ニオベツ川~オムシャヌプリ

ふ~ちゃん
目的
オムシャヌプリ南西面直登沢遡行
日程
2002年07月18日(木)
山域
南日高

かんちゃんと『北海道の山と谷』には載っていない、南日高に行って来た。小粒ながらも登りごたえのある楽しい沢だった。

行程

2002-07-18
翠明橋公園~ニオベツ川オムシャヌプリ南西面直登沢オムシャヌプリ西峰~オムシャヌプリ南面沢上二股ノ沢~翠明橋公園

メンバー

C.L
ふ~ちゃん
M
かん
タイムレコード
時刻場所行動
10:50翠明橋公園出発
11:00オムシャヌプリ南西面直登沢出合
11:25再出発
12:05Co730
12:20Co790の
14:40の上
15:00Co1100
15:55オムシャヌプリ西峰
17:00オムシャヌプリ南面沢 Co900
18:00翠明橋公園

翠明橋公園に車を置いて出発。入渓してすぐにかんが軍手を落として、にながしてしまう。車まで予備の軍手を取りに行ったので、その間、出合で待たされた。

Co700[image/jpeg:184kB]
Co700
Co790[image/jpeg:177kB]
Co790
続く滑滝[image/jpeg:229kB]
続く滑滝

出合からはしばらく単調なが続く。 Co680-720 の間にそこそこのが2つほどあるが、余裕で直登した。 Co790 の二股は右岸からになって本流が落ちてきていた。何となく登れそうな気がしたので、直登を試みた。右岸のチムニー伝いに登るが、余りいいホールドがない。いったん左のテラスに逃げ、ピンをとる。足下の岩にハーケンを打つが、半分も入らず、効かない。上に見える岩のエッヂに細引きを引っかける。心許ない。チムニーに移り、リスにピンをとる。その上は岩が突き出てハングしている。探ってみても、懸垂できそうなガバは見つからない。結局、ハーケンを一枚残置し、そこから撤退することとなった。左岸ルンゼ(右股)を滝の落ち口と同じ高さまで上がり、尾根に取り付くき、水平にヤブを漕ぎ、滝の落ち口付近に降りた。


Co1000-1050[image/jpeg:193kB]
Co1000-1050

このの核心はこれだけで、あとは Co940 からのを終えると、軽いヤブ漕ぎで西峰に立った。沢の途中には時折デポがあった。いくらか利用されているようだ。下りは中間コルから上二股の沢に降りる。ガレばっかりのどうしようもない沢だった。

なんとか日暮れ前に下山。浦河で買い出しをし、楽古山荘に泊まる。今回は貸し切りだ。

Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.22