愛山渓温泉~愛別岳 2008年04月30日(水)

ふ~ちゃん
目的
愛別岳北尾根滑降
日程
2008年04月30日(水)
山域
表大雪
トラックログ

とーのさんとの暑寒別岳に引き続き、少佐と一緒に愛別岳にアタックしてきた。

メンバー

  • 少佐
  • ふ~ちゃん

アプローチ

まだ暗いうちに暑寒山荘を後にした。まずは旭川で少佐をピックアップする。旭川新道を走っていて、曲がる所を間違えてちょっと行きすぎてしまった。

少佐をピックアップする前にセイコーマートで朝飯を買おうと思っていたが、旭川周辺のセイコーマートはどこも開店が遅い。少佐におみやげのギョウジャニンニクを渡し、荷物を積んで出発する。

林道が開く予定時間より少し早めに愛山渓について、林道に向かっていると、ちょうど土現の車とすれ違った。少佐の家から愛山渓温泉までは1時間ちょっとだ。

愛別岳北尾根

アルバム

愛山渓温泉からスキーを担いで進む。雪は割と締まっていて歩きやすい。適当にコンパスを切って、北尾根をめざす。途中のではスノーブリッヂが無くなっていたが、水量は少なく、問題なく渡渉できた。それよりも、前後の急斜面の壁の処理の方が問題だった。

二本目のを越えてから、北尾根に取り付く。斜面に刻まれていたブル道らしき所を進むが、突き当たりは藪に突入していた。仕方がないので、少々藪の茂った急斜面をよじ登る。広い尾根に出てようやく一息つく。

必要ないだろうが、一応デポを打っていくことにした。ツボ足からスキーに換えて北尾根を登る。 Co1500 付近は藪に押されて崖際の細い部分を歩くことになる。更に上に上がると、後ろから人が登ってくるのが見えた。

気温が上がり、シールに雪が付く。重たい雪に苦戦しながらも何とかピークに到着した。シールをはずしてシュプールを描く。後続の二人はファンスキーを担いでいた。偵察に来て途中で引き返すつもりが、我々のトレースを追ってここまで来てしまったらしい。

斜面の傾斜が緩くなると、雪がスキーについてブレーキがかかってしまう。スキーを楽しむにはもうちょっとちゃんと整備しなくてはダメか。尾根の最後は、登りで使った藪を避けて、の二股付近をめざしてまっすぐ下った。多少の藪はあったが、問題なく沢で降りた。

帰りもコンパスを切ってトラバースして帰る。それほど雪は腐っていない。

愛山渓温泉

下山後は当然愛山渓温泉に入る。平日なので貸しきりだ。温泉から上がると、後続の二人がちょうど下山してきた所だった。少佐を旭川の自宅に送り届けて帰宅した。

Usertime : 0.14 / Systemtime : 0.4