貫気別川~リビラ山

ふ~ちゃん
目的
貫気別川リビラ沢~リビラ山遡行
日程
2008年06月17日(火)
山域
西日高

行程

2008-06-17
リビラ沢出合リビラ沢リビラ山リビラ山北面沢貫気別川

2008年06月17日(火)

タイムレコード
時刻天候場所行動
09:05出発
09:35霧雨Co490入渓
12:45リビラ山
14:45下山

どうにも週間予報というのは当てにならんもんである。数日前までは今日は晴れる予報だったのに、日が近づくにつれて悪い予報に変わってきて、案の定今日は曇だ。

リビラ沢

リビラ沢出合に車を残置し、霧の降る中、出発した。砂防ダム造成のためのブル道が続いている。 Co490 二股を右に入り、ようやく入渓した。 は荒れた様相である。雨が次第に強くなり、引き返そうかとも思ったが、だんだんやけくそになってきた。

支流 Co730 の滝[image/jpeg:262kB]
この滝が出てきたら間違い

Co590 付近で合流する右股は奥にご立派な連瀑が見えるが、本流には相変わらず何もない。 Co640 二股を右に進むが、なんだかコンパスの指す向きが微妙である。 Co730 で三股になり、コンパスの指す左に進むとようやくらしき物が現れる。このを過ぎると二股になるが、水量の豊富な左のは湧水で、すぐに山体に消えている。右の沢に進むが、どう考えても本来の沢とは全く違う方向を向いている。

これはどうやら何かの罠にはまったらしい。そういえば、先ほどを登った所で、隣に別のがあるような雰囲気がありありだった。そこで、少し戻って右岸の尾根に登ってみると、涸れているがこちらより少し深い谷が延びていた。そちらの沢に降りてコンパスを切ってみると、どうやらこちらの沢が正解のようである。沢を少し下ってみると、この沢の出合は土砂や倒木に埋められてしまっていた。

は完全に伏流しており、一度だけ水流が出てきたが、結局最後の最後まで何もないまま源頭となって、 Co1130 付近で笹藪に突入した。視界のない中、藪を漕ぐのは修行のようなものである。沢が面白かったのなら、藪漕ぎも悪くはないのだが、こんな沢の後だとただつらいだけである。笹は上に行くほど太くなり、一時間ほどかかってようやく登山道に出た。


リビラ山[image/jpeg:371kB]
ひっくり返った看板

リビラ山西峰の看板はひっくり返っていたが、登山道は笹狩りがされた様子があった。天気は相変わらずガスのままで、晴れる様子は全くないので、さっさっと下ることにする。

リビラ山北面沢

Co735[image/jpeg:218kB]
Co735 滑滝
Co680 滑滝[image/jpeg:195kB]
Co680 滑滝

北面もしばらくは藪である。 200m ほど下ってようやく沢形に出た。こちらのも荒れた渓相だ。 Co700 前後に2~3の小滝があるが、いずれも全く問題ない。沢はじきに砂利に埋められ、ブル道の痕跡が現れる。


ボリボリ[image/jpeg:117kB]
ボリボリ

ブル道の途中で今年初めてのボリボリがあったので採取した。みそ汁一杯分くらいだが、こんなクソ山行ではキノコ狩りでもしていかないと割に合わない。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.08