日記の検索 [タグ:山行記録] 01~10(523件中)

この時期の積丹は何も見えないのがデフォルト

ふ~ちゃん
SY4VRPGDtnrDBOamMwNnmeSgfheqCxKw9KINnAKrI6vYLB5Si0wVPFBW5otByGe6_j8yO0yKtsAI5-gebpIZPSj9KL8KuoicAw=w1920-h1080-rw-no
[701]

一般的には残雪期に使われるのがメインのルートらしいが、色々事情があってこの時期にポンネアンチシ山から珊内岳までの縦走を試みた。しかし、まあ案の定というかホワイトアウトで途中撤退。それでもサブプランのルートを確認できたので良しとしよう。

~続きがあります~

オロフレ山から徳舜瞥山までマラソン山行

ふ~ちゃん
8MiH_mActD6DmEpA-FhLdeUmQJWPNaaXTJM-LOFNz7kiRxVOFH8Bm-JPgRpDN4Ze1utg6HXpYOzSyIEGA2dJWT1Fpf-C_RGg--g=w1920-h1080-rw-no
先行者は尾根筋を忠実に行っているが[1055]

オロフレ山からホロ徳までの縦走ルートは距離的には1泊のルートであるが、周囲にあまり良い駐車スペースがないので、一晩車を放置して行くにはやや忍びない所がある。と言うわけで、やや距離は長いが日帰りでのマラソン山行を敢行した。

~続きがあります~

オロフレ山から来馬岳までワンデイ縦走

ふ~ちゃん
_-APpMg-g4PNpcV1sX2HgEUYsX7FIaW44PuDbn1MPVWYyeOjHcQ-d9O3qcXZbF1jCzI8X_TiC3LmQOWZVlfFjOQDs9HGtS_k6Q=w1920-h1080-no
徳舜瞥山ホロホロ山風不死岳樽前山[1260]

少し前に同ルートを計画したが、オロフレ山から羅漢岩へ向かう途中にシールが脱落して紛失してしまったため、あえなく途中撤退した。やむを得ず新調したシールで再訪した。

~続きがあります~

今季三度目の正直の富良野岳北尾根

ふ~ちゃん
dw2XYC4cbJ56rTkjyVydaGqu_1XtsyuebRszhJPl63NiGgcyXhoFlwbJDx5BYQ7piwRl8nJp-PIQ1WlTN6v3UPx5RiB4_VoQKX0=w1920-h1080-no
十勝連峰[2027]

前回カミフエリアに来て、2度ほど試みたがいずれも悪天で途中撤退している。今回は3度目の正直で登頂を目指す。

~続きがあります~

予定変更で佐幌岳へ

ふ~ちゃん
sYoeui6GbPdUm0tOwXmITxX1PrKPnGj8TPFBWrQYWcWnd-Cf9JeqVAN4-dpcZ8R7uUEOrmcwOuVDRKiUlkTLfIxPmABO89T80A=w1920-h1080-no
佐幌岳を振り返る[1030]

本当はピパイロ辺りを縦走している予定だったが、たった2週間サボっただけで体力急低下し、重たい荷物に両足は悲鳴を上げ、予想より時間がかかるし、今日は何やら荒れそうとかいう天気予報、ズタズタの林道にやる気を無くしたと言い訳を作って撤退し、未だピークを踏んだことのない佐幌岳辺りでお茶を濁すことにした。

~続きがあります~

積丹三山を歩いてきたけどやっぱりホワイトアウト

ふ~ちゃん
IXYbpG-eymihvl4EoV_5nhFivkM-6eK_JWzkm33Um2LrfEmAcJkbWi6ZmUX_FTb6meuFXjeGfznHB7SzTbTLD4Nyj4nRpln-0A=w1920-h1080-no
岩塔は左の基部を巻いていく[1199]

恒例のOB会に合わせておやぶんが来道するので、どこかに行くことにした。本当は日高の縦走を考えていたが、やや日程が足りないので、積丹の縦走をすることにした。おやぶんは積丹では余別岳以外のピークを踏んだことがない。心配なのは、この時期の積丹は当然冬型の風に叩かれるので、まともに行動できるかどうかだ。

~続きがあります~

安政火口周辺の稜線をワンデイハイク

ふ~ちゃん
19GrrOnNLoJNGmaqA9rXO-3gM7tQrl8BR1DhjO2W_1OCjvNDdLcsHyE9A5eZmJlX0HOPsmepuc6z0NAF8nOYu38A0Wi0EewMqQ=w1920-h1080-rw-no
[1712]

十勝岳温泉を起点に、安政火口を取り巻く稜線を一周してきた。北海道の山と谷のD尾根の記述は色々と意味不明な部分があるわけで、新とか旧とかDZとかそんなのないとか色々意見があるけれど、どこかが間違えているのは間違いないようで、まあそんな感じ。

~続きがあります~

核心は望岳台までの道路ですがナニか

ふ~ちゃん
QZH9dDv5Elg9__diQrz2HEIcRaKgjeiIY9bZwCy8dcEn6P6xvcZtAVsHZpcOExcCBf7ZAfkIw_K4RAea-GKPFeze9qRIvaHDw4U=w1920-h1080-no
[1730]

積雪期のグラウンドコースの確認に望岳台から十勝岳へと登ってきた。

~続きがあります~

寿都幌別岳混合山行

ふ~ちゃん
zGMco332eMEl9fXIs1t14pEh7B3dSa7zL9tH2SiJtCnsfXpn8OMz3O6eRfENBWCf9nDm8LfGHhhMcUZH8jKWCvWHXUmbp2Uk0ug=w1920-h1080-no
潜って左の[312]

かんちゃんが、くったらっさんと三之助第一川に行くというので、急遽着いていくことにした。天候が良くて気持ちいい山行だった。

~続きがあります~

ニセコアンベツ川の核心はソコじゃない

ふ~ちゃん
Pha3MZXMs8XFppmmswbJcPc9yBcgb2ODyvYd2HBdQ0oS2H6wCE1Go9lBHuSNWC6k-bC-5kWwzPw=w1920-h1080-no
一番苦労した所深くてツルツル[389]

数年前に流行ったニセコアンベツ川へ行ってきた。核心部は第一のかと思っていたが、実はソコではなくその手前のゴルジュ入口の小滝だった。しかし、の埋まり具合によって何度が大きく変わってしまう、が生き物であることを示す顕著な例だった。

~続きがあります~

日誌検索フォーム
日付
Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.04