日記の検索 [タグ:余別川122点沢] 01~03(03件中)

余別川で満身創痍になって下山したら・・・

ふ~ちゃん
大滝[image/jpeg:236kB]
大滝

現役1年生3人を率いて余別川水泳大会に行って来た。当初、夏合宿の予備山行として計画されたが、結果としてメンバーは誰1人夏合宿には参加せず、予備山行としての意義はなくなってしまった。この山行自体いろいろあったのだが、下山後の事件の方が大きくて印象が薄れつつある。

~続きがあります~

51点沢右股はヤブがキツいだけだった

ふ~ちゃん
目的
夏合宿 余別川51点沢遡行
日程
1992年07月27日(月) - 30日(木)
山域
積丹山塊

行程

1992-07-27
室蘭~余別 C0
1992-07-28
C0~余別川~51点~Co380二股 C1
1992-07-29
C1~珊内岳~122点出合 C2
1992-07-30
C2~余別川~余別 下山

メンバー

C.L
ごとー
S.L
ふ~ちゃん
M
おやぶん

1992年07月27日(月) 移動日

タイムレコード
時刻場所行動
室蘭出発
14:00余別海岸C0

電車とバスでデンコデンコと余別へ。海岸にツェルトを張ってC0。近所の店で水を分けてもらう。なんて、図々しい奴らだ。ツェルトに入ってから、ぽつりぽつりと始まる。少々の不安。

1992年07月28日(火)

タイムレコード
時刻場所行動
04:00出発
08:3051点出合ナニ
14:00Co380二股C1

余別林道をすたすたと進む。林道終点のゲートで、よねやさんパーティの2台の車を発見。廃道と化した林道跡を生い茂る草をかき分け、余別川に出る。

わらじに履き替え、51点出合まで、いくつかのを泳いだり、へつったりして進む。出合では例によって、3時間ほどナニにいそしむ。去年のいわしたさんのモノが激しかったせいもあって、納得の出来るほどの成果はない。

25mまで、昨年同様レッツ直登のあるで、ごとーさんの「巻き」指示があったにもかかわらず、私一人泳いで取付き、直登して、怒られた記憶がある。しかし、ここで楽しまねば、どこで楽しむ。セオリー通り、25mを左岸巻きし、Co350の滝を左岸巻きし、Co380で幕営とする。

1992年07月29日(水)

タイムレコード
時刻場所行動
04:00起床
05:25出発
07:50Co830二股
09:35珊内岳
15:00122点出合C2

天場を出て、すぐのはこれまたセオリー通り、右岸を巻き、アプザイレンで下降。Co400二股から予定通り左股をすすみ、40m大滝

赤岩での特訓の成果で、余裕があるのか、この2段のを眺め、1段目はシャワーで行けそうだなどと、デカいことをぬかす。思わず登ってしまいたい衝動を抑え、予定通り、右岸尾根の木登りに突入する。相変わらず激しい巻きだ。しかし、まぁ、このの見所も相変わらずここだけだ。

昨年は、を間違えたらしく、酷い目にあったので、今年はCo830二股を間違わないように、地図をよく見ながら慎重に進む。Co380二股では、確認のために50分ほどの時間を要する。それだけ時間をかけるくらいなら、多少間違えても藪漕いだ方が早いだろと言う気もするが、50分藪を漕ぐのと、50分地図をにらみ続けるのはやはり大違いだ。沢はやがて枯れ沢となり、太い笹が多いかぶるトンネルとなる。ついに藪に突入する。やはり今年も沢を間違えたかと、ダケカンバによじ登り確認すると、目の前にピークがあった。

コンパスを切って、背丈以上の笹藪を漕いで122点に降りる。30m大滝は、左岸アプザイレンテラスに降りるのがセオリーだが、我々は左岸草付きをそのまま進み、ルンゼにでて、クライムダウンする。4段の連瀑は、アプザイレン、アプザイレン、クライムダウン、クライムダウン。

1992年07月30日(木)

タイムレコード
時刻場所行動
04:00起床
05:20出発
09:40林道終点下山

今日はドンブラコデーなので、快晴を願っていたが、願いは通じず、どんより天気。核心の下ノ廊下に着く頃についにぽつりぽつりと始まってしまう。あう~。それでも、ここで楽しまない手はない。水流に乗ってどんどん流される。出来れば、先行している米谷パーティーに追いついて、車に便乗させてもらおうという図々しい期待をしていたこともあり、その後のでも躊躇せずにどんどん飛び込んで、一気に流される。

存分に楽しんで、からあがり、林道終点までたどり着くと、とーのさんとミラが残っていた。なんと、山中で財布やら、車のキーやらを落としてしまい、スペアキーをとって戻ってきたところを我々につかまってしまったのだ。南無さん・・・。哀れ、全財産をなくした上に、我々を拾って帰る羽目になったとーのさんであった。

車中で、こばPパーティが、122点に降りるつもりが、なぜか反対の珊内川に降りてしまうという醜態を耳にする。トンマ揃いの(ぉぃ)他パーティをあざ笑う我らエリート集団であった。

珊内岳で能面化する

ふ~ちゃん

その後、何度となく遡行することになる余別川の初遡行である。

~続きがあります~

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.1 / Systemtime : 0.02