ニオベツ川~野塚岳

ふ~ちゃん
目的
野塚岳南西面直登沢遡行
日程
2001年08月04日(土) - 05日(日)
山域
南日高

行程

2001-08-04
苫小牧~翠明橋公園 C0
2001-08-05
翠明橋公園~ニオベツ川野塚岳南西面直登沢野塚岳野塚岳南西面直登沢~翠明橋公園

2001年08月04日(土) アプローチ

例によって浦河警察署で計画書を提出。計画書を受け取った方は慣れていないようで、何やら奥で上司らしき人と相談をしている。その間、他の人がやけに愛想良く話しかけてくる。何時頃に降りるとか、連絡先とか、どこから登るとかいろいろ聞かれる。計画書に全部書いてあるんだけどなぁ(苦笑。いつもよりちょっとだけ時間がかかったが、なんとか受理され、翠明橋公園を目指す。浦河からここまでが結構長いんだよね・・・

翠明橋公園は水くみ場らしい。トイレの横は休憩室のようになっており、前泊なども快適そうだが、泊まったら怒られるだろうか?

夜は8月だというのにやけに冷え込み、朝は寒くて目が覚めてしまった。

2001年08月05日(日) 翠明橋公園~野塚岳

タイムレコード
時刻天候場所行動
05:20起床
05:55出発
06:15入渓
08:25野塚岳
10:25Co740
11:30下山

んー8月だというのに、むっちゃんこ寒い。寒さのあまり、めざましよりも先に目が覚める。休憩室で朝飯をとる。その間に水くみに来る人たちが居る。

駐車場から 300m ほどくだり、旧道にはいる。旧道入り口にはチェーンが張られており、車では入ることは出来ない。護岸工事されたところは護岸が高く降りられないため、その手前から入渓する。天気はよいが、十勝方面から雲がわき上がってくる。

Co740[image/jpeg:211kB]
Co740

Co450-530 は護岸。 Co740 までゴーロ帯となる。雪崩でなぎ倒された木が多く歩きにくい。今年の日高はダケカンバの山だ。 Co740 二股はっぽくなり、小規模ながある。特に問題ない。 Co930 二股までいくつかと滑が出てくるが、特に問題はない。すべて直登していく。


小滝群[image/jpeg:180kB]
小滝群

コル方向へ突き上げるは見事なガレ沢になっている。迷わず直登沢へと向かう。 直登沢は、快適な小滝群だ。ここを越えると、ヤブ漕ぎもなくピークに出る。沢は考えずに歩きやすい方を選んでゆくと良い。実に楽しい沢だ。


野塚岳西峰[image/jpeg:124kB]
野塚岳西峰

ピークで小一時間ほど昼寝をして下降する。ザイルを使うこともなくサクサク降りる。ゴーロ帯に出てから、何人かのオッサンおばちゃんパーティを追い越す。どこから降りてきたんだろう?

静内温泉に入って、赤ひげでビールを飲んで赤ひげ定食を食べてから帰還。

Usertime : 0.17 / Systemtime : 0.04