日記の検索 [タグ:日高山脈] 191~200(200件中)

日高の蒼い流れに魅せられる

ふ~ちゃん

これは私が初めて日高のに挑んだ記録である。本来この夏合宿は、一八三九峰南面直登沢に行く予定であったが、裏沢での事故のためにパーティの再編成と計画の変更を余儀なくされた。一八三九峰からすると数段レベルの落ちるこの計画であるが、若い私には十分に困難なものであった。計画の変更は結果的に私にとっては良いものであった。

~続きがあります~

シュウレルカシュペ沢~新冠富士

ふ~ちゃん
目的
シュウレルカシュペ沢遡行
日程
2017年09月26日(火)
山域
中日高

2017年09月26日(火)

芽室岳~ルベシベ山

ふ~ちゃん
目的
芽室岳~ルベシベ山縦走
日程
2016年02月16日(火) - 17日(水)
山域
北日高

行程

2016-02-16
美生ダム~美生林道~美生川四ノ林道~芽室岳南東尾根~芽室岳~二つ池のコル C1
2016-02-17
C1~雪盛山~ルベシベ山ルベシベ山東尾根~美生川八ノ林道~美生ダム 下山

2016年02月16日(火) 芽室岳南東尾根

2016-02-16 芽室岳
RIMG8769.JPG
芽室岳(1547)
RIMG8798.JPG
イグルー完成

2016年02月17日(水) ルベシベ山東尾根

2016-02-17 ルベシベ山
RIMG8849.JPG
雪の向こうにルベシベ山

メナシュンベツ川の偵察

ふ~ちゃん
目的
メナシュンベツ川偵察
日程
2015年06月23日(火)
山域
南日高

2015年06月23日(火)

2015-06-23 メナシュンベツ川

今日は楽古岳南面を遡行するつもりだったが、微妙な天気。とりあえず行けるところまで行ってみる。

ひたすらガレを詰めていくと、800mを過ぎたところで雪渓が出てきた。視界も悪いのでここで引き返す。

小楽古西面ものぞきに行く。すぐに崩れた雪渓が出てくる。 F1 は右岸直登。 F2 は下部を直登するが、上部はヌルヌルでいやらしいので結局右岸のルンゼに逃げて高巻いた。少し行くとやはり雪渓で埋められていたので、ここで引き返す。

途中から釣りをしながら下る。魚影は時々走るが、当たりは悪く、結局登山口の下で2尾をつり上げただけ。

貸し切りで早い時間から寝入っていたが、8時頃におじさんがひとりやってきた。翌日は朝から雨で、登らずに撤収。

シュンベツ岳西面直登沢踏査

ふ~ちゃん
目的
シュンベツ岳西面直登沢遡行
日程
2018年09月01日(土) - 04日(火)
山域
中日高

行程

2018-09-01
新冠林道~ポロシリ山荘 C1
2018-09-02
C1~ポンベツ沢ナメワッカ岳北東面直登沢ナメワッカ岳南面直登沢シュンベツ岳西面直登沢 Co960 C2
2018-09-03
C2~シュンベツ岳~ポンベツカールポンベツ沢本流~ポロシリ山荘 C3
2018-09-04
C3~新冠林道 下山

ヌビナイ川右股~ソエマツ岳

ふ~ちゃん
イベント名
ソエマツ岳南東面直登沢遡行
日時
2011年07月19日(火) - 21日(木)
場所
南日高

行程

2011-07-19
道の駅大樹 C0
2011-07-20
昭徳右岸林道終点~ヌビナイ川右股~上二股 C1
2011-07-21
C1~ソエマツ岳南東面直登沢ソエマツ岳ソエマツ岳南東面直登沢右股~ヌビナイ川右股~林道終点 下山

大樹の道の駅で車中泊。今の車でははじめての車中泊。非常に寝心地が悪い。朝は霧雨で、気温が低い。全然やる気がわいてこない。気力を振り絞って、昭徳林道へ向かう。一部荒れているが、何とか終点に到着。霧雨が降り続いて全然やる気がわいてこない。車内でうだうだしながら、どうしよう日の思案し続けるが、結論は出ない。究極の優柔不断。なんだかもう、かったるくなってきて、帰ろうかと思った頃に、自動車のエンジンオン。男女2名。本州からの人でレンタカー。ヌビナイを遡行して、中ノ川に乗っ越し、林道の作業図にあった、作業道を利用して中ノ川からヌビナイに乗っ越してこようかという話。そんな都合のいい道があるとは聞いたことがないし、多分廃道だろうなと。本州陣のご多分にもれず、エキノコックスについて聞かれる。この気温の中、上二股に1人泊まるのが心細かったが、他に人がいるならと、私も行くことに。とりあえずなんかきっかけが欲しかった。本州の人たちは一足先に出発。私もすぐ跡を追い、下二股で現在地を確認しているところをすぐに追い越す。出来るだけ中を行きたいが、この気温では泳ぐ気にはなれない。ギリギリ濡れない程度に中を行く。2箇所の悪い高巻きは行くたびに状態が悪くなる気がする。いつかきっと死人が出る。一箇所中を行くとどうしても泳がないと無理っぽいところ、無理矢理右岸へつって壁を登る。降りるところが微妙だがギリギリクライムダウン。調子に乗るとやばい。七ツが近づく頃には晴れてきた。上二股で薪を集めて泊。どうでもいいけど、本州パーティの二人は最後までアヤシげな雰囲気。話しかけてきたのは男性の方だけで、女性の方は結局最後まで一言も話を交わさなかった。幕営ポイントもあえて避けて別の場所に泊まった感じ。翌朝は一足先に出発。本当に中ノ川に乗っ越すつもりなのかちょっと気になるが、確認できなかった。二股から滑滝が続く。適度な大きさと難しさ。快適に通過。岩盤のトンネルを過ぎて、お花畑を詰めて稜線に。台風の影響で少し風が強い。下りは右股を下る。上部はハイマツの藪。ハイマツと灌木帯の境を行くと比較的良い。沢形が出てきて小滝が出始める。ガレ気味。いくつか大きめのがあるが、左股よりは遙かに下りやすいだろう。本流に出ると予想通り、ガレの装備を回収して下る。がんがん飛び込んでいくと言うことはせず、極力へつっていく。上の悪い巻きの所は沢に降りて中を行く。それでもギリギリまでへつる。最後の水路は水に浸からざるをえず、入水。フローティングベストと、水かき付きグローブの効果がありがたい。一度濡れたらもう同じ、ここから先は飛び込んでいく・・・と言う風にならないのが年を食った証拠。やっぱりギリギリまでへつっていく。噴流するの巻きは例の悪い巻き。やっぱりこの巻きはないわ。この沢は何故か下りの河原歩きが異常に長く感じる。途中で力つき、しばし昼寝。時々ハナカジカがはねる。

エサオマントッタベツ川~エサオマントッタベツ岳

ふ~ちゃん
目的
エサオマントッタベツ岳北東面直登ルンゼ遡行
日程
2018年08月08日(水) - 09日(木)
山域
北日高

林道崩壊で難しくなった。っていうかもう行かないかもなあ。

行程

2017-08-08
エサオマントッタベツ川山スキー沢出合 C1
2017-08-09
C1~エサオマントッタベツ岳北東面直登Aルンゼエサオマントッタベツ岳エサオマントッタベツ岳北東面Cルンゼ

コイカクシュサツナイ川~コイカクシュサツナイ岳~無名沢~ヤオロマップ岳

ふ~ちゃん

楽古川~十勝岳

ふ~ちゃん
目的
十勝岳北西面左股直登沢・北東面直登沢遡行
日程
2011年07月13日(水) - 14日(木)
山域
南日高

行程

2011-07-13
翠明橋公園~十勝岳北西面左股直登沢十勝岳楽古川A沢~楽古川C沢出合 C1
2011-07-14
C1~十勝岳北東面直登沢十勝岳十勝岳北西面下降沢

2011年07月13日(水)

十勝岳北西面左股直登沢

山荘を引き払って再び翠明橋公園へ。週間予報では、今日明日と天気はいいはずだけど、ラジオの調子が悪く、直近の天気予報をあまり聞いていない。

左股直登沢に入ると、 F1 に大きな倒木がかかっていた。なんと。いきなり F1 の楽しみが半減。天気は悪いが、一昨年来たときよりは視界はいい。 F2 はセオリー通り右岸から高巻き。 F3 はもちろん雨具を着込んでファイト一発シャワークライム。うん。いつもよりは水量が少ないかな。 F4 のチョックストン左岸巻き、次のはいつも通り左岸を直登したが、ちょっと躊躇した。

あとはを適当に詰めて、藪になったら右岸に逃げて低いハイマツを漕いで Co1400 付近の稜線に出た。天気もイマイチだし、明日もピークへ行くので、そのままA沢に下ることにする。

楽古川A沢

稜線は進まず、そのまま斜面を下り、 Co1060 で左に入る筋を目指す。鹿道を頼りに下っていくと、 Co1260 付近で沢筋に出た。 Co1060 二股から滑滝がどんどん出てくる。どんどんクライムダウンしてB沢出合に到着。

この日もあわよくばもう一本登ってしまおうと思っていたが、さすがにもう体力が持たない。天場を探すことにする。すると、B沢出合に立派な天場が造成されていた。しかし、よく見ると、生きた木を切り倒して開削している。何でこんな事しなくちゃいけないんだろう。ちょっと下ればいくらでも天場はあるのに。

なんだか焚き火をする位置が気持ち悪いし、腹立たしいのでもうちょっと下に下ることにする。C沢出合に良さそうな場所があったので、そこに天張る。アライテントの1人用ツェルトの初登場である。しかし、この買い物はちょっと失敗だったかも。あまりにも小さすぎる。しかも、底が完全に閉じないので、草ぼうぼう。やはり重さよりも快適性をもう少し考えるべきだった。焚き火をおこして、釣りをする。小振りなエゾイワナを何匹か釣り上げる。思っていたとおり、酒が足りなかった。酔いが回る前になくなってしまった。

今夜はこのまま焚き火の横で、と思っていたら、小雨が降り出した。あわててツェルトに逃げる。が、ツェルトの中不快。ヘリテイジスーパーツェルトが恋しい。うーん。イタい出費だけど、買い直そうかなあ。

2011年07月14日(木)

アラームはまだ鳴っていないが、トイレに起きたついでに焚き火を再点火する。そうしているうちにも雨がぱらぱらと降り出して嫌になる。

十勝岳北東面直登沢

雨具を上下着込んで出発する。 Co605 の右岸直登する。最後の抜けがちょっと難しい。続く二股にかかるシャワークライムで越える。その後はA沢と同じような滑滝が続く。

Co660 のは、左岸高巻きがセオリーであると思われるが、ここは思い切って直登する。はずは右岸を直登し、チムニーの水圧の中に突入する。水圧で何も見えないが、水流の中にホールドを見つけだし登り切る。続く三条のも右岸から取り付いて、中間からはシャワークライムで登る。もはややけくそ気味だ。

続くチムニーも中につっこむ。水圧をガッツリ受けて直登。さすがにここまでやっていると、体力を消耗する。一つ直登し、次の三段のチムニーは登れそうだけど、上の方がアヤシい。燃料切れもあって、ここは右岸から高巻き、二段目の上に出る。上から見るとやっぱり全然登れそうに見えない。三段目は頑張って右岸を直登する。

次の大滝は登れそうだけど、逆層で微妙。結局途中から右岸ルンゼに逃げて高巻く。だけど、この巻きはないわ。次の左岸へつり気味に直登。次の左上にバンドが延びるは、例にもれずそちらに誘われ、そのままルンゼを詰めて途中からトラバースするけど、これもないわ。これを!*でやれと?何か違う。これを要求するなら!!でいいかな。

稜線はもはや横殴りの雨。一応三角点に立ちして下降へ向かう。

十勝岳北西面下降沢

上滝沢~ポンヤオロマップ岳~キムクシュベツ川

ふ~ちゃん
日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.18 / Systemtime : 0.15