日記の検索 [タグ:日高山脈] 11~20(200件中)

南日高でスキーは愚鈍

ふ~ちゃん
RIMG8302.JPG
頂上は尖ってる(1510)

北日高はさっぱり雪がなかったので、南に行けば雪が有るのかと来てみたが、北以上に雪が少ない。スキーはのアプローチでしか役に立たなかった。どうやらこの界隈でスキーを使うのは愚鈍と言うことらしい。ルート的にはまあ、西尾根を忠実に辿るのが間違いないと思うが、沢をスキーで走り、雪のない側稜を駆け上がれば、西尾根よりも早く登頂できるかも知れない。し、できないかもしれない(ぉ

~続きがあります~

  • 日記:3385
  • 2016年01月29日(金) 11:34 更新
  • 629 閲覧
  • 公開レベル 1

急がば回ってみた結果

ふ~ちゃん
RIMG8240.JPG
(1269)

剣小屋に二連泊で、剣山東尾根の代替となるルートを探索に行く。岩塔に登るならアイゼンピッケルは必要だが、直下まではスキーだけで行けるので、スキー目的なら他のルートより遙かに楽しめるだろう。

~続きがあります~

  • 日記:3384
  • 2016年01月29日(金) 11:35 更新
  • 551 閲覧
  • 公開レベル 1

急がば回れ

ふ~ちゃん
RIMG8180.JPG
久山岳から剣山(1479)

今日は剣山東尾根を行くつもりだったが、どうも牧場敷地を通るのは防疫の観点から避けた方が良さげ。というわけで、このルートは「山谷」から削除することにして、とりあえず久山岳の東尾根に行くことに。後で調べたら、割と東尾根を登ってみて失敗した的な記録が多い。みんな考えることは同じだ。

~続きがあります~

  • 日記:3383
  • 2016年01月29日(金) 11:36 更新
  • 653 閲覧
  • 公開レベル 1

雪はどこぞ

ふ~ちゃん
RIMG8130.JPG
(1421)

先日の低気圧は一体何処に大雪をもたらしたのだろうか。山にはさっぱり雪がない。所々登山道さえ顔を出していてヤブがうるさい。

~続きがあります~

登れない滝の謎

ふ~ちゃん
RIMG8032.JPG
(879)

このに行くのは二度目である。昨年も同時期に遡行を試みたが、核心のを越えられずに引き返している。心身の充実と天候の問題もあったろうと二度目の試みとなったが、今回も同じで引き返すこととなった。上まで遡行した人によれば!!クラスの沢という話もあるこの沢で何も出来なかった事に落ち込んでいたが、実はそこには裏があるのだった。

~続きがあります~

マイナー峰だけど侮れない直登沢

ふ~ちゃん
RIMG7921.JPG
大滝上部(718)

ニシュオマナイ岳は、中ノ岳神威岳の間に挟まれた無名峰の事であるが、日高に無数にある無名峰の中でも標高差が大きく、神威山荘からも正面に聳えて見える割と目立つ存在である。山頂部はなだらかでハイマツに覆われているが、周囲は深く切れ込んだルンゼに囲まれている。中でも南西面直登沢は Google Earth で見ても深い谷の中に岩盤の渓相が確認出来る気になる存在だった。

~続きがあります~

雪渓に阻まれてヌビナイ川右股往復

ふ~ちゃん
RIMG7862.JPG
七ツ(624)

今年の北海道内、ことに南日高雪渓が多くていくつものパーティが翻弄されているらしい。今回の山行はクマノ沢からトヨニ岳、日高幌別に下ってピリカヌプリへと巡る予定だったが、早々に雪渓に阻まれてルート変更を余儀なくされた。

~続きがあります~

楽古川C沢遡行

ふ~ちゃん
RIMG6777.JPG
二条の右は枝沢(750)

前日に巨岩歩きでヘトヘトになってしまったので、簡単に往復出来そうな楽古川C沢に行くことにした。

~続きがあります~

気になる支流シリーズ・ショシベツ川

ふ~ちゃん
RIMG4543.JPG
倒木を使って左岸を登る(653)

日高山脈気になる支流シリーズ・ショシベツ川とその周辺のを探索しに出かけた。ショシベツ川は、地形的には良さそうなものの、奥まで林道が刻まれているのが気がかりだったが、案の定ほぼ全体が人工改変された残念な沢だった。

~続きがあります~

午前中には下山できるルートなんだけど

ふ~ちゃん
RIMG4401.JPG
F1 付近(669)

前日に引き続き、山谷取材を兼ねた広尾岳。今回も写真と北尾根の踏査が目的だったが、雪渓が多くての写真は撮れなかった。

~続きがあります~

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.18 / Systemtime : 0.02