ワイスホルンからニトヌプリへ縦走っていうかスノートレッキングだわ

ふ~ちゃん
目的
ワイスホルン~ニトヌプリ縦走
日程
2017年02月27日(月)
山域
ニセコ連峰

ニセコは毎年行っているが、だいたい正月の暴風下の五色温泉周辺でちまちまやっているだけで、そこからちょっと離れると意外とクウハク地帯が多い。ワイスホルンからニトヌプリもその一つだった。

行程

2017年02月27日(月)

2017-02-27 ワイスホルン~ニトヌプリ
FkwpqmSuRUbiKprgP9pdhfLjFoR_JreBPpi0XD6W8J4fn_Qu2kMacp_AHS3ksh8MEcUxqZ6vpRabi8cdjJXIT6ZKXpfMCJSTJQ=w1920-h1080-rw-no
[520]

もうすぐ3月だというのに朝の気温は氷点下22度。車の燃費計の値がガリガリ削られていく。

道道55号の除雪終点を目指すと、まだ前方で除雪の真っ最中だった。里ではほとんど降らなかったが、山ではそれなりに降ったらしい。少し手前で除雪が終わるのを待ってから終点へ向かうと、除雪の運転手に駐車場所を指定される。


Jw3zqliAGgFPYDERyOK7z7F5DVoNzysAypW5Ju9w20nTbCNB91tJTD-pvo_2-zquJE-UvkpdhmGBAX_H-tPrnYYrormM0lMF1Q=w1920-h1080-rw-no
[528]

薄暗いうちに出発し、旧ヒュッテ方面の道を進む。道が曲がって南東尾根末端に出たら尾根に取付く。


Zn2bAXbCOZQk5ay0-lusQ9DI7PyxKsMmHiwCPZvOeKgGGEAJbF-k_yaiCC4t2F4qrES1lbk8EjW9nKNLonf_k7B12Y7G7mDQ3w=w1920-h1080-rw-no
[580]

尾根は広く、トレースもある。キャットで登ってこちらに降りてきたものだろう。途中にはピットテストをした跡もあった。


6gXIV0MVC3FDOxE-k0gfpHhugwwTuShVkzJd2zzbHKZWU7nawhPNqmWzM9KzopuKpVVd_hNou7nW_v4feU0FhMusABGkmY-5Vg=w1920-h1080-rw-no
羊蹄山とサンピラー[854]

振り返ると羊蹄山方向にサンピラーが立っていた。一方、尾根の上方ではキャットが登ってきて作業をしているのが見える。


8UitpdzZn-A8kMXOWdW-66rjFlx7uR8-QzoAwbgPEeqjec9aTRjBD65-L7wCRuls1sIrkLNeb-jAqjrAzT_4_fp12tS_OfX_oA=w1920-h1080-rw-no
ニセコアンヌプリイワオヌプリ[1080]

ワイスホルンはまだ庶民でも手が出せた値段の頃に一度だけキャットに乗って来た事があるが、その時はホワイトアウトで何も見えなかった。今日はアンヌプリから雷電山まで綺麗に一望できるパノラマだ。


rYZJbbPAkgUpdfwZIeYxvzAl1oM8auz07A71Fz8WHC9JWQK6e1jnUP_AB6WZWRnsM1Kjd-BaZUowb8tN-8crnVsBAj7k6n8WRw=w1920-h1080-rw-no
下の方にはモービルの跡が[1080]

ワイスホルンの周囲はどこも良さげな斜面が広がっている。中ノ川源頭部にはモービルの跡がわんさか付いている。


oH9RKG87jJZwJ4SxioaOvZu7VGTOX8HsZMhg80H-T_rRyG2u8YiSrzjfqjgIJ17aotTIg2bfKrjCbg6Uanqlzdyh-CdPuH7EiA=w1920-h1080-rw-no
ワイスホルン[971]

ニトヌプリへは斜面へ滑りながら行くのが楽しそうだが、急ぐので稜線を忠実に辿る。雪が良いのでシールでもそこそこ楽しめる。


UNychOw4JzscYRJngJPwSUXxqfSA50gVYbAYuk6EhdKNiu20oALwczdXzS5C302kJpSvP2nWPSNZZlPVxrt_1qaIN4NEVzOWyA=w1920-h1080-rw-no
[1007]

大沼の北岸の1000mピークは、名も無き山だが、割と目立つ山だし、こんな機会でもなければ踏む事もないので是非踏んでおいた方が良いが、面倒くさいのでカットして最短距離を進む(ぉぃ)。


CVvuzpaw9-fvWzOj758sS9piGf4TF3tgdKpL5dzoN7njyPvXwEsztavX9SXpTnRTcA6jHRddguM-ixQUDd2kFe7C3cg4EIv3mA=w1920-h1080-rw-no
ワイスホルン[1117]

って言うわけで、ニトヌプリまではあっと言う間。周囲のチセヌプリイワオヌプリニセコアンヌプリには無数のトラックとスキーヤーの姿が見える。


R1GyW3Yk9UL66DcxDsk7eEfWe4la8zfeI-WrXEei7wy_ikRoKZPD7ZeD9yDzu-t_96WgOIzIKXB5SsSKZeI01JIUhU7qVDeW_A=w1920-h1080-rw-no
トラックだらけ[908]

シールの付け外しも面倒なのでシールのまま峠へ向かう。駐車場所への帰路は、アンヌプリの北壁へのトレースも一杯有るので使わせてもらって登ってから向かう事にする。

北壁からはまだまだ人が山降りてきて、斜面はもはやゲレンデのよう。ピークに行っても上部はクラストでスキーは楽しめないのでそのまま北壁をトラバースして北東尾根に出る。


G24yHutY-QMZtbRs_yvt-kt8NBCePFrD0gQlctgmkW4sRlFIl1ZDW5XsoH1XYbP_NysFjgmEx7Apl5Y48DUGrjtoDegmleV74A=w1920-h1080-rw-no
[1172]

こちらもスキー場からのトラックがわんさか着いている。ようやくシールを外して滑降する。雪は良いが、既に大量のトラックでズタズタなのでコントロールは難しい。

道路に出たら、スキー場に戻るトレースと分かれ1人下りラッセルで駐車地点へと戻った。

ちなみに、ワイスホルンスキー場は完全貸し切り営業で、貸し切り客以外はゲレンデに近づく事すら出来ない。

トラックバックURL言及リンクの無い TB 、お返し TB は堅くお断りします http://www.whochan.com/trackback.cgi/diary/3458
Usertime : 0.16 / Systemtime : 0.04