雲知来内沢~雲知来内岳~カシコトンナイ川

ふ~ちゃん
目的
雲知来内岳西面沢遡行
日程
2007年06月13日(水)
山域
北日高

行程

2007-06-13
雲知来内沢雲知来内岳西面沢雲知来内岳カシコトンナイ川

2007年06月13日(水)

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00道の駅起床
08:20出発
11:35雲知来内岳
14:45下山

雲知来内沢

出発[image/jpeg:148kB]
ここから出発
砂防ダム[image/jpeg:148kB]
砂防ダムは右岸にブル道がある

とりあえず前回と同様、畑の脇に車を置かせてもらい出発。林道終点まで進み入渓する。途中の砂防ダムはセオリー通り右岸の作業道後から巻いていく。

雲知来内岳西面沢

Co670-680 F1[image/jpeg:147kB]
この滝は見た目より3倍難しい

Co670 のまでは何もない河原ガレ。この F1 は右岸から落ちてくる。ちょっとつるっとしたところもありそうだが、直登するのはそれほど問題ないように見える。しかし、いざ取り付いてみると、確かにホールドは豊富だが、岩にはヌルヌルが付着し、その上つかんだホールドがボロボロと剥がれてくる。スタンスとホールドをクリーニングしながら慎重に登りきるが、上の方はつぶつぶホールドのおまけ付きで、見た目より3倍難しかった。


Co700-720[image/jpeg:147kB]
ちょっとしたゴルジュとなる
Co730[image/jpeg:147kB]
ヌルヌルのおかげで際どい
Co730[image/jpeg:148kB]
きれいではないが結構楽しめる
アミヒラタケ[image/jpeg:147kB]
なんだこのキノコは

F1 の先はちょっとしたゴルジュ帯となって、いくつかのが続く。ひとつひとつは決して難しいようなものはないのだが、なにせヌルヌルのせいで微妙な登攀を強いられる。適当に小滝を楽しみながら越えて行くと、ゴルジュ帯を抜けて幅が広がり、ガレが溜まっている。その中にあった枯れ木からあまり見覚えのないキノコが出ていた。少し持ってかえって調べたら、(多分)アミヒラタケと判明。


Co800[image/jpeg:147kB]
また滝が出現
Co820-840[image/jpeg:147kB]
Co850[image/jpeg:147kB]
滑滝

Co800 から再びが連続する。二つ三つとを越えると、水量はぐんと少なくなり、 Co900 付近では左岸が崩壊し、底はガレで埋められている。涸れたブタ沢を詰めてやがて笹藪に突入。ピーク北西の稜線に出た。

カシコトンナイ川

妖怪ヌルヌル[image/jpeg:145kB]
実体化した妖怪ヌルヌル

下りは去年登ったカシコトンナイ川を使う。途中のの下りは思っていたよりも難しかった。ヌルヌルも付いてるしね・・・。大滝は去年の登りと同様左岸を巻いて、の途中に出るが、よくよく見たら、右岸のリッジを大きく巻いた方が良さそうだ。

こののヌルヌルはしたに行くほど強くなっている。沢の流れの中心は実体化した妖怪ヌルヌルで黒い帯になっている。ここは海苔の養殖場かって感じ。

林道との交点は激しく崩壊していた。崩れた斜面をよじ登り、林道に上がる。灼熱の太陽を浴びながら林道を歩き、下山する。林道も長いし、なんだかんだで結構時間がかかった。去年使った北西面のの方が早いかなぁ。

Usertime : 0.1 / Systemtime : 0.05