[image/jpeg:163kB]
気持ちよくシャワーを浴びて登る
札内岳[image/jpeg:137kB]
まだ雪渓の多い札内岳

小さなを挟み、 Co1160-1200 に再び長い滑滝が続く。更に Co1210-1250 までも長い滑となっている。この滝を過ぎたあたりから、空が明るくなり、後から太陽を浴びる。気持ちよくシャワーを浴びながら、 10m ほどの滝を登る。更に小滝を快適に超えていく。背後には札内岳の美しい姿が見える。


Co1420[image/jpeg:148kB]
水量の少ない沢
源頭[image/jpeg:148kB]
急斜面のお花畑

Co1340 二股は左の方が水量が多いが、右股に進む。は相変わらず岩盤状が続くが、水量が少なく、鬱蒼としてちょっと不快だ。 Co1450-1500 付近にはまた長いがある。沢は岩盤状からやがてガレ気味になって、 Co1600 過ぎたあたりでブッシュに突入していく。沢筋のブッシュは薄いが、急斜面のお花畑なのでむしろ歩きにくく、適当に尾根に逃げる。最後は左の方へ向かうと、ピパイロ岳への縦走路に出た。

十勝平野は雲に覆われているが、ピークは太陽を浴びて暖かい。小一時間ほど昼寝をしてから、右股に下る。

伏美岳南面右股直登沢

源頭[image/jpeg:147kB]
こちらも急斜面のお花畑

右股源頭は濃密なハイマツを過ぎると、急斜面のお花畑となっている。右股は左股以上にとっかかりがなく、歩きにくい。筋は Co1600 より下でようやく現れる。 Co1400 付近までは多少の岩盤状も出てくるが、ガレ気味である。


Co1300[image/jpeg:147kB]
滝が出てきた
Co1230[image/jpeg:148kB]
ハングしている滝
Co1130[image/jpeg:147kB]
大きなかぶり気味の滝
Co1070-1110[image/jpeg:100kB]
逆走気味の大きな滝

は Co1400 付近から岩盤状になってくる。はじめは特に問題がないが、下に行くほど面倒な物が増えてくる。 Co1230 のハング気味で左岸を巻いて降りる。 Co1130 の大きなもかぶり気味で、右岸を巻く。 Co1070-1110 付近の大きな滝は、クライムダウンしたが、逆走気味で少々緊張した。


スノーブリッヂ[image/jpeg:148kB]
この不安定なスノーブリッヂが・・・
崩れたスノーブリッヂ[image/jpeg:149kB]
蹴ったらこうなった

の中のを二つほど降りると、例の危なっかしいスノーブリッヂに出る。下をくぐるにしても、巻くにしてもかなり危なっかしい。試しに角を一蹴りしてみると、ズンッと言う音がしたので、もう二度ほど蹴ってみると、ズドーンと言う轟音をたてて崩れ落ちた。

このは、左股はすっきりした滑滝が多く、右股は左股より角度のあるが多い。更に右股は上部の沢筋が不明瞭で、藪漕ぎが長い。登るにしても下るにしても、左股の方がよいだろう。

再びブタの六ノ下流域を歩き、明日の妙敷山南西面直登沢出合を確認して、砂防ダム湖から枝沢を登り返して、林道に出た。

戸蔦別ヒュッテに行き、ピリカペタヌ沢で釣りをする。あまり期待していなかったが、意外と方の良いオショロコマがつれたので、そのまま戸蔦別ヒュッテに泊まることにした。

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.16