富良野岳ジャイアント尾根

ふ~ちゃん
目的
富良野岳ジャイアント尾根滑降
日程
2007年12月22日(土)
山域
十勝連峰

2日ほど前に少佐からメールが届き、昨年のジャイアント尾根のリベンジをすることになった。今回はとーのさんも参加する。

行程

2007-12-22
バーデンかみふらの~ジャイアント尾根~ベベルイバーデンかみふらの白銀荘 C

メンバー

  • 少佐
  • ふ~ちゃん
  • とーのさん

装備

2007年12月22日(土)

タイムレコード
時刻天候場所行動
起床
08:05バーデンかみふらの出発
12:45岩稜基部引き返し
13:40ジャイアント尾根落ち口ピットチェック
16:00バーデンかみふらの下山
出発の準備[image/jpeg:146kB]
バーデン前で出発の準備をする

昨夜は前回同様、上富良野駅前で車中泊をした。今回はやかましい輩はいなかったが、前日少し早くつきすぎて、朝早く目が覚めてしまう。待ち合わせは白銀荘の駐車場。待ち合わせ自国より1時間以上も早く着いて、夜が明けるのを待つ。待ち合わせ時間ちょうどにとーのさん、少し遅れて少佐が到着した。少佐の車に装備を積み込み、バーデン前に移動する。出発準備をしていると、ファットスキーを担いだ男女二人が先行していった。


ジャイアント尾根下部[image/jpeg:147kB]
樹林を抜けていく

砂防ダムの渡渉は、去年よりずいぶんと水の量が多かった。革靴のとーのさんは渡渉地点を探すのに苦労していた。

先行者のトレースに沿って進む。北尾根のブッシュはまだずいぶん多い。北尾根を越えて、高度を下げないように斜面をトラバースしてベベルイに降りる。雪の量は昨年よりやや多い程度か。対岸の急斜面を登ってジャイアント尾根に取り付く。上に進むと、見る見るうちに雲が近づき、だんだん視界が悪くなってきた。


ガス[image/jpeg:149kB]
ついにガスって来た

Co1400 を越えたあたりで、先行パーティトレースはは北西面に消えていった。我々は忠実に尾根をトレースする。植生がなくなると、ついに完全にガスに囲まれ、周囲の視界はなくなってしまった。途中に紙テープのデポを打っていく。上に上がるにつれて風も強くなる。尾根上の雪の量は昨年より多いらしく、ベベルイよりの斜面をずっとスキーで登っていく。結局一度もスキーを脱ぐことなく、 Co1680 台地に出た。尾根の落ち口付近から笹デポを打って行く。


北尾根[image/jpeg:152kB]
アイゼンに換えて進む
岩稜基部[image/jpeg:146kB]
今日はあきらめてここで引き返す

周囲の視界はなく、完全にコンパス頼りだ。北尾根ジャンクションを通過し、小さなポコから1つ目のコルに降りる。地形がなだらかなだけに、しっかりとコンパスを見ていかないと変な方向へ進みそうだ。コルは風も弱く、天張るにも良さそうな場所だ。ここから先は岩稜が続きそうなので、ここでシーデポにする。

二つ目のポコはもしかしたら右側から巻いていけばスキーが使えるのかも知れないが、何も見えないので稜線を忠実にたどるしかない。二つ目のコルへは、尾根が変則的に変化し、あらぬ方向へ降りていきそうになるが、一瞬ガスの切れ目から稜線が見えたので、ルートを修正する。

この二つ目のコルからすぐに、細い岩稜になる。1つ目のギャップを過ぎて、次の岩塔はほぼ垂直で、稜線上をトレースすることはできない。右側は垂直に切れ落ちていて進むことができない。左側はかろうじてトラバースでき、足跡も付いている。しかし、トラバースして岩塔の上に上がるルートはガスの先でよく見えず、下は遙か下まで止まれそうにない斜面になっている。それほど難しそうではないが、足を滑らした時のことを考えると嫌らしい。

それほど悪いところはないと聞いていたが、思ったより悪かった。この天候ではあまり無理をしたくないので、ここで引き返すことに決める。

岩塔の下で、少佐がどうしてもロープを出すというのでロープを出して下った。


少佐[image/jpeg:148kB]
ベベルイ沢を滑走する少佐
とーのさん[image/jpeg:156kB]
疾走するとーのさん

尾根の落ち口まではデポを回収しながら戻る。落ち口付近の斜面で一応ピットチェックをする。 35cm 付近にちょっとした弱層があるようだが、おおむね安定しているように思える。しかし、視界が悪いので無理はせず、ひとまず登ってきた尾根筋に沿ってしばらく下る。 Co1500 付近で少し視界が回復し、良さそうな斜面が見えたので、そこからドロップする。抜群の雪質だった。

小さな尾根筋に沿ってベベルイの底まで降り、シールをつけなおし、北尾根に登り返す。 P1142 は左からトラバースし、砂防ダムへ下る。しかし、北尾根はやはり藪が多かった。

下山すると、すでに空は薄暗くなっていた。

ひとまず白銀荘に戻り、夕食の買い出しに街に降りる。今夜の夕食はモツキムチチゲ。さすがに三連休だけあって、白銀荘は満員だ。食堂が開くまでしばらく待つこととなった。

Usertime : 0.17 / Systemtime : 0.22