日記の検索 [タグ:狩場山塊] 01~10(17件中)

なんでメップ岳に直接登らないのか?

ふ~ちゃん
FNrweX7hb0kH5vv_bL9y5xwWwnSsdnkH6UrWus3buh5GRY_fYLSLLVGCoD_9_PJE8Kzr8Jrbfx_aooyNbGU122TrcwRVNUtPFA=w1920-h1080-rw-no

冬のメップ岳、カスベ岳と言えば何故かカスベ左岸尾根から吊尾根経由で登られるのが常。だけどこのルート、一日で巡るにはちょっぴりハードだし、メップ岳だけ登りたいって言う時にはやや冗長とも思える。南西に伸びる立派な尾根を使えば色々手軽なんじゃないかなと言うわけで行ってみる事にした。

~続きがあります~

九助川の最後は何処へ行くべきなのか

ふ~ちゃん
RIMG2743.JPG
(1205)

九助川の記録はネット上でも散見されるが、面白そうな写真が並べてあるだけで、遡行内容について触れられている物は少なかった。旧道が廃道となって久しく、東狩場山への登路および下降路の確認も兼ねたが…

~続きがあります~

オコツナイ川で濁流に追われ

ふ~ちゃん
RIMG7406.JPG
(285)

夏合宿の予備山行という名目でオコツナイ川に行ってきた。現役二人にはまだ少し早いかと思ったが、やはり少し実力不足が否めず、本山行に向けてやや不安が残る内容となった。

~続きがあります~

日陰ノ淵はヒヨッコどもには早かった

ふ~ちゃん
P8160758.JPG
右岸にジャンプ

今回の一連の山行は、現役を狩場周辺のゴルジュ帯へ連れて行こうという物である。第二弾は須築への試金石とされる事が多い、ヒヤミズ日陰ノである。私自身は21年前に遡行しているが、その時はゴルジュ帯だけを通って湯ノ沢に乗っ越しているため、上流部は遡行していない。今回は日陰ノ淵から山頂までともくろんだが、折からの天候不順で水量も多く、経験不足の現役を引き連れての遡行は厳しい物があった。

~続きがあります~

沢の訓練を兼ねて千走川本流へ

ふ~ちゃん
P8150657.JPG
泳いでとりつく

現役二人を連れて千走川本流に行ってきた。このは以前、タノオカとササオを連れて連れて賀老のの上から一つ目の函滝まで、昨年は下降に利用しているが、遡行で詰めたことが無かった。難しい沢ではないが、とりあえず一年ボウズの技量を見るには良いだろう。

~続きがあります~

大平山直登沢改めクソ沢

ふ~ちゃん
P7070608.JPG
リッジの左へ

大平山はヒヤミズを途中まで遡行したことがあったが、ピークには立ったことがなかった。ヒヤミズ沢はそのうち泳げる後輩を伴って再訪したいが、その前に簡単な泊川からピークハントすることにした。しかし、いわゆる泊川直登沢直登沢とは名ばかりの超ブタ沢だった。

~続きがあります~

メップ岳で沢感リハビリ

ふ~ちゃん
P7060530.JPG
チムニーシャワークライム

メップ岳は先日登るつもりだったが、どうやら林道奥で造材作業を行っているらしく、どこに駐車しても作業の邪魔になりそうだったので平日を避けて週末に変更した。このは、10年以上前にかんちゃんと遡行したことがあるが、既に忘却の彼方。沢の様子などまるで記憶にない。

~続きがあります~

小田西川も茂津多コースも無駄に長い

ふ~ちゃん
P8083709.JPG
涸れた大滝

道南ツアー第2弾。久しぶりの!!だが、実際には技術的には南東面直登沢の方が上だった。核心は下部の砂防ダム群と茂津多コース。

~続きがあります~

濃霧の千走川に衰えを知り

ふ~ちゃん
P8063600.JPG
Co1060

今回は道南方面のをすべく狩場山塊までやってきた。まずは狩場山塊で最もオーソドックスな千走川を遡行する。南東面直登沢はずいぶん前に一度来たことがあるが、そのときはさほど難しい沢であるという印象はなかったが、はてさて久々の遡行はどうなるか。

~続きがあります~

黒松内岳2周

ふ~ちゃん
バンドの滝[image/jpeg:328kB]
バンドの滝

先日の湯ノは足慣らしにもならなかった感じなので、今度はこちらも近年話題の黒松内岳の沢に行ってきた。沢はじめの時期と言うこともあってかなりの人で賑わっていた。

~続きがあります~

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.13 / Systemtime : 0.02