急がば回ってみた結果

ふ~ちゃん
目的
剣山南西尾根往復
日程
2016年01月26日(火)
山域
北日高
2016-01-26 剣山
RIMG8240.JPG
(1269)

剣小屋に二連泊で、剣山東尾根の代替となるルートを探索に行く。剣山の南側を走る剣山林道の入口に繋がる道は、ダートでありながら奥に牧場があるために除雪されている。剣山林道の入口は剣二号橋の横。林道に沿って進む。右に見える岩山は剣山山頂ではなく、東尾根上のポコだ。二本目の橋を割って林道から離れ、冷水川沿いに進む。地形図上では、この冷水川が山頂に向かって、渡渉は無いものと思っていたが、さにあらず。いつの間にやら左側から入り込んできた沢形が山頂に向かっており、どうやら渡渉しなければならないよう。対岸の岸が低い内に渡渉し、南西尾根に取付く。尾根上は広い疎林。右へ回り込んで尾根筋に出ると、頂上南のバットレス状岩壁が間近に迫り、右側は切れ落ちている。尾根状には岩塊が点在しているが、左側は広いので問題なくトラバースして行く。西尾根とのジャンクションも大きな岩だが、右側をトラバースして西尾根に出る。西尾根状はトドマツの幼木がうるさい。稜線上は細い岩稜なので右側をトラバースし、東尾根を回り込んで頂上岩塔の基部に出る。スキーを脱いで左側をトラバースし、ハシゴと鎖を掘り起こして岩塔の上に。帰りのスキーはサンクラストで快適とは行かなかったが、雪質が良ければそこそこ楽しめるだろう。渡渉も問題なく、長い林道もほぼ下り勾配で苦にはならない。岩塔に登るならアイゼンピッケルは必要だが、直下まではスキーだけで行けるので、スキー目的なら他のルートより遙かに楽しめるだろう。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.07