日記の検索 [タグ:日高山脈 小楽古西面直登沢] 01~03(03件中)

小楽古の沢でポケットモンスター?異常発生

ふ~ちゃん
RIMG2526.JPG
F4 ヌルヌルボロボロで直登できず右岸高巻き(835)

日帰りで周回できる南日高へ行ってきた。小楽古西面、楽古南東面共に三度目だが、前者はまだ雪渓の多い時期の遡行で、二度目はすぐに撤退していて雪のない状態を見るのは初めてだ。

~続きがあります~

メナシュンベツ川~小楽古

ふ~ちゃん
オオバキスミレ?[image/jpeg:114kB]
キスミレの仲間

楽古山荘にベースを置いて南日高のいくつかのに行って来た。これはそのうち、小楽古に行ったもの。天気予報では晴れる予定だったが、霧の中の山行となった。下降では滑って転んで、去年痛めた右手中指の関節を再び痛めてしまった。

~続きがあります~

メナシュンベツ川の偵察

ふ~ちゃん
目的
メナシュンベツ川偵察
日程
2015年06月23日(火)
山域
南日高

2015年06月23日(火)

2015-06-23 メナシュンベツ川

今日は楽古岳南面を遡行するつもりだったが、微妙な天気。とりあえず行けるところまで行ってみる。

ひたすらガレを詰めていくと、800mを過ぎたところで雪渓が出てきた。視界も悪いのでここで引き返す。

小楽古西面ものぞきに行く。すぐに崩れた雪渓が出てくる。 F1 は右岸直登。 F2 は下部を直登するが、上部はヌルヌルでいやらしいので結局右岸のルンゼに逃げて高巻いた。少し行くとやはり雪渓で埋められていたので、ここで引き返す。

途中から釣りをしながら下る。魚影は時々走るが、当たりは悪く、結局登山口の下で2尾をつり上げただけ。

貸し切りで早い時間から寝入っていたが、8時頃におじさんがひとりやってきた。翌日は朝から雨で、登らずに撤収。

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.12 / Systemtime : 0.01