用語集/読図

読図(どくず) とは、地形図および方位磁石を用いて、現在地や目的地、進行方向などを推定すること。

真北
地球の回転軸を基準とした北。
磁北
方位磁針が指し示す北。
磁北線
方位磁針が指す方位に平行に引いた線。
磁針方位
その地域における、真北を基準とした磁北の方位のこと。
西偏
磁北真北から西側へ偏っている角度。

磁北線

国土地理院発行の地形図を用いて読図をする場合、地形図は真北を縦軸としているため、コンパスの指す北(磁北)を地形図の縦軸と合わせた場合、正確な読図は出来ない。そのためあらかじめ、磁北と平行な線(磁北線)を書き込んでおく必要がある。

磁針方位

磁北真北より西によっているか、東によっているかで、西偏何度、東偏何度で示される。日本では一般に、真北よりも磁北が西に偏っている。

当サイトでは、"西偏約 x°y’(zcm)"と示す。zは地形図の縦軸と磁北線を下端で合わせた時、上端で約何cmずれるか示している。磁針方位は変動するため、地形図の改訂があった場合は変化することがある。

Usertime : 0.1 / Systemtime : 0.01