西広尾川~ピロロ岳

ふ~ちゃん
目的
ピロロ岳南東面直登沢遡行
日程
2008年09月30日(火)
山域
極南日高

ピロロ岳南東面直登沢はこの付近では割とメジャーならしく、ネットでもいくつかの記録を見ることが出来る。確かに美しいもあるが、総合的にはパンケ川からの方が快適かと思われる。

行程

2008-09-30
西広尾川ピロロ岳南東面直登沢ピロロ岳ピロロ岳南東面直登沢~西広尾川

2008年09月30日(火)

小屋を撤収し、天馬街道を越えて西広尾川へ向かう。西広尾川に行くのは2度目だが、広尾市街からの曲がる交差点がわかりにくくて、一本先の交差点まで行ってしまった。林道終点に車を置いて出発する。このには魚が居るので、釣り竿を忘れずに。

西広尾川

本流小滝[image/jpeg:378kB]
アメマスが澄む淵

前回は右の支流を利用したが、今回は本流を利用することにした。本流の規模は支流と比べ物にならないくらい大きい。幅は広く、沢筋は入り組んでいる。では大きな魚影を見る。

ピロロ岳南東面直登沢遡行

Co500[image/jpeg:400kB]
Co500 直登する

Co450 二股、もとい三股を右に進む。じきに滑滝が現れる。いくつか滑を通過すると、奥にきれいなが見える。この滝は去年偵察した時に引き返した滝だ。特に問題なく気持ちよく直登だ(Co500)。空は爽やかに晴れ渡っている。


Co680[image/jpeg:409kB]
Co680 特に問題なし

その後も小滝滑滝が点在している。 Co610 二股は同等の水量だが、迷わず右へ。突き当たりで右に曲がって二段のとなっている。このとしては大きなだが、別にどうって事はない。適当に直登する(Co680)。

の上はすぐに Co700 二股で、進む右股は小滝になっている。ここからいくつか小が続いているが、どれも問題になるものではない。

所々で、ニホンザリガニの死骸らしき物が点々と落ちていた。いずれも完全な形ではなく、頭部と胴体が分断された状態だった。一体誰がこんな事を・・・?鳥がつっついて捨てたのだろうか?でも、なぜ全て食べなかったのだろう。


Co940[image/jpeg:348kB]
Co940

幅は狭くなり、長いが出てきた。全体で標高差 40m 位か。直登する分には何の問題もない(Co940-980)。を登り終えると Co990 二股だ。ピーク直下へは右股だが、こちらは涸れ沢となって、テープは左股に打たれている。

テープ通りに行くのはしゃくだが、ここは素直に指示に従った方が良さそうだ。ここから先はピーク手前までテープがベタうちされていた。迷わずにすむが、なんだか気持ちが萎える。

Co1060 二股は小滝になっていて、右にテープが打たれている。を登ると笹のトンネルに突入した。 Co1200 付近で沢形は消滅し、藪に突入した。藪に突入してもテープは打たれているが、踏み跡はない。稜線は平坦で、意外と藪は長い。30分ほど藪を漕いでピークのやや南側に出た。

このは割と人気のルートのようで、ウェブ上でもいくつかの記録を見るが、春に行ったパンケ川からの方がアプローチも藪も短くて快適だと思う。

下降

帰りはピークから直接下ってみる。広い頂稜部の藪の後、エラい急斜面の藪になる。これを登りに使うとしたら、大変な目に遭うだろう。確かにピンクテープの指示は的確だ・・・。

Co990 で登りのルートと合流し、あとは全てクライムダウンで下る。三股に出てから脇を歩いてキノコを探すが、まったくその痕跡すらない。

キノコは絶望的なので、登りで大きな魚影を見たで釣りをしようとザックをおろす。が、釣り竿が見つからない。ちゃんと忘れずに入れたはずなのに。ザックの底まで掘り起こしても全然見つからない。どうやら入れたつもりで入れ忘れたようだ。

仕方がないので、その辺の木の棒を使って糸を垂らすが、全然うまくいかなかった。ボウズのまま下山した。

帰路

帰りは広尾の町中を通らず、山を走ってみる。道は舗装されておらず、広尾の町中を走った方が良さそうだ。途中のカラマツ林でラクヨウをほんの少し採取した。

三石の温泉に入ってから、静内の冠月という食堂で豚カツ定食を食べたが、高いうえにうまくもなかった。こんなんなら、赤ひげに行けば良かったよ。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.07