黒岳~白雲岳~旭岳~北鎮岳

ふ~ちゃん
目的
新人強化 黒岳~白雲岳~旭岳~北鎮岳縦走
日程
2004年06月04日(金) - 06日(日)
山域
表大雪

行程

2004-06-04
室蘭~層雲峡 C0
2004-06-05
C0~ロープウェイ~黒岳白雲岳白雲岳避難小屋 C1
2004-06-06
C1~旭岳北鎮岳黒岳~層雲峡 下山

メンバー

C.L
あらた
S.L
ふ~ちゃん
E
いずみ
はるか
K子
G
かん
先生

装備

2004年06月04日(金) アプローチ

タイムレコード
時刻場所行動
25:15層雲峡ロープウェイ駐車場C0

今回は皆体調ばっちりのようだ。19時に先生と私の車2台に分乗して出発。砂川を通過中、かんが川の道の駅にいることが判明。川の道の駅を過ぎてしばらくすると、1台挟んだ前になにやら見覚えのある車が走っている。どうやらかんのようだ。深川の道の駅の手前で前に出て、確認する。ここで合流。

上川の駐在所に計画書を提出、層雲峡のロープウェイの駐車場にテントを張ってC0。先生とかんは車の中に泊まる。

2004年06月05日(土) 黒岳白雲岳

タイムレコード
時刻天候場所行動
04:30起床
06:00ロープウェイ層雲峡駅出発
06:45曇りリフト終点出発
07:30C01800
08:25黒岳
10:35北海岳
12:10白雲岳
13:00白雲岳避難小屋C1

ロープウェイ(\950)の朝一の便に乗って出発。当然のようにリフト(\400)も利用。リフト終点からはすぐに雪渓に突入する。以前(1992年新人強化黒岳白雲岳トムラウシ山)来た時はこの辺りには雪渓はなかったような気がするので、少し雪の量が多いのだろうか?白雲の池に少し期待が持てる。

黒岳雪渓[image/jpeg:84kB]
黒岳雪渓

我々がキックステップで登行している横でテレマーカーがシールで必至に登行している。キックステップの方がずっと楽だと思うのだが。Co1800からのトラバースでいったん雪渓は途切れ、登山道に出る。テレマーカーは最後まで粘っていたが、結局ここでスキーを脱ぐ。

ここで休憩後、出発してすぐに雪渓の中に登山路を見失う。ブッシュに突きあたり、道が違うことに気づく。テレマーカーはそのままブッシュに突入し、大雪渓に抜ける。後ろを振り返ると、登山路の看板が見えたので、我々は道に復帰する。


黒岳[image/jpeg:109kB]
黒岳
北海岳へ[image/jpeg:61kB]
北海岳へ

ピークに出ると、少し風が強いので山頂にある小屋の横で休憩。黒岳石室を通過し、北海岳へ向かう。石室のトイレは閉鎖されて利用できなかった。K子のペースが少しずつ遅れ出す。


白雲岳へ[image/jpeg:97kB]
白雲岳へ
白雲岳雪渓登り[image/jpeg:42kB]
白雲岳雪渓登り
白雲平[image/jpeg:80kB]
白雲平
グリセード[image/jpeg:38kB]
グリセード

東面の雪渓をつめて白雲岳の外輪に出る。火口の雪渓はすっかり溶けて、干上がっていた。ガッカリ。外輪にザックを置いてピークへアタック。やや霞がかかっているものの、すばらしい展望が広がる。白雲岳のピークはいつ来ても気持ちがいい。何度来てもこれだけ新鮮な気持ちでいられるピークはそうはない。旭岳トムラウシの陰で、あまり注目されない白雲岳だが、ピークの心地よさは間違いなく大雪山系で NO.1 だろう。ピークの心地よさって何?って聞かれたら困りますけど・・・

ザックを回収して、いつもの雪渓から下降を開始。一昨年よりは雪が残っている。あらたにK子の面倒を見るように指示して、安全確認のため私が先に降りる。雪が腐りきっており、ピッケルが効きにくい。注意するように促す先からいずみがズルズルと滑り落ちていく。羊蹄で、滑落停止をするときはつま先を上げるようにと言ったことを忠実に守っているようだが、こういうときは足で止めるしかない。いずみは少し頭が堅く、融通が利かないところがあるようだ。

と、ふと上を見上げると、丸い物体がゴロンゴロンと転がってくる。って、K子だ。バランスを崩して転んでしまったようだ。滑落停止の姿勢を取ることもせず、なすがままに転がってくる。大慌てで下に回り込み、止める。幸い、ぶつけたところもなく、たいした怪我はないようだ。ただ、親指を少し突き指したらしい。まだまだ未熟なあらたに、はじめても同然のK子の事をまかせたのは失敗だったかもしれない。小屋についてからあらたには少しきつめに注意をする。K子にはやさしめになだめるが、落ちている最中、本人は相当怖かったと思うのだが、案外とケロッとした顔をしている。

小屋の2階は北大のワンゲルがテントを張って占領していた。仕方がないので、1階に陣取ることにするが、滑落でK子が濡れてしまったこともあり、このクソ寒い1階で過ごすのはちょっとつらい。北大の人にお願いして、2階に入れさせてもらう。1階と2階では暖かさは雲泥の差である。

場所を整えてから、はるかといずみはグリセードの練習をすると言って、外に出かけていった。見に行くと、はるかはやっぱり銀マットを使って遊んでいたが、いずみは本当にまじめにグリセードの練習をしていた。夕方、雨が降り出して風がひどく吹いてきた。

北大の持っている差入れの量はすさまじく、いろんな食材を取り出して、どう処分しようかと思案している。極めつけは5kgの塩で、新人の1年生が持たされているらしい。北大ワンゲルはアホだアホだと思っていたが、ここまでアホだとは・・・(瀑。

火を囲んで飯を食ってから、ポップコーンを作る。味見をしてみると、少し塩分が足りなかったので、先ほどの塩を減らしてあげるべく、少々譲ってもらい、ついでに酒の席に誘う。せっかく他の大学生と話をするチャンスだが、うちの1,2年生はおとなしく、ほとんど何も喋らなかった。

明日はうちらは旭岳を廻って黒岳までと長い。北大は中岳温泉までだそうだ。って、2ピッチじゃん(笑。ちなみに、今日は忠別小屋から来たそうだ。のんびり山旅を楽しめる北大がうらやましい。使えない差入れで装備が30kgにもなるのは嫌だけど・・・

2004年06月06日(日) 白雲小屋~旭岳北鎮岳

タイムレコード
時刻天候場所行動
03:00快晴起床
05:00出発
07:30間宮分岐ザック残置
08:45旭岳
09:45熊ヶ岳外輪昼寝
10:20間宮分岐
11:40北鎮岳
14:00黒岳
15:00リフト終点
15:50層雲峡温泉下山
高根ヶ原[image/jpeg:54kB]
高根ヶ原

見渡す限りの青空。すがすがしい空気。山々を鮮やかに彩る朝日。十勝連峰もくっきりと見えている。最高の景色。この景色を見ずしてまだ寝てるなんてもったいないぞ>北大生。

写真を撮るために、先生とはるかは早めに出発。雪渓は堅くなっており、滑る。時々振り返って、このため息が出るほどの景色を写真に納める。北海岳に着く頃から、やはりK子がバテ始める。間宮分岐で、ザックを置いて旭岳を目指すが、K子が留守番をするという。今日は天気がよいが、少し風があるので、風がないところまで連れて行くことにする。

熊ヶ岳の外輪に、風のない良いところがあったが、ツェルトを持っていたあらたがさっさと裏旭まで降りてしまい、結局、風のあるところでツェルトを被って待つことになる。


旭岳雪渓登り[image/jpeg:54kB]
旭岳雪渓登り
大の字[image/jpeg:172kB]
大の字

裏旭のふちにK子を置いて、旭岳にアタック。下りは雪渓を利用する。銀マットを持ってきた私は尻滑りで一気に下り降りる。裏旭に降りるには銀マットは必須アイテムだ。裏旭でK子を回収。ここは風が強いので、熊ヶ岳の外輪まで上がり、マットを広げてお茶を沸かして昼寝をかます。はるかは大胆に大の字になって砂地に寝ころぶ。いずみはじっとしているのが落ち着かない様子である。

間宮分岐に戻ると、ちょうど北大パーティがやってきた。先頭の2年生の女の子がたくましいのに感心する。っていうか、うらやましい(ぉぃ。

間宮岳ピークに付くと、看板が倒れていたので、起こしておいたが、多分また倒れるだろう。まぁ、適当に修繕してください>環境省。

北鎮分岐にザックを残置し、北鎮岳へアタックする。本当はザックを担いでいって裏側の雪渓を下りたかったが、K子がバテているので仕方がない。ピークから見えるとんがった愛別岳が登る気をそそらせるが、今日は遠くて行くわけにはいかない。白水川の雪渓を、十数人の団体が登ってくる。どうやらスキーヤーらしい。ピークにいたおじさんおばさんパーティがおもむろに雨具を来て、マットを取り出して雪渓の法へ向かっていった。うらやましい。


黒岳へ[image/jpeg:54kB]
黒岳へ
黒岳雪渓下り[image/jpeg:70kB]
黒岳雪渓下り

ザックを回収して、石室に向かう。いずみ、はるか、かんの3人は桂月岳にアタックする。黒岳に登り返して雪渓を下る。K子をあらたにまかせ、1年2人とともに、雪渓を降りる。K子は白雲で転げたことがトラウマになっているらしく、少々びびっているようで(そりゃそうだ)、なかなか降りてこない。先生とK子とあらたは登山道づたいに行くようなので、そこで分かれて、雪渓をトラバースしていく。雪渓を繋いでいくと、藪漕ぎなしで八合目の看板になったので、そこで3人を待つことにする。

3人と合流して、K子の様子を見ていると、どうもK子はかなり膝にガタが来ているようで、足に力が入らないように見える。ヤツはもう限界のようだ。リフト終点まで降りて、話し合い、K子は先生に預けて、リフトで強制送還にする。

現役男子とOBは登山道を降りる。時間がだいぶ遅くなってきたので、走って降りるぞと言ったら、あらたは本気で走り始める。リフト始点でなんとか追いついたが、ロープウェイ終点から下り始めると、あっという間に見えなくなってしまい、あらたに食らいついていたはるかも引き離されてしまい、一人になってしまう。新人をほおっておいて、何の指示もなしに一人で勝手に行ってしまうなど、リーダーとしては失格だ。まったく、誰が指導してんだ。って、オレだ。

なんやかんやと、色々と問題があったが、大きな怪我もなく全員無事下山。いつもは黒岳の湯に入っていたが、たまには変わった所へ行こうと、隣の銀泉閣にはいる。わりと小さな浴場だが、ちょうど誰も居ないところに入ったので、貸し切り状態で快適。露天でビールで乾杯する。

あらたはホテルの従業員が泉温を計りに来たときに、わざわざ缶を隠していたけど、ホテルの露天にビールはつきもんだろ。ビールは風呂の入口の自販機で買ってるんだから、感謝されても怒られるいわれはないって。怒られたって、タイーホされる分けじゃないんだからビビるなって、ちっちゃいちっちゃい。

風呂から上がって、[http://www2b.biglobe.ne.jp/~massa/yama_no_syokubo.html 山の食房]でラーメンを食う。メニューが色々変わっている。っていうか、チャーシューの質が落ちてるんですけど。

Usertime : 0.2 / Systemtime : 0.22