ひとり電気の沢ってどうよ

ふ~ちゃん
目的
電気の沢遡行
日程
2014年08月31日(日)
山域
大雪

大雪巡り三日目は、何処に行こうと考えたあげく、軽めにニセイチャロマップ川から武利岳を目指すことにしたが、いざ林道入口に行ってみるとゲートが閉鎖されていた。仕方がないので当初予定していた電気の沢へ行くことにした。しかし、やはりこういう沢はひとりで行く物ではなく、みんなでわいわいとやる物だという結論に帰結した。

行程

2014-08-31
電気のゴルジュ終点~電気の沢

2014年08月31日(日)

2014-08-31 電気の沢
タイムレコード
時刻天候場所行動
04:00起床
07:55快晴出発
08:15F1
09:30下降地点引き返し
11:00F1 下
11:15下山

昨日と同様、駐車場1階で朝食を取ってからニセイチャロマップ林道へ行ってみると、ゲートが閉まっており、当面開通の予定はないとの張り紙があった。仕方がないので、当初予定していた電気のへ転戦することにした。

しばし日が高くなるのを待つ。正直、こういう所は1人でやってもアレなので誰か来ることを期待したが、誰も来そうにないので1人で出発する。ネット上では凍えたとの報告が多いので、クリマプレンで完全装備

砂防ダム群を越えてに降り、崩れた巨岩群を越えてゴルジュ帯へ到着。

P8310405.JPG
F1 左岸直登

F1 はセオリー通り左岸へつって直登。思ったよりもすんなり越えてしまった。を持った滑滝が続き、両岸が高く聳え、狭まってくる。


P8310423.JPG
左岸バンドへつって右岸に足を飛ばして突っ張りで通過 股割きストレッチ

濡れれば簡単なところも極力水に浸からずにへつっていく。左岸をへつってから右岸に長い足を飛ばして突っ張りで越えたり、へつってから小滝の上にジャンプしたり、ゴルジュの突破技術を淡々とこなしていく。


P8310432.JPG
左岸よじってトラバース 落ち口ジャンプ
P8310434.JPG
この釘は何だ

1つ目のチョックストンは、左岸を攀じってトラバースしての上に飛び移る。ここにはハーケンの他に釘が1本残置されていたが、何だこれは。


P8310441.JPG
左岸にボルダーのようにへつり跡パワー

岩は基本的には苔むしているが、へつりが微妙なところは苔がはげて、まるでボルダーのチョーク跡のようになっていて、自分で考える隙を与えない。


P8310456.JPG
腰まで使って左岸チムニーを這い上がる

巨大チョックストンは腰まで水に浸かって左岸に這い上がる。


P8310466.JPG
意外と足が着く

これを越えるとは少し開け、微妙なへつりももう無くなる。

思った以上に水に浸からないので、無理矢理泳いでやろうとしたら足が着いた。

そんな感じであっという間にゴルジュ終了。結局ほとんど水に浸かることなく、汗をかいてしまった。


P8310491.JPG
下降ルート入口の

下降路へ上がるところまで行ったが、このまま下れば暑すぎることは間違いないが、着替えるのも面倒くさい。ラッペルの面倒くささと天秤に掛けた結果、泳いで下ることにした。

適当にに飛び込みながら下り、チョックストンを突っ張りで降りて少し行くと、おじさんとおばさまの2人がへつりで滞ってセミになりかけていたので、手を出してファイト一発引き寄せてあげる。でも、その調子でチョックストンを越えられるのかどうかちょっと心配。

まあ、気にせずこちらは淡々と飛び込んでいく。

あっという間に F1 に到着。残置を使ってラッペルする。

雑感

電気のは水の流れるボルダーといった感じ。アプローチが楽なのでトレーニングにはもってこいだが、今更1人で行ってわー楽しーって感じではない。やっぱりみんなでがやがや行くのが良いと思う。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.08