裏沢中央の中央 1999年08月17日(火)

ふ~ちゃん
目的
沢訓練 裏沢中央の中央
日程
1999年08月17日(火)
山域
室蘭岳

行程

1999-08-17
だんパラ~室蘭岳~下降ゴーロ~中央の中央~室蘭岳

メンバー

C.L
あめ
S.L
マツ
M
キョーイチ
ふ~ちゃん
タイムレコード
時刻天候場所行動
07:30だんパラ出発
08:10Co720
08:35室蘭岳
09:40下降ワラジ装着
10:35ゴーロ
11:15中央の中央の
13:30
15:00室蘭岳
16:00だんパラ下山

あめの車で、だんパラまでいく。水神社の鳥居がが新しくなっている。今日は雨が降るという予報だったが、太陽が照りつけ非常に暑い。脱水症状を起こしそうだったので、途中で休ませてもらう。ピークではなぞの虫が大量発生していた。

下降尾根の踏み後はなぜか、きれいに刈られていて、草付きが無く、余計に下りにくくなっていた。しかし、おかげで迷う事は無く下降に着。ゴーロのいつも焚き火をしていた場所からはなぜか木が生えてきていた。あまり利用していない証拠か。そして、右股の赤いはごみの中に埋まってしまっていた。恐るべし、裏沢の崩壊速度。

中央の三股[image/jpeg:126kB]
中央の三股
中央の中央の滝[image/jpeg:198kB]
中央の中央の滝

時期が時期だけにも雪渓はまったく無く中央の中央のに着。相変わらずこのは下から見るとどってことなく見える。それがまたこの滝の怖いところでもある。真ん中の小テラスハーケンを打ち、マツがリードする。しかし、上のランナーをとったあと、つめで行き詰り、ギブアップ。やむ終えず、私が行くことにする。途中、来年のために一つボルトを打ち込むが、ここの砂岩質はあまりにも簡単に穴が開いて、効いているのかどうかは不安である。キョーイチに、「来年はリード出来そう?」と聞いたところ、「大丈夫ですよ。」と頼もしいお言葉。

おわんで休憩を取ったあと、尾根に取り付くが、うわさほどひどい状態という印象はない。中央の中央なんて前からこんなもんでしょう。さすがにこの時期はギョウジャニンニクも無くピークへ。

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.06