幌尻岳

幌尻岳の地図
地名
幌尻岳
緯度
北緯 42°43 ′09.98″
経度
東経 142°40 ′58.38″
標高(m)
2052.8
磁針方位
西偏度約 8°55′

幌尻岳は、日高山脈の最高峰である。十勝幌尻岳との混同を避けるために、『日高幌尻岳』と呼ばれることもあるが、現在は十勝幌尻岳の『十勝~』あるいは『カチポロ』の呼び名が定着しているので、単に『幌尻岳』と言えばこちらであると思って間違いない。呼び方は『ほろしり』または『ポロシリ』。

ポロシリとは、アイヌ語で大きな山(ポロ=大きな、シリ=山)の意である。

深田久弥の日本百名山のひとつにも数えられ、日高でもっとも人気のある山である。

山稜下には幌尻北カール、幌尻東カール、七ツ沼カールの大きなカールが存在している。中でも七ツ沼は人気で、最盛期にはテントの花が咲く。しかし、利用者の増加に伴って糞尿やゴミ問題が表面化している。

七ツ沼カール

七ツ沼カールの地図
地名
七ツ沼カール
緯度
北緯 42°43 ′54.26″
経度
東経 142°41 ′48.39″
標高(m)
1601.0
磁針方位
西偏度約 8°55′

七ツ沼カールは、幌尻岳の北東、戸蔦別岳の南に位置するカール新冠川の源流。七つの沼があることから名付けられたが、渇水期には沼は涸れる。

幌尻岳の百名山人気とともに、人気が高まっている。非常に快適な場所で、幕営者の増加で荒廃が進んでいるが、幕営指定地ではない(そもそも日高山脈には幕営指定地はない)。毎年、日高山脈ファンクラブによって、清掃作業が行われている。

カール

幌尻北カールの地図
地名
幌尻北カール
緯度
北緯 42°43 ′32.38″
経度
東経 142°40 ′44.00″
標高(m)
1668.0
磁針方位
西偏度約 8°55′

幌尻北カールは、幌尻岳の北に位置するカール。爽やかなカールで、快適だが、幕営適地はない。

カール

幌尻東カールの地図
地名
幌尻東カール
緯度
北緯 42°43 ′08.68″
経度
東経 142°41 ′58.20″
標高(m)
1571.0
磁針方位
西偏度約 8°55′

幌尻東カールは、幌尻岳の東に位置するカール。訪れる人はほとんど居ない。

関連イベント

山行一覧 01~05(05件中)
山行名 開始日時 終了日時 山域
[沢・岩] 夏合宿 エサオマントッタベツ岳~幌尻岳周遊 2012年09月09日(日) 14日(金) 北日高
[沢・岩] 幌尻沢~幌尻岳遡行 2009年09月16日(水) 20日(日) 北日高
[沢・岩] 額平川三ノ沢~ヌカンライ岳・プイラルベツ川~幌尻岳遡行 2008年09月19日(金) 20日(土) 北日高
[沢・岩] 戸蔦別川右股~北戸蔦別岳・額平川本流~幌尻岳遡行 2006年09月02日(土) 05日(火) 北日高
[氷・雪] GW山行 ピパイロ岳~幌尻岳~十勝幌尻岳縦走 1993年04月29日(木) 05月05日(水) 北日高

関連ルート

ルート一覧 01~05(5件中)
ルート名 グレード 行動時間(h) 距離(km) 標高差(+m) 標高差(-m)
[沢・岩] 幌尻沢 滝滝藪 3.5 2.20 1085 0
[沢・岩] 幌尻東カール沢 函滝 3.5 3.09 902 0
[沢・岩] 新冠川本流 函函函滝淵 3.5 5.00 750 6
[沢・岩] プイラルベツ川 函滝滝藪 6.0 5.38 1131 27
[沢・岩] 額平川本流 函滝 3.5 3.13 994 2
Usertime : 0.09 / Systemtime : 0.02