急がば回れ

ふ~ちゃん
目的
久山岳北東尾根往復
日程
2016年01月25日(月)
山域
北日高
2016-01-25 久山岳
RIMG8180.JPG
久山岳から剣山(1479)

以前に剣山小屋に泊まろうとした時は、ストーブから煙がもくもくとあふれてとても暖を取るどころではなかったので、結局に止まらずに芽室小屋に移動したことがある。7年ぶりに剣山神社を訪れると、ストーブが刷新されていた。ありがたく薪を焚かせてもらうが、異常な寒さと小屋の広さでさほど暖まらないのが難点。今日は剣山東尾根を行くつもりだったが、どうも牧場敷地を通るのは防疫の観点から避けた方が良さげ。というわけで、このルートは「山谷」から削除することにして、とりあえず久山岳の東尾根に行くことに。神社裏から橋を渡って、久山岳へ向けて真っ直ぐコンパスを切って突き進む。途中、二回ほど渡渉があるが、意外と谷は深くて雪が少ないので、渡渉できるポイントは限られる。雪原からはたびたびユキウサギが飛び出してドキッとさせられる。東尾根は下部は楽しそうな疎林だが、 Co1000 も越えると急に立ってきてブッシュもうるさく、岩場の巻きまであってこりゃダメ状態。素直に夏道を登れば良かった。帰りは夏道のある北東尾根を滑る。尾根筋は同じく岩場やブッシュが出てるが、東側斜面は比較的緩やかで疎林なので、東尾根よりは遙かに快適。抜群の雪質とまでは行かないが、昨日よりはスキーを楽しんで平原へ。下りは渡渉を避けて別荘地の方へ降りたが、素直に行きと同じトレースを辿った方が楽だったかな。後で調べたら、割と東尾根を登ってみて失敗した的な記録が多い。みんな考えることは同じだ。

Usertime : 0.15 / Systemtime : 0.1